顔のたるみを引き上げるテープというものを、
チラホラ見かけるようになりました。

いわゆる、リフトアップテープですね。

ほうれい線や、まぶたのたるみなどを、
このテープで引き上げるわけです。

「このテープを使えば、一瞬であの頃の顔に!」

と、顔のたるみが気になる方にとっては、
なんとも魅力的に見えてしまうテープで、
一定周期で人気になりますね。

だけど買うのは、ちょっと待って下さい。

こういうリフトアップテープを使い続けると、
ますます顔のたるみは進行します。


どうして、顔のたるみが進行してしまうのかは、
続きから説明していきますので、
「これで顔のたるみ改善!」と意気込む前に読んで下さい。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

顔のたるみが気になるから、即効性がある
顔のたるみ引き上げテープを使いたくなるのは、
気持ちとしては理解できます。

自分で、こめかみの辺りを引っ張った時の、
「若返った顔」が、手に入りると思うんですよね。

確かに、テープを張った時は手に入ります。

でも、それは本当に一時的なものであって、
顔のたるみを解消するのではありません。

リフトアップテープは、その時だけ
顔のたるみを引っ張るテープです。

たるんでる部分の、皮膚を引っ張ってるだけです。

このむやみに皮膚を引っ張る行為は、
その時はリフトアップしますが、
皮膚を伸ばしてしまう行為でもあります。

皮膚が伸びてしまうと、元の状態よりも
皮膚が余った状態になります。

当然、肌はたるみますよね。

以前、急なダイエットは、顔のたるみの原因に
と、同じ状態になってしまうわけです。

リフトアップテープの類を使い続けるということは、
こういう状態を、自分で作り出してるようなものです。

自分で顔のたるみを進行させることになります。

「簡単に若かった頃の顔に戻る」ことは、
とても魅力的ですが、一時の若さを求めるあまり、
余計に顔をたるませる事は、やめましょう!

顔のたるみを解消したいのでしたら、
肌の土台となる表情筋を鍛えましょう。

皮膚を無理やり引っ張り上げるのではなくて、
肌が自力でリフトアップしてくれるように
鍛えるしかないです。

あとは肌に潤いを与えることですね。

こればっかりは、地道に続けるしかありません。
お互い、頑張っていきましょうw


ちなみに、リフトアップテープと同じ効果を狙って、
ずっとポニーテールにしてる方。

それも、やっぱり良くありません。

顔の皮膚をポニーテールにすることで、
全体的に引っ張り上げてる状態ですからね。


たまになら良いですけれど、
常にポニーテールやひっつめ髪は、
ちょっと危険ですね。

髪の毛をまとめてる時は、リフトアップしてるけど、
下ろした途端に、顔は元に戻るどころか、
以前よりも、たるみが進行してる可能性が高いです。

「むやみに皮膚を引っ張る」という行為は、
本当に顔のたるみには良くないです。

まとめ髪が気に入ってる方も、
数日に一度は髪型を変えるなどして、
引っ張った状態を固定させないようにしましょう。

…実は、私もまとめ髪が好きなんですよねw
固定しがちなので、気をつけないとな~。


■管理人が試した顔のたるみを改善する化粧品■
オラクル化粧品お試しセット
オラクルお試しセット

即効性のある顔のたるみ
改善効果にビビりました
EGF&FGFトライアルセット
セルビック EGF&FGFトライアルセット

肌内部の潤いと弾力アップ
5日で肌状態が変わります
リフトアップクリームROSYリフトアップクリームROSY
頬のたるみとほうれい線が塗って3分で解消です

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ