今日は、目をグルッと取り囲んでいる眼輪筋を鍛えて、
目の下のたるみを取るトレーニングを紹介します。

もうアチコチで紹介されている方法なんですが、
このブログでは、まだ紹介してなかったので、
ちょっと焦りましたw

簡単に、目の下のあたりに負荷がかけられますが、
かつてないほどに、ブサイクになりますw

「昼休みに軽く」とか絶対に止めて下さい。

ど~~しても、やりたいのでしたら、
トイレの個室に入ってからにして下さいよ。

では、具体的な方法を説明していきますね。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

目の下のたるみを取るトレーニングのやり方を
順番に紹介していきたいと思います。

1.
人差し指を、アイホールの骨の際にそっと置きます。

この「アイホール」は、頬と目の間の
骨の境目くらいを指してるようです。

よく分からなければ、両目の黒目の下あたりを、
人差し指で差し示すように(縦に)おけば良いです。


2.
口をアルファベットの「O(オー)」の形にして、
鼻の下を伸ばして、上の歯にくっつけるようにします。


3.
2の状態を保ったまま、黒目を上瞼の裏に持っていく
という感じで、思いっきり白目を剥き、
その状態で目の下を意識しつつ、60秒間まばたきします。

白目を剥くのが難しい場合は、一度目を閉じて、
白目を頭の後ろの方へ回転させるようにして、
そこから目を開けると、比較的やりやすいです。


以上です。
このトレーニングは1日2回やって下さいね。

アイホールをそっと押さえることで、
まばたきしてる間、ほんの少しだけ目の下に
負荷をかけてるのだと思います。

アイホールを押さえる人差し指を横にして置く
バージョンもあるようなので、
自分が気に入った方で、やってみてください。

見た目よりキツイですからね~覚悟して下さいよ~w

このトレーニング、目の下のたるみ解消だけど、
口の形をオーに保つことで、頬(口輪筋周り?)にも、
結構な負荷がかかってる気がします…。

見た目は超絶ブサイクだし、思ってるより負荷がかかるし、
久しぶりにとても苦しかったw

時と場所をとんでもなく選ぶトレーニングですが、
目の下のたるみを取るために、頑張って続けて下さい!

…ぜっっったいに、人には見られないようにw


■管理人が試した目の下のたるみを改善する美容液・アイクリーム
オラクル アイフォーミュラ
オラクルお試しセット

一晩で目の下のたるみが改善され目元ふっくらに

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ