ニベアの青缶を使った
シンプルスキンケアが、
かなり効果があるということで、大人気ですね。

とくに「ガッテン塗り」に使用する
クリームとしてニベアの青缶は、
もはや鉄板アイテムとなってます。

このブログでも取り上げたことがありますね。

がってん塗りで、ニベアの良さが
爆発的に広がってから、
顔に塗る、ボディに塗る、髪の毛に塗る
と本当にいろんな使われ方をするようになりました。

その優秀アイテム・ニベアの青缶ですが
これから紫外線量が増えるという時期に

「ニベアを使っていると日焼けしやすくなる」

という、気になる情報を見つけてしまいました。

私自身、ニベアは良く使っている上に
かなり日焼けしやすい体質なため、
気になり、本当のことかどうか調べました。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

ニベアの青缶を使っていると日焼けしやすくなるか


これについての答えは、世間一般的には「YES」
と言われてますが、個人的には「NO」です。

なんでそんな結論になったかを説明しますね。


油焼けと日焼けを混同してる


「ニベアを塗ると日焼けするよ」
という意見を見ると

ニベアにはミネラルオイルが入ってる

これを根拠としているものが多いです。

ミネラルオイルとは、
石油を原料として作られた
油性分のことで、代表的なものに
「ワセリン」があります。

このミネラルオイルに含まれる油分が
紫外線に反応して酸化してしまい
それが色素沈着を起こして
シミが出来ると言うんですね。

これを「油焼け」と言います。

ただ、この油焼けが問題になったのは
かなり昔(1970年代)のことです。

当時は精製が不十分で純度が低く、
不純物が混じってる鉱物油が出回りました。

この不純物を多く含んだオイルを
肌に塗って直射日光を浴びる事で
不純物が酸化して、色素沈着を
起こすという皮膚トラブルが起こってました。

この場合、ミネラルオイルそのものより
「純度が低い粗悪なものだった」ことが
問題です。


今は、精製技術も格段に上がって
安全性の高いものが使われており
不純物が酸化して油焼けする
というような心配はなくなりました。


「でもミネラルオイル(鉱物油)って
 なんか肌に良くない印象が…」と
いう方も多いのですが
先ほどあげたワセリンにも
ミネラルオイルは使われてるんですよ。

ワセリンって医療現場でも使われていますよね。

不純物が多く、皮膚トラブルを
起こしやすいものが、
医療現場で使われるとは思えません。

これらの理由から
「ニベアにはミネラルオイルが
 入っているから油焼けしやすい」
という意見には賛同しかねます。

そもそも色素沈着を起こすような
「油焼け」と「日焼け」は別物ですし。


これらをごっちゃにして
「ニベアは油焼け=日焼けするよ」
というのは違いますよね。

先ほど説明したように
油焼けは不純物が多いオイルによる
酸化が原因で起こるものです。

ミネラルオイル(石油由来の油)は
植物由来の油に比べると
酸化しにくいという特性があるので
むしろ油焼けしにくいのでは?


ニベアを塗った後、日焼け止めを塗ってない


なら、ニベアを塗ると日焼けしやすくなるのは何故か。

これはガッテン塗りなどの、
シンプルケアが原因だと考えられます。

簡単に言うと、日焼け止め塗ってないからw

ニベアの青缶を使っての
「ガッテン塗り」をしてる方のやり方を
調べてみると

ニベアをガッテン塗りした後
その上から、お粉をはたいて終わり

という方がとても多いように思います。

「ニベアの青缶+ベビーパウダー」
という組み合わせも人気ですよね。

この考え方自体は良い事だと思いますが
それだと、日焼け予防をするものが何もありません。

紫外線に対して、お肌がノーガードです。

ニベアそのものには日焼け止め効果はありません。

その上から粉をはたいただけの
紫外線対策しかしてないなら
それ日焼けして当たり前です。

ニベアを塗ると日焼けしやすくなる
というのではなく

日焼け止め効果のあるものを
塗らないから日焼けする


というのが、正しいんじゃないかと。

実際、ニベアの青缶で
がってん塗りをしてる方でも、
「ニベア→日焼け止め→ファンデ」
という使い方をしている方は
特に日焼けしてないようですし。

よって、私個人の考え方としては、
日焼けするのはニベアのせいじゃない
となります。


脂性肌の方は要注意


皮脂は不飽和脂肪酸の一種で
酸化しやすい脂です。

その皮脂がたくさん出る脂性肌の方が
ニベアをガッテン塗りしてしまうと
皮脂と混ざり合うことで酸化しやすくなります。


結果、何だかくすんだ肌の出来上がりです。

夏場はそこへ太陽の光や体温が
加わり、さらに酸化しやすくなるため
脂性肌の方は、日中のガッテン塗りは
避けた方が良いでしょう。


ただでさえ、顔の皮脂によって
くすみやすい肌が余計にくすみますし
皮脂崩れによってファンデーションや
日焼け止めが落ちやすくなることで
日焼けしやすくなります。

朝はニベアを使うのを止めて
夜のみ使うなど使い分けが必要です。

夜だけにしてもベタつきが気になる
ニキビが出来やすくなった、
というのなら、ガッテン塗り自体が
あなたに合ってないのだと考え
別のスキンケア方法を試すことを
おすすめします。


まとめ


油焼けと日焼けは別物だということ。

ニベア自体に問題があるのではなく
使い方や肌状態の差が日焼けに
つながっている、というのが私の考えです。

気をつけるべき点があるとすれば
何年も前の古いニベアを使うこと
くらいじゃないかと。

まぁ、これは私個人の考え方ですからね~。

どれだけ「今は安全性が高いんですよ」
と言われても気になる方も
いらっしゃると思います。

そういう方は、

朝のスキンケアにはニベアを使わず
夜だけニベアを使う

夏場はニベアを使わない

というようにすれば良いかと。

自分の肌に合ったクリームや
オイルを探すのと同じく、
あなたの肌に合うように使うのが
一番だと思います。

自分に合う所だけ良い感じに
取り入れるようにしましょう。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ