過ごしやすい気温、やわらかな日差しが心地よい春。

そして、お肌の大敵である紫外線量が大幅アップ
春がとうとうやってまいりました。

紫外線対策のための、日焼け止めが必須です。
みなさん、もう買いました?

これから日焼け止めを買うよ、という方は、
2013年から登場したPA値「PA++++」に注目!

これまでの「PA+++」が最高だったPA値が
3段階から4段階になったんですね~。

「…で、PA値って何?UVAを防ぐ力の指針の値?
 それって、SPFと何が違うの?」

これ↑が、PA値に関する情報を知った時の私の感想w

プラスが多いんだからすごいんだろうな~と、
変に感心しただけで終わってしまったw

けど、日焼け止めを買おうとしたら、
あんまりにも「PA++++」が目に付くものだから、
一体、これが何を表すものなのかを調べました。

PAって、顔のたるみやシミ・シワなどの
「光老化」に大きく関わってくるんですね(汗)


これは、これはちゃんと知っておいた方が良さそうだ
ということで、PAや「PA++++」について調べました。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

「PA++++」とは何か


まず、PAとSPFの違いについてですが、

・紫外線A波(UVA)を防ぐのがPA
・紫外線B波(UVB)を防ぐのがSPF


という違いになります。

紫外線には、紫外線A波(UVA)と紫外線B波(UVB)があり、
その波長の長さによって、肌への影響が違ってきます。

波長の長さも違えば、肌への影響も違うので、
その予防法も違ってくる、と考えると分かりやすいかな。

紫外線A波(UVA)に対する予防が、PA
紫外線B波(UVB)に対する予防が、SPFです。


それぞれの肌への影響は、以下のとおり。

紫外線A波→顔のたるみ・シワなど光老化につながる(肌が黒くなる)
紫外線B波→肌に赤みや炎症をおこす(肌が赤くなる)

この肌への影響を見た時、ゾッとしました。

アンチエイジング的には、紫外線A波が大敵すぎるっ!
さすが「エイジング紫外線」なんて呼ばれてるだけあるわ~。

紫外線B波も怖いですけどね。

肌の表皮を通り抜け、肌深部(真皮)まで達するわ、
室内にいても窓ガラスを透過するわ、で
紫外線A波の方が、厄介な印象が強いです。

そんな厄介な紫外線なら、より確実に防ぎたいですよね?
なるべくPAの値が高いものを選んで買おうとしますよね?

そこへ登場したのが、今日のテーマである
「PA++++」という新基準なんですよ。


今までは、PA基準は、

PA+   防止効果がある
PA++   防止効果がかなりある
PA+++  防止効果が非常にある


という3段階に分けられ、「PA+++」が最高基準でした。
そこへ2013年から

PA++++ 防止効果が極めて高い

という基準が定められました。

これにより、紫外線A波(UVA)防止効果がより高い
日焼け止めを選びやすくなったんですよ。

今までの日焼け止めの中にも、「PA++++」の基準を満たす
優秀な日焼け止めはあったらしいんです。

でも基準が「PA+++」までしかなかった為に、
その優秀さをPA値という基準で示すことができなかった。

それが出来るようになったんですね。

これは、消費者側にとっては嬉しいことです。

より紫外線A波予防効果の高いものが、
ひと目で分かるようになったんですから。

また、SPF値・PA値ともに、数値が高いほど肌への負担が
大きくなる傾向にあるので
敏感肌のように肌が弱い人が
「PA++++」より「PA+++」を選ぶ、という場合にも役立つと思う。

ガッチリ日焼け対策したい人のが多いだろうから、
「PA++++」を選びたい人が、ほとんどでしょうけどw

今年は「SPF50×PA++++」で、ガッチリ日焼け対策を
する人が増えると思いますよ~。

ただ、上にも書いたように、数値の高いものは
肌への負担が大きいので、保湿をしっかりしたり、
「SPF50×PA++++」だけど保湿力もあるという
日焼け止めを選んで下さいね。


■管理人が試した保湿力のある日焼け止め


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ