日焼けをしたくない、紫外線から肌を守りたい。

そんな人にとっての必需品といえば「日傘」ですね。

紫外線から肌を守ってくれるだけでなく
暑さからも身を守ってくれるので、
夏には大活躍です。

そんな日傘なんですが、あなたは
ちゃんと肌を紫外線から守ってくれる
日傘の選び方をご存知ですか?


「紫外線を防ぐための日傘」と
「暑さを防ぐ日傘」では
日傘の選び方が違うんですよ。

それを分かっていないと、

「毎日、日傘をさしていたのに日焼けして
 シミが出来ちゃった」

なんてことになりかねません。

紫外線対策のための日傘の選び方
紹介するので、日傘を購入予定の方は、
ちょっと読んでみて下さい。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

紫外線対策のための日傘を選ぶ基準は?


紫外線対策のための日傘を選ぶ基準は
ずばり「UVカット率(紫外線カット率)」です。

日傘の説明書を見ると
UVカット率のほかに
「遮光率」というものもありますが、
あれは紫外線ではなく、
可視光線をカットする率です。

「日除け(まぶしさ・暑さ)防止」目的で
日傘を買う場合は、気にした方が良いでしょう。

しかし日焼け防止・紫外線防止目的なら
まずは、UVカット率に注目!


当然、高い方が良いです。

今はUVカット率99%の日傘も多いし
中にはカット率100%なんてのもあります。

きちんと説明書を読んで
UVカット率が高い日傘を選びましょう。

ちなみに紫外線カット率100%で
人気の日傘は、「サンバリア100」という日傘です。


紫外線対策のための日傘の色は?


日傘は濃い色の方が、紫外線を防ぐ
というのは本当です。

白い日傘より黒い日傘の方が
紫外線透過率は低いです。


ただし、他の色に比べて
特別に紫外線をカットしてくれる
というわけではないようで。

イメージで『黒の日傘は紫外線を
100%カットする』と誤解されている方は
結構多いのですが、『黒は他の色に
比べて紫外線を通さない(吸収する)』
というだけのことです。

『同じ種類の日傘でたくさん色が
あるなら黒が一番紫外線を
カットするよ。』という程度なんです。

引用元:黒やシルバーの日傘は効果があるのか|日傘の上手な使い方|サンバリア



また黒を含め濃い色の傘は
熱を吸収しやすいため
日傘の生地そのものが熱くなります。

これは長時間、使うにはしんどいですね。

UVカット加工さえされていれば
どの色でも紫外線はカットできるので
薄い色を選ぶほうが良いでしょう。


上に書いたように色よりも
UVカット率の方を重視してください。


傘の色を黒にするのなら
日傘の内部の色を黒にしてください。




地面や周りの建物などから
反射してくる「照り返し」の紫外線が
傘の内部に当たった時に
黒や濃い色ならば吸収してくれます。


逆に、傘の内部が白っぽかったり
光沢のある色だった場合は
照り返しの紫外線が顔に当たります。

せっかく上から降り注ぐ紫外線を
防いでいるのに、照り返しの
紫外線を浴びてしまったら意味がありません。

こうならないよう、傘の内部の色は
黒や濃い色のものを選んでください。


紫外線対策のための日傘の生地は?


日傘の生地は、厚い方が紫外線を透しません。

素材で言うとポリエステルが最強です。

厚みといい、紫外線カットといい
一番効果的です。

見た目が涼しそうだから、
風通しが良さそうだからという理由で
レースの日傘を好む女性は多いですが

風通しが良い=太陽光が通る

ということです。

見た目のイメージに引きずられず
ちゃんと紫外線を防ぐ素材の
日傘を選ぶようにしましょう。


まとめ


紫外線対策として役立つ日傘の
選び方について、色々と書きましたが
まとめると

生地は厚めで、UVカット率が高く
外は薄めの色、内部は濃い色の二重張りの日傘


が、紫外線対策のための日傘として
最高の日傘ということになります。

購入の際には、こういった日傘を
探すようにしてください。

注意して欲しいのは、
この条件をクリアしていたとしても
2~3年使えば、寿命がくるということ

強い日差しにさらされる事で、
生地が傷むし、紫外線カット率も
下がっていきます。

2~3年経って、生地が傷んできたら
日傘の買い替えを検討しましょう。

…私も検討します。
今の日傘、もう何年使ってたっけw

早く新しい日傘買って、
ちゃんと日焼け止め塗って、
バッチリ紫外線対策しようっと。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ