日焼けをしたくない、紫外線から肌を守りたい。
そんな人にとっての必需品といえば「日傘」ですね。

紫外線から肌を守ってくれるだけでなく、
暑さからも身を守ってくれるので、
夏には大活躍です。

そんな日傘なんですが、あなたは
ちゃんと肌を紫外線から守ってくれる
日傘の選び方をご存知ですか?


「紫外線防止のための日傘」と
「暑さを防ぐ日傘」では
日傘の選び方が違うんですよ。

それを分かっていないと、

「毎日、日傘をさしていたのに日焼けして
 シミが出来ちゃった」

なんてことになりかねません。

紫外線防止のための日傘の選び方
紹介するので、日傘を購入予定の方は、
ちょっと読んでみて下さい。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 
紫外線防止のための日傘を選ぶ基準は、
ずばり「UVカット(率紫外線カット率)」です。

日傘の説明書には、UVカット率のほかに
「遮光率」というものもありますが、
あれは紫外線ではなく、
可視光線をカットする率です。

「日除け(まぶしさ・暑さ)防止」目的で
日傘を買う場合は、遮光率を気にした方が良いです。

しかし日焼け防止・紫外線防止目的なら、
まずは、UVカット率に注目!

当然、高い方が良いです。

今はUVカット率99%の日傘も多いですし
中にはカット率100%なんてのもあるので
そういう日傘を選びましょう。

ちなみに紫外線カット率100%で
人気の日傘は、「サンバリア100」という日傘です。


次に、よく言われる日傘の色についてです。

「日傘は濃い色の方が、紫外線を防ぐ」
というのは本当です。

白い日傘より黒い日傘の方が、
紫外線透過率は低いです。

白の日傘が64%の透過率に対して、
黒の日傘は10%程度なんだそうです。

ただし、黒を含め濃い色は、熱を吸収しやすく
日傘の生地そのものが熱くなってしまいます。

生地にUVカット加工が施されていれば、
色に関係なく紫外線はカットできるので、
薄い色を選ぶほうが、暑くなくて良いでしょう。

気にするのならば、色よりも「厚さ」です。

日傘の生地は、厚い方が紫外線を透しません。

素材で言うとポリエステルが
厚みといい、紫外線カットといい
一番効果的なんだと思いますが
日傘の内部が暑くなってしまうので
麻や絹の日傘なんかが良いでしょう。

レースの日傘は見た目は涼しげだけど、
紫外線防止を目的とするなら、
あまり適してないってことですねw

あと、地面から反射してくる「照り返し」の
紫外線のことを考えると、
日傘の内部の色は、濃い色の方が良いです。

傘の内部が光沢のある色だったり、
白っぽい色だと、照り返しの紫外線が
顔に集まります。

撮影の時に、カメラマンさんが使う
「レフ板」というものがありますよね?

あれと同じようになってしまいますので、
日傘の外だけじゃなく、内部の色にも
注意して選びましょう。


色々と書いてきましたが、
ここまでを総合すると

「生地は厚めのもので、UVカット率が高く
 外は薄めの色、内部は濃い色の二重張りの日傘」


が、紫外線防止のための日傘としては、
最高の日傘ということになります。

…なかなか条件厳しいですねw

この条件をクリアしていたとしても、
日傘は2~3年使えば、寿命がきます。

強い日差しにさらされる事で、生地が傷むし
紫外線カット率も下がっていきます。

生地が傷んできたら、日傘の買い替えを検討しましょう。

…私も検討します。
今の日傘、もう何年使ってたっけw

早く新しい日傘買って、
ちゃんと日焼け止め塗って、
バッチリ紫外線対策しようっと。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ