昨日、「忘れられがちな髪の紫外線対策」
について書きましたが、今日はもっと忘れられがちな
頭皮の紫外線対策について書きたいと思います。

頭皮は「忘れられがち」どころか、
意識してる方のが少ないんじゃないかな。

アンチエイジング的には、かなり意識しないと
いけない場所なんですけどね~。

何故かって?

頭皮が紫外線を浴びて乾燥すると、
顔のたるみの原因になるからですよ。


頭皮のたるみが、顔のたるみの原因に

頭皮は顔と一枚皮ですからね~。

頭皮は「おでこの上の方」と考えて、
紫外線対策する必要がありますよ!

顔のたるみ以外の、頭皮への紫外線ダメージもあるし、
しっかり頭皮の紫外線対策をして下さいね。

では、ここからは「具体的な頭皮への紫外線ダメージ」と
頭皮の紫外線対策方法を紹介していきます。

薄毛が気になる人も要チェックですよ~~。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

紫外線による頭皮へのダメージ


頭皮へ紫外線を浴びると、日焼けして炎症を起こしたり、
日焼けした箇所の毛母細胞の働きが低下して、
抜け毛・薄毛・白髪の原因になります。

髪の毛が薄い人は、薄い部分が日焼けしやすいのですが、
これを見ると、

「薄毛の部分→日焼けしやすい→さらに薄くなる」

という、最悪の無限ループが起こる可能性が
起こる可能性があるという事になります(汗)

髪が薄い人ほど、気をつけなければいけませんね。

また、頭皮が紫外線を浴びることによって、
頭皮の皮脂が酸化し、毛穴に悪影響を及ぼすなど、
頭皮の状態が悪化するというダメージがあります。

そんな状態の頭皮から生える髪の毛には
ハリやコシがありませんし、まとまりにくくなります。

頭皮の状態が、そのまま髪にも反映されるんですね。

顔の皮膚にも影響するし、頭皮の状態を健康に保つって
かなり大事なことなんです。

そんな頭皮を守るための紫外線対策方法を
紹介していきますね。


髪の毛の紫外線対策方法


頭皮は顔の皮膚と同じ構造ですので、
紫外線対策も、基本的に顔と同じです。

一番の対策方法は、紫外線に当たらないことです。

紫外線が頭皮に当たらないよう、
日傘や帽子を使うようにしましょう。

どんな日傘や帽子を選んだら良いかは、
以下を参考にしてください。

日傘の選び方ちゃんと紫外線から守ってくれる日傘の選び方
帽子の選び方紫外線が髪に与えるダメージと対策方法


スプレータイプのUVケア商品を使うのも良いですね。

特に、何も遮るものがなく、紫外線が直接当たる、
「つむじ」と「髪の分け目」には
しっかりスプレーして下さい。


頭皮の他の部分は髪の毛があるので、
直接、紫外線は当たりませんが、
つむじと分け目は、直に当たりますからね。

顔と同じくらい、UVケアしてあげて下さい。

髪の毛が薄い方は、薄い部分にも
スプレーしてあげて下さいね。


この時使う、日焼け止めについてですが、
顔の皮膚と頭皮は構造が同じなので、
顔用のものを使っても、大丈夫と言えば大丈夫です。

ただ、顔用の日焼け止めには「紫外線散乱剤」が
入っていて、髪の毛に付くいた部分が白くなって
しまうことがありますので、専用のものを使う方が無難。

顔用のものを使うのではなく、
「頭皮・髪用でボディにも使える」タイプを
選ぶほうが、使い勝手が良いと思います。

そうしておけば、頭皮・髪・ボディと3箇所の
日焼け止めが、スプレー1本で済みますよ♪

日焼け止めの塗り直しも楽になります。

山登り・海水浴などレジャー関係時の
荷物も減らせますしね。

色々とUVケア商品を比べてみて、自分にとって使い勝手が良く、
面倒臭がらずに、紫外線対策しやすい商品を選んで下さいw

夏なんて頻繁に塗り直しが必要ですから、
塗り直し(スプレーしなおし)が、しやすいものを
選ばないと、毎日しんどくなってしまいます。

よく考えて、UVケア商品を買って下さい。

そして、しっかり頭皮の紫外線対策をしましょう!


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ