老化が目立つ場所と言えば「目元・口元」
これはもうアンチエイジングの常識です。

目元のたるみ、目尻のシワ、ほうれい線、
マリオネットライン。

私を含め、これらの悩みを改善しようと、
あれこれ頑張ってる方は多いと思います。

そんな方でも、見落としがちな口元の老化があります。

それが唇の老化です。

口元の老化は目立つ、口元には目が行く、
と知っているのに、放置しがちな唇。

…というか、口元の縦ジワなんて、
唇の乾燥が原因だと思い込んでません?


実は、これも老化のサインらしいです。

唇の縦ジワ以外だと、唇の色の赤みが減っているのも
唇の老化のサインなんだとか!

その他、普段はあまり気にしないような所が
実は唇の老化のサインだったりします。

唇のどういうところに、老化現象が出てるのか。
その対策はどんなものか、を紹介しますので、
若い口元を作りたい方は、続きを御覧くださいませ♪

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

では、唇がどんな状態になっていたら、
老化のサインなのかを、説明していきます。


唇の色が薄くなり、周りの皮膚と差がなくなった


子供の頃は、あんなに血色の良かった唇の色が、
ふと気づけば、薄くなっている。

これは、唇の血行が悪くなることで、
唇の赤味がなくなってるんだそうです。


それと同時に、顔の皮膚は赤く黒く
くすんでいくので、唇と周りの皮膚が同化して、
唇の赤味が目立たなくなっていきます。

こうなってしまうと、老けた印象になるそうです。

「それだけで?」と思ってしまいますが、

若い肌は透明感があり、くすんでない
若い唇は赤味がある

という2つの条件が、一気になくなってしまうと、
相乗効果で、余計に老けて見えるんでしょう。

これ、ちょっと覚えがあるんですよね~。

私は唇の血色が良い方だと言うのもありますが、
運動後や食事後など、体温が上がってる時は、
唇の血色が、ものすごく良いです。

体温が上がってるので、頬の赤味もありますし、
肌ツヤも良くなってます。

トータルで見ると、この時の顔は、
ものすごく健康そうだし、若く見えます(見えるだけw)

これって「顔の赤味が目立つ」のがポイントではないかと。

頬の赤味+唇の赤味

この2つの赤味が目立つということが、
肌もくすんでなく、唇の血色が良い=「若い」
と、人の目に判断されるんじゃないかと。

逆に、唇の色が薄くなり赤味が目立たないと、
肌がくすんで、唇の血色も悪い=「老けてる」
という外見になってしまうんだと思います。


唇の縦ジワが目立ったり、唇が薄くなった


あまり意識することがない部位ですが、
唇の厚みも、加齢によって薄くなるんですって。

30~40歳にかけて、どんどんボリュームがなくなります。

そしてハリと弾力がなくなった唇には、
縦ジワが目立つようになります。

ぷるんとした潤いのある唇には、この縦ジワは出ません。

…要するに、お肌のハリと同じですよ。

ハリや弾力が少なくなって、潤いがなくなると、
縦ジワが出てくるし、目立つんです。


…見事に肌のハリと同じですよね。
なんだか、すごくイヤな感じ(怒)

そもそも唇は、厚い唇の方が若く見えるんだそうです。

だから生まれつき、唇が厚めの方は、
それだけで、ちょっとお得なんですw

生まれつきでない「アヒル口」を一生懸命に
作ろうと頑張ってる人たちは、
「唇の厚みがある方が若く見える」を本能で知ってるのかも?

そこまで行かなくても、「ぽってり潤った唇」が
若く見える事を知ってるんでしょう。

まぁ……だからと言って、私くらいの年齢の女性が
アヒル口をしてたら、アイタタタタなのでw
それ以外の方法で、唇の老化対策をしましょう。


唇の老化対策に一番良いものは保湿です。


乾燥した唇は、油分と水分が少なくなり、
ハリや弾力を失います。

また、乾燥してると縦ジワが目立ちます。

しっかり保湿するために、リップクリームを塗りましょう。

この時、唇の縦ジワに塗りこむようにすると、
縦ジワに保湿成分が、行き届きやすくなるので
縦に塗るようにしましょう。


こうやって唇に潤いをプラスすることで、
唇の血色も良くなります。

唇の乾燥対策として、唇のUVケアもして下さい。

紫外線による乾燥で、唇は水分を失うと同時に、
コラーゲンが破壊されるので、ハリを失い、
唇に縦ジワができてしまいます。

あと、血色も悪くなります。

しっかり紫外線防止効果のある
リップクリームを塗るようにしましょう。


さらに唇の血行を良くしたい場合は、
入浴時にオイルやハチミツを使った
マッサージ
をしましょう。

唇に塗った後、くるくると円を描くように
マッサージすると血行が良くなります。

その後、ラップパックをすると、
保湿効果もあるので、オススメです。


以上が唇の老化対策なんですが、
ほぼ、お肌と同じケアを求められてると
思っていただければ、良いと思いますw

当たり前ですが、唇も肌の一部なんだな~と
改めて認識しました。

今までどうして放置してきたのか、
そちらのが不思議。

これを機会に、しっかり唇も対策しようっと。

顔のたるみよりも、確実に早く効果が出て、
若く見えるようになるのだから、
やらない理由はないですよね~。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ