ちらほらと寒い日が続くものの、
もうすっかり暖かくなりました。

いよいよ、本格的な紫外線対策が必要ですね。

皆さん、しっかり対策されてると思うんですが、
いつもより、気をつけて欲しい時期があります。

それは、生理前

生理前は、肌荒れが起きやすい時期でもありますが、
紫外線に対して弱くなり、日焼けしやすくもなるんですよ。

なぜ、そんなことになるのか。

生理前の肌の状態や、体の仕組みをふまえて
説明していきます。

生理前だけじゃなく、妊娠中やピルを服用してる方も、
同じ状態になりますので、「私には関係ないわ」
などと言わないで、ちょっと読んでみて下さいね。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

生理前の肌状態とホルモンバランス


なぜ、生理前になると肌の調子が悪くなったり、
日焼けしやすくなるのかというと、
黄体ホルモンが多く分泌されるからです。

この黄体ホルモンを、プロゲステロンと言います。

「どこかで見たような…?」と思ったあなたは正解!
プロゲステロンは、前にも紹介したことがあります。

ブスホルモンとして!!

プロゲステロンとは・・・別名「ブスホルモン」だけど大事なホルモン

排卵から月経前に、多く分泌されるホルモンで、
メラニン生成を活発にするホルモンなんですよね~。

このホルモンの影響で、紫外線の感受性が高まり、
日焼けをしやすくなるし、シミも出来てしまいます。

その上、お肌のバリア機能も弱らせもします。

まとめると、生理前の時期は、

「メラニンが増えやすく、肌のバリア機能が低い」

という肌状態にあります。

普段より肌が敏感になって、普段のメイクが合わない、
基礎化粧品がしみる、などの肌荒れも困りますが、
紫外線に対しても、こんなに無防備になってるんですよ。

だから生理前は、いつもより丁寧な
紫外線対策が必要になってくるんです。

生理前だけでなく、ピルを服用の方や
妊娠中の方も、同様のホルモンバランスなので、
紫外線に対しての注意が必要ですよ。


この時期に、日焼けするとシミが濃くなったり、
肝斑ができやすくなります。

いつもより念入りの、紫外線対策をして、
思わぬ日焼けをしないようにしましょう。


生理前の紫外線対策


普段より肌が敏感になっているので、
スキンケアが難しくなる方も、
いらっしゃると思います。

だから、いつもより簡単に済ませてしまいがちですが、
こういう時こそ、丁寧なスキンケアを心がけて下さい。

バリア機能が落ちている分、肌を保護するという
意識は持っておきましょうね。


刺激の少ない化粧品で、保湿するなどして、
丁寧に「肌を保護する」スキンケアをしましょう。

日焼け止め化粧品を塗ったり、
衣服で肌を守るのは基本です。

また、こういう外側から肌を守ると同時に、
睡眠を充分にとって、規則正しい生活を送り、
肌トラブルを予防しましょう。


不規則な生活は、ホルモンバランスを崩し、
日焼けしやすくなりますからね。

紫外線への抵抗力を高める食べ物を食べ、
体内環境を整えるのも良いですね。

抗酸化力のあるビタミン類などを
積極的に摂取することをオススメします。


ただし、朝に柑橘類の果物を摂るのは
やめておいてください。

(シミが出来やすくなる)

夜に食べるのなら大丈夫なので、夜に食べましょう。


以上が、生理前の紫外線対策です。
特に難しいことはありませんね。

夜更かしする癖がついてる人は、
ちょっと困るかも知れませんが(私ですw)
健康的な生活を意識すれば、問題ないかな。

私は、この時期は肌が敏感になって、
スキンケアの手を抜きがちになんですが、
肌の調子を見ながら、ちゃんとケアしようと思いました。

「生理前用のスキンケア用品」を用意しておくのも、
紫外線対策の1つだと思って、きちんと用意しようと思います。

■管理人が試した保湿に役立つ化粧品


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ