顔のたるみが気になるという方、
もしかして、あなたは猫背じゃありませんか?

顔のたるみが気になる方は、だいたいの場合、
猫背になってアゴが前に出ています。

この姿勢、見た目にも美しくないけれど、
顔のたるみの原因ともなってるんです。


なぜ猫背が、顔のたるみに影響するのか。
どうしたら姿勢がよくなるのか。

それらを説明しますので、
姿勢が悪いという自覚がある方は、
ご覧になってくださいね。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

なぜ、猫背だと顔がたるむのか


なぜ、猫背だと顔がたるむのかというと

姿勢が悪いと、後頭部から背中にかけて
広がっている筋肉の
「僧帽筋(そうぼうきん)」が衰えるから。


僧帽筋は、肩甲骨を支えて動かす、
という役割を持っている筋肉ですが、
顔の表情筋を引っ張る筋肉でもあります。

だから僧帽筋の衰えが、
表情筋の衰えにも繋がるんです。

・・・この説明じゃ分かりにくいと思うので、
もう少し簡単に説明しますね。

猫背になって、あごが前に出る
 ↓
頭が体の上に乗っかっていない状態になる
 ↓
この姿勢の悪さによって、僧帽筋が凝り固まる
 ↓
僧帽筋が衰え、表情筋を引っ張る力も弱まる
 ↓
顔がリフトアップできないどころか、
僧帽筋と表情筋は連動しているため、
表情筋の動きまで邪魔されるので、
結果的に表情筋まで衰え、顔がたるむ

このような関係になってます。
お分かりいただけましたか?

よく分からなくても良いです。

「姿勢が悪いと、顔がたるむ」
ということだけ分かって下さい。

そして姿勢を良くする努力をしましょう。

…と、これだけで終わってしまうと、
「理由は分かった…で、どうすりゃ良いの?」
となってしまいますので、
次は改善方法を紹介します。

簡単に出来る「僧帽筋の緊張をほぐして
顔のたるみを解消する」ための
エクササイズを教えますので、
これをやってみてください。


僧帽筋をリラックスさせるエクササイズ


  1. 椅子に座って、左手で右肩をおさえて
      右腕をななめ下にまっすぐ伸ばします。

      この時、出来るだけ遠くに
      腕を伸ばすことを意識して下さい。


  2. 頭を左に倒し、耳を肩につけるようし、
      そのまま5秒キープします。

      「首筋の筋肉が伸びて気持ち良いな~」
      というくらいにして下さい。
      無理はしないように。


  3. その姿勢から鼻を肩につけるようし、
      そのまま5秒キープ。

  4.  
  5. 最後にあごを肩につけるようにし、
      そのまま5秒キープします。

      この時、肩が上がらないように
      意識しながらやってください。


これを左右交互に3セット行います。


姿勢を良くする僧帽筋のストレッチ


  1. 椅子に座って背筋を伸ばし、
      両腕を頭の後ろに添えてあごを引く。

      そのまま胸を張り、頭を動かさないよう
      後ろに反って15秒キープします。


  2. 頭をひざの間に丸め込むようにし、
      そのまま15秒キープ。

      この時、背中全体の筋肉が伸びるよう、
      意識しながら行いましょう。


これも3セット行って下さい。


以上、僧帽筋の緊張をほぐして
顔のたるみを解消する運動でした。

文字だけ読むと、ややこしく思えますが、
一度動きを覚えると簡単にできるし、
あちこちが伸びるので、
ちょっと癖になるくらい気持ちいいです。

長時間パソコンを使った後にすると、
痛気持ち良いので、ぜひ試してください。

あと、日常的に「猫背になりそうな時」
には気をつけて下さい。

  • パソコンを使用してる時
  • 携帯でメールを打つ時
  • メイクしてる時

こういう時って、自分で思ってる以上に
姿勢が悪くなってますので、
「姿勢を良くしよう」と意識してください。

いくらストレッチをしても、
普段の姿勢の悪さが変わらないと
効果も出にくいですからね。

背中がスッと伸びてる人は、
見た目も美しいですし、
顔のたるみだけじゃなくって、
全体的なアンチエイジングだと思って、
頑張ってみましょう!


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ