あごのたるみがあると、どうしても老けて見られがち。

フェイスラインがぼやけて、顔が大きく見えるし、
本当に良いことがありません。

あごがたるんで、二重あごになったことを気にして、
顔やせに励む方がいらっしゃいますが、それは勘違いです。

その二重あごは、太った事が原因ではありません。

太っている、痩せているに関係なく、
人は年齢とともに、顔の筋肉が衰えます。

この顔の筋肉(表情筋)の衰えが、あごのたるみの原因です。

ですから、あごのたるみを解消するエクササイズなどで
表情筋を鍛えないと、たるみはなくなりません。

あごのたるみ解消エクササイズを紹介するので、
まず、これを生活の中に取り入れて下さい。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

それでは、あごのたるみ(二重あご)を解消する、
あごの筋肉を強化する方法を紹介しますね。


1. 背筋をまっすぐ伸ばして、ゆっくりと上を向く

2. ゆっくりと、できるだけ大きく口を開いて
  その状態のまま5秒キープ

3. 5秒かけて、ゆっくりと口を閉じる

4. 5秒かけて、ゆっくりと正面を向きます。

1~4の動作を3回繰り返します。


以上になります。

あごの下にある、おとがい筋が鍛えられて、
あごが引き締まり、フェイスラインがすっきりします。

「口を開いて閉じる」という部分を「舌を垂直に突き出し戻す」、
「下あご、下唇を突き出し戻す」という動作に変えると、
負荷が大きくなり、それだけ鍛えられます。

だけど、最初からそれだけと、かなりきつくなると思うので、
比較的簡単な、「口を開いて閉じる」から始めて下さい。

最初からきついと、毎日続ける気力がなくなるでしょ?

やっぱり、こういうのは毎日続けてこそ、
効果が出るものなので、あまり無理をしないで、
続けられることから始めていきましょうね。 

だいたい3週間くらいで、効果があらわれます。


同じくらい手軽にできそうな、エクササイズでは、
ペットボトルを使ったエクササイズがあります。

ペットボトルに少量の水を入れ、歯を使わずに口でくわえ、
これを持ち上げたままの状態で10秒キープ。

これを3回繰り返す、というものです。

私はこれが苦手なので、上の方のエクササイズのみ
実行してるのですが、こちらのがやりやすい、
という方は、こちらをどうぞ


あと、これらのエクササイズのほかに、
あごのたるみの解消で有効なのが、
「よく噛んで食べること」です。

最近の食べ物は、柔らかいものが増えて、
自然と噛む回数が減ってしまってます。

その分、あごの筋肉を使わないので、
それがたるみに繋がります。

固いものも積極的によく噛んで食べるようにすると、
あごのたるみの解消になります。

3時のおやつを、おせんべいにすると良いかもw

ただし、片側の歯だけに偏って噛むと、
顔のゆがみの原因になるので、左右のバランスよく、
噛むようにして下さいね。

これを意識するだけでも、あごのラインが変わってきます。

最初は面倒でも、習慣化すれば何ともありません。
明日の小顔のため、未来のフェイスラインのために、
習慣化してしまいましょう!


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ