5月14日放送の、NHK「あさイチ」で首のケア特集があり、
そこで首のしわを取って美しい首になる方法が紹介されてました。

首って年齢が出やすく、なおかつ薄着の季節だと、
人前に思いっきり晒す場所です。

その首のしわが薄くなれば、見た目年齢が変わる!
ということで期待して見てたんですが、
意外な事実が次々と出て来ました。

首のしわって、一度ついてしまうともうダメ!
諦めなきゃならないって思ってたんですが、
そうでもないんですね。


なんでも、肥満などが原因で子どもの時にできた
深いシワは消すのは難しいらしいのですが、
それ以外の首のしわ(加齢によるものなど)は、
解消することができるそうです。

完全に消すことは難しいらしいですが、
エクササイズやスキンケアで、薄くはなるそうです。

この首のスキンケア方法は必見です。

私は「今まで私がやってたスキンケアは何だったんだ」
と、ちょっとガックリしましたよw

これに関しては、私と同じように勘違いしてる方が、
たくさんいらっしゃると思います。

これ、ちょっと皆さんにも確認して頂きたいと
思ったので、あさイチの首のしわを取る方法を
このブログでも紹介しますね。

首の正しいケア方法を知りたい方、
首美人になりたい方は、続きをどうぞ。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 
番組内では、首のしわ撃退方法として
「首を長く維持する姿勢」
「リンパマッサージ」
「首のスキンケア」
この3つが取り上げられてました。

それらを順番に紹介していきます。

首を長く維持する姿勢


教えてくださる方は、元プリマの大学教授・小山久美さん。
御年50歳にして、首にしわ1つございません!

そんな小山さんが言うには、

「首にシワを作らないためには
 首を長く意識することが大切」


とのことで、その極意は「首を長く見せる姿勢」にあり、
この姿勢の作り方を紹介していました。

作り方は以下のとおり。

  1. 肩甲骨を立てて、肩と首を体の前後の真ん中に置く

  2. お尻の下が三角形になるようなイメージで引き締め、
      へその下に力を入れるようにする

  3. 首に余分な力が入らないようにするため、
      肩を耳に近づけるように上げ、
      重力に任せてストンと落とし、肩の力を抜く

床を突き刺すようなイメージで立つのがポイント。
こうすると、つむじから足までまっすぐ伸びた姿勢を
保ちやすくなるんだそうです。


首のリンパマッサージ


首のリンパの流れが悪くなり滞ると、首がむくむ。
首がむくむと太くなり、さらにひどくなると首のしわになる。

そうならないように、首のリンパマッサージを行い、
リンパの流れを良くして、むくみを解消する必要があるそうです。

首のむくみを取るリンパマッサージ方法は以下のとおり

リンパマッサージの準備
  1. 両手を胸元でクロスさせ、鎖骨のくぼみを、
      人差し指と中指で円を描くように軽く押します。
      (右手で左のくぼみ、左手で右手のくぼみを押します)

  2. 首をゆっくり左右に倒し、5秒キープします。
      これを左右交互に5回ずつ行いましょう。
      肩が上がる人は手で軽く押さえてください。
      首の筋肉をしっかり伸ばすようにしましょう。



リンパマッサージのやり方
  1. 口元から顎の下へさする(5~10回)

  2. あごの下の中央に人差し指、中指、薬指を置き、
      そのまま耳に向かって優しくさすります。
      あごを引いた状態を保つのがポイントです。(5~10回)

  3. 耳の下から鎖骨に向かってさする

  4. 「リンパマッサージの準備」の1を行う。

リンパマッサージ後に、常温の水を300ml程度飲むと、
リンパの流れや老廃物を排出するのを助けてくれるそうです。

リンパを流す方向を間違えたり、強く押したりさするのは☓
優しくマッサージするように、とのこと。

妊娠初期・後期、血圧に異常がある場合や、
感染症や悪性腫瘍などの病気がある方は控えて下さい。


首のスキンケア


首のスキンケアを教えて下さるのは、皮膚科医・吉木伸子先生。
首の「正しい」スキンケアを教えてくれます。

吉木先生が言うには、首は顔の皮膚に比べて
水分保持量が高いので、乳液やクリームなどでの保湿は、
さほど気にする必要はない(あまり役に立たない)

首のしわの原因は、皮膚のコラーゲン繊維などの
老化によるたるみなので、そちらに効く成分が
配合された化粧品を使うことが大事。


…な、なんだってーーー!

今まで一生懸命、首元もスキンケアしてきたつもりだけど、
あんまり役に立ってなかっただと…!

保湿も必要ではあるんだろうけど、
「首のしわに効果的」ではなかったんですね。

ちゃんと有効な成分を塗らないと…。

吉木先生がいう「首のしわに効く成分」は3つ。

・レチノール
 皮膚に浸透すると、コラーゲン線維を生み出す
 「線維芽細胞」に働きかけ、皮膚にハリが出てシワを薄くする。
 ただしレチノール配合化粧品で赤みが出る場合もある。
 その場合は、下の2つの成分が入った化粧品を使うと良い。

・ビタミンC誘導体(リン酸アスコルビル)
・ナイアシン(ビタミンB3)


これら成分入り化粧品を首につける時も、
手で押さえて、皮膚に載せる感覚でつけるように
注意がありました。


化粧品を浸透させたいがために、皮膚に伸ばしてすり込むと、
皮膚が伸び、たるみの原因になってしまうそうです。

また、パッティングのつもりで強くたたくと、
赤ら顔や黒ずみの原因になるそうです。


そんなにしなくても、成分が合っていれば
ちゃんと浸透するので、無駄に頑張る必要はないそうですw

あとは、、日焼け対策ですね。

日焼け止めは500円玉程度を、手で押さえるようにつける。
(首の後ろまで塗り残しがないようにする)

その上から、ストールを巻けば効果的、とのこと。


以上が、あさイチで紹介されていた「首のしわの取り方」でした。
いや~今回はかなりお役立ちでした。

特にスキンケアに関しては、今後は首のスキンケア専用の
化粧水やクリームを探すことになりそうです。

あと、運動が足りてないので首のむくみ対策も
いつも以上に力を入れて行かないと…。

薄着になってきて、二の腕やお腹ばかりを来にしてたけど、
首も気をつけていかないとな~。


■管理人が試した首のしわに効く成分が入った化粧品


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ