紫外線が目に入ると日焼けをするという記事で、
目の紫外線対策のためには、

サングラスをかけるのが一番です。
UVカット効果あるメガネも良いですね。


と勧めましたが、よく考えたら、
これらを選ぶ基準というものには、
まったく触れていませんでしたね(汗)

勧めておいて、それはいかんだろう!ってことで、
遅くなりましたが、

紫外線対策として、きちんと効果のある
紫外線対策メガネ(サングラス)の選び方


これを紹介したいと思います。

紫外線対策メガネ(サングラス)を選ぶ基準が
分からないの~って方は、これを参考にして下さい。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 
それでは、紫外線対策メガネ(サングラス)の選び方
選ぶための基準を紹介していきますね。

紫外線透過率が低いものを選ぶ


「レンズの色が濃いほど、紫外線カット率が高い」と、
勘違いされてる方も多いのですが、
紫外線透過率は、レンズの色とは関係ありません。

色が濃くても、UVカット加工がされてなければ、
紫外線は透過しまくりですw

見た目に惑わされず、紫外線透過率を確認しましょう。

紫外線透過率が0.1以下のものがオススメです。

ちなみに、紫外線カット率(UVカット率)で
表示されてるものも多いですが、

紫外線透過率が0.1%=紫外線カット率は99.9%

ですので、これを覚えておきましょうね。


色が薄めのものを選ぶ


紫外線をカットする、というと黒いレンズを
思い浮かべがちですよね?

特にサングラスは、黒のイメージがついてます。

そのせいか、色の濃いものを選びがちですが、
これ、実は逆効果なんですよ。


色の濃いものを選ぶと、目に入ってくる光が少なくなり、
もっと光を入 れようとして、瞳孔が大きく開きます。

そうして大きく開いた瞳孔から、
より多くの紫外線が目に入りやすくなるんです。

重要なのは、紫外線透過率の低さです。

ちゃんとUV加工されているものならば、
無色透明タイプのメガネでも、
正面からの紫外線は、ちゃんとカットできてます。

サングラスの色は、紫外線対策というより、
きつい日差しで、目が疲れることを防ぐためです。

目の疲れを防ぐ濃さで、なおかつ濃すぎないものを
選ぶようにしましょう(難しいけどw)


顔にフィットして隙間を作らない


JINS PCのレビューの最後にも書いたのですが、
外出時にも完璧に紫外線対策をしたい方は、
「横から入ってくる日差し」にも対応できるものを
選ぶ必要があります。

紫外線(光)は正面だけじゃなく、
横からも後ろからも入ってきます。

だから、顔とメガネ(サングラス)との間に、
隙間ができすぎるタイプのものだと、
横からや後ろからの日差し対策としては弱いんです。

これを防ぐために、目全体がしっかり覆われる、
顔にフィットするものを選びましょう。

幅広のサイドフレームがついているものも良いですね。


個人的には、外出(通勤など含む)用には、
きっちりフィットするタイプのサングラスにして、
室内はメガネにする、というように、
使い分けるのが理想なんじゃないかと思います。

けど、理想は理想ですw

これらの基準を、ある程度頭に置いておいて、
自分の生活にあった使い方をするのが一番だと思います。

外出の時も無理に顔にフィットするサングラスを選ばず、
メガネ+日傘or帽子でも良いんだし。

ちなみに超インドア派の私は、室内で使うことを基準に、
JINS PC(色付き)を選び、外出時は、JINS PC+日傘です。

日傘についてはちゃんと紫外線から守ってくれる日傘の選び方

自分が無理なく、生活に取り入らられる範囲で、
取り入れればいいのだと思います。

みなさんも、ご自分に合った使い方をして
紫外線対策メガネを使ってくださいね。


■管理人が目の紫外線対策のために試したもの■
JINS PC スクエア ハイコントラストレンズ
JINS PC スクエア ハイコントラストレンズ

紫外線対策と、眼精疲労対策が同時にできるPCメガネです

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ