今日も暑かったですね…。

梅雨をすっとばして、いきなり猛暑日ですよ。
日差しも「眩しい」を通り越して、「痛い」です。

この痛いくらいの日差しから肌を守ろうと、
日焼け止めをせっせと塗ってるわけですが、
そんな中、ふと見つけた去年の日焼け止め。

「去年の日焼け止めを使ってはいけない」

というのは、あまりにも有名なので、
さすがに開封済みのものは捨てますが、
見つけた日焼け止めは、未開封だったんですよね。

この状態だと使えるものなのか、
去年のものってだけでダメなのか。

それが気になったので、

去年の日焼け止めは、未開封なら使えるのか。

という事を調べてきました。

貧乏性な私しか気になってないかもですがw、
その答えをお知らせしたいと思います。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

保存状態と期限がポイント


先に結論から書くと、保存状態が良好かつ、
使用期限内ならば、去年の日焼け止め(未開封)を
使っても大丈夫です。


日焼け止めの使用期限は、未開封で3年。
開けてしまったものは半年~1年、
とされています。


防腐剤の入っていないものは、
もっと短いと思われます。

「されています」とか「思われます」という
曖昧な表現が多いのは、日焼け止めの使用期限は、
表示義務がないからです。

薬事法により「通常の保管条件下で、
3年以内に変質するもの」に対しては
表示が義務づけられています。
逆に言うと、使用期限の表示がない商品は、
未開封状態で正しく保管された場合は
3年間は大丈夫、ということでもあります。

ここから「日焼け止めは未開封なら
3年は大丈夫」とされてます。

ただし、未開封だったとしても、
高温多湿や直射日光が当たる場所で保管するなど、
保管状態が悪かった場合は、注意が必要です。


「使用期限内だから大丈夫」と、安心せず、
開封して、ニオイが変だと感じた場合などは、
使用するのをやめましょう。

パッチテストをして大丈夫だったら使う、
というようにした方が良いでしょう。

去年の日焼け止めだから使っちゃダメ、
と言い切れませんが、使用期限内なら大丈夫、
とも言い切れない、という所ですね。

日焼け止めは、だいたい乳液ベースなので、
酸化の進み具合が早いです。

例え、未開封のものであっても、
保存状態に自信がなければ、
廃棄した方が良いかな~と思います。

私自身、貧乏性なのでもったいなさは
感じてしまいますが、
「酸化した乳液(日焼け止め)を肌につける」
という危険性を冒してまでは使いたくないですし。

それに、化粧品と同じく、日焼け止めも進化します。

毎年、新しい効果がついたものや、
肌に優しいものが、どんどん出てきます。

変に去年の日焼け止めにこだわるより、
最新の効果が得られる、今年の日焼け止めを
使う方が肌には良いかな~とも思います。

うーん、こうやって考えてみると、
使用期限内で保存状態が良かったとしても、
顔には塗らないほうが無難ですね。

私が見つけた去年の日焼け止め(未開封)は、
保存状態も良好ではありましたが、
足の指とか、そういう部分にだけ使おうと思います。

日焼け止めで肌荒れしては、意味ないですもんね!


■管理人が試した肌に優しい日焼け止め


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ