シルク姉さんのほうれい線が消える筋トレ
引き続き、今日も7月1日放送の「深イイ話」から、
お役立ちの美容法を取り上げます。

今日取り上げるのは、歯科医の佐藤青児先生考案の
「耳たぶ回し小顔法」です。

この耳たぶ回し小顔法、「小顔」に注目しがちですが、
顔のたるみ関係にも効果ありなんですよ。


森三中の黒沢さんが、顔の右半分にだけ
やってもらったら、見事にそっちだけ
顔が上がってたんです。

顔全体が引き締まって、小顔になってたし、
目の位置、口角、きっちり上がってました。

家で自分一人でできるものだし、
これは覚えておきたい!ということで、
今日は、佐藤青児先生考案の
耳たぶ回し小顔法のやり方
を紹介します。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 
佐藤青児先生が、耳たぶ回しが小顔に効く、
という事に気付いたのは、本当に偶然。

もとは、顎関節症に悩む方のために、
考案したものが、小顔になる効果があった
というものなんです。

顎関節症で悩んでる女性の多くに共通する

「耳たぶ周辺の筋肉が硬い」

という状態を改善しようと、筋肉をほぐす方法を
考案して治療してたら、患者さんたちから
「小顔になった」という反響が出るように。

ごくごく弱い力で、耳たぶを回すことと、
顎を動かすだけの方法なんですが、
ここまで変わるか!ってくらい変わります。

これは試さないと損ですってくらい変わります。

今から手順を紹介しますので、
お時間がある時に、やってみて下さい。

では、耳たぶ回し小顔法のやり方を書いていきますね。


耳たぶ回し小顔法のやり方


<注意>
筋肉の緊張がない状態で、動かしたほうが
効果が出やすいようなので、寝ている状態で、
行うようにしてください。


<手順>
1. 耳たぶの付け根を軽くつまみ、
  弱い力で後ろに5回、くるくると回します。

  本当に弱い力で大丈夫。
  耳たぶをちょっと触ってるくらいの力加減です。


2. 頬骨の下の縁から、えらに向かって、
  弱い力で斜めに軽くなで下ろします。

  これも本当に弱い力で大丈夫。
  表面をなでる程度です。
  左右各4回なで下ろして下さい。


3. もう一度、耳たぶを5回くるくる回す。


4. 下顎を前後に4~5回動かします。
  (志村けんのアイーンをやって下さいw)


5. 下顎を左右に4~5回動かします。


6. 大きく口を開けます。
  こうやって動かすことで、筋肉がゆるむんだとか。

7. 下顎を突き出して(アイーンですね)、
  腕を真横に広げ、肩の高さで肘を90度に曲げたら、
  そのまま後ろに肩を4回します。
  
  …という説明でしたが、番組内では、
  しっかり肩を回すというより、
  肩の力を抜くような感じで、ブランブランと
  10回くらい回してました。

  力を入れないで、軽く回す感じでした。


8. 1~7までを繰り返す。


9. 頬を軽く引っ張りながらなでる。

  えらのあたりを、素早く何度かなで下ろし、
  その後で、また手順2のように、
  頬を上から下になで下ろしてました。


以上が、耳たぶ回し小顔法のやり方です。

全然力を入れないで、耳たぶを回したり、
頬をなでたりしてるだけなのに、
本当に効果があるのでビックリします。
 
耳たぶを回すことによって、頬からえら、
顎にかけての血流の流れが改善され、
それで顔のたるみやむくみが、
解消されてるんだと思います。

私は顎関節症、というほどではありませんが、
顎がカクカクいう状態になってます(汗)

だから、そちらの改善をメインにしつつ、
たるみや小顔、二重あご改善効果も出ればいいな、
くらいの感じで、この耳たぶ回し小顔法を
やっていきたいと思います。

なんか顔のゆがみも治りそうだし、
続けていけば、数カ月後、数年後に
すごく差が出そうな美容法ですよね~。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ