いや~暑いですね。
口を開けば暑いしか出ないくらい暑い(;´Д`)

みなさん、熱中症になってませんか?

私は実は冷房入れず我慢してしまったせいで、
室内に居るにも関わらず、熱中症気味に(汗)

頭が痛くて困りました。

あと、暑さのせいで一気に食欲が減り、
それにも困ってます。

まだ夏は始まったばかりなのに、
これだけバテているのはマズイ!と
何か良いものはないかと調べたら…ありました。

夏バテ予防にもなり、熱中症にも効く
「飲む点滴」と呼ばれる飲み物が!


それは甘酒です。

甘酒と言えば、冬の飲み物というイメージが
めっちゃくちゃ強いんですが、
江戸時代には夏バテ防止の栄養ドリンク剤として
飲まれてたくらい、夏バテに効果があるようで。

甘酒には、強い抗酸化作用、美白効果という、
美容効果もあるし、これで夏バテ防止にもなるなら、
夏の甘酒も良いな~と思い、詳しいことを調べました。

甘酒の美容効果について詳しいことは
甘酒は、保湿を含む美肌になる効能がある

どういう甘酒が、夏の甘酒として良いのか。
その種類、飲み方などを紹介したいと思います。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 
まず、甘酒がどれだけ優れた「栄養ドリンク」
なのかを紹介しますね。

甘酒には、ブドウ糖が20%以上含まれ、
人間が生きていくために不可欠な
ビタミン類が豊富に含まれています。


ビタミンB1、B2、B6、パントテン酸、
イノシトール、ビチオンなどを麹は作り、
それがそのまま甘酒の成分となるからです。

つまり甘酒は、天然由来のビタミンが含まれる、
超強力な総合ビタミンドリンクなんです。


市販されてる合成ビタミンのように
薬品で安定させているビタミンとは
質も吸収力も違います。

また甘酒は天然の必須アミノ酸を
最も多く含む飲物です。

病院で行われる点滴が、ブドウ糖溶液と
ビタミン溶液とアミノ酸溶液を血管から補給する
というものなので、これら全てを含む甘酒は
飲むと点滴と同じような効果が得られるんですね。

「飲む点滴」というのは、例えではなく、
そのまんまの説明なんですねw


さらには、消化吸収を助ける消化酵素や、
エネルギーに転換するビタミンB群などにより、
食事から栄養を効率良く体に取り込むことも出来ます。

夏バテで胃腸機能が弱まりがちになってる、
今の私には、この効果が有難い(´Д⊂

栄養価も高いし、その栄養の吸収も良くしてくれるし、
なんで甘酒が夏バテ防止に良いと言われてるかが、
よく分かる気がしますよ。

ただ、この効果、消化吸収を助けてくれる
麹が含まれている甘酒だからこその効果です。


だから、酒粕とお砂糖で作られた甘酒でなく、
米と米麹で出来た甘酒を選んで下さいね


また、冬の甘酒のイメージで、甘酒と言えば温める
というのが常識になってしまってますが、
あまり加熱しないで下さい。

60℃以上になると、消化酵素も麹菌も
死滅してしまうので、温める時は
軽くあたためるようにして下さい。

上手に飲んで、甘酒の高い栄養素とそれを吸収する力を
最大限に活かすようにしましょうね。


このように、甘酒には多くの夏バテ防止効果がありますが、
夏に嬉しい甘酒の効果は、健康面だけじゃありません。

甘酒は、保湿力が高く、紫外線ダメージを受けた肌を
たっぷり保湿しながら、シミを抑制する効果があります。

また豊富なビタミンB群が、肌、髪や粘膜を保護してくれ、
エアコンなどによる夏の乾燥からも守ってくれるなど、
女性にとって嬉しい効果が多い飲み物です。

健康・美容面、どちらの面でも「夏のダメージ」から
守ってくれる夏の甘酒を、栄養ドリンク代わりに飲んで、
暑い夏を乗り切りましょう!


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ