私ね、最近、やけに唇が乾くんですよ。

「夏なのに、やけに唇が乾くし、荒れるな。
 やっぱり乾燥してるのかな。やだなー。」

って呑気に考えてたんですけど、
荒れてる時とは、ちょっと感じが違うので
調べてみたら、唇が日焼けしてましたw

顔は日焼け止めを塗ったりして、
紫外線対策してるけど、唇がガラ空きだったんです。

どうも私みたいに、唇の日焼け対策を忘れてる、
そもそも日焼けだと気づいていない方が
「夏なのに唇が乾燥するな~」と困っているパターンが
とても多いようです。

唇が日焼けしたことを、唇が荒れているだけ、
と勘違いしてると、いつまでも治りません。


唇の日焼けの状態とはどんな状態か
という基本的なことから、
日焼け防止方法や、唇が日焼けを治す方法
紹介するので、「もしや私の唇の乾燥は日焼け?」
と思った方は、どうぞ読んでください。

あ、「口紅で唇の日焼け止めが出来る」
と思ってる方も読んで下さい。

それ、ありがちな間違いなんですよ~。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

どういう時に唇が日焼けするの?


夏の唇の日焼けの原因として、
すぐに思い浮かぶのが、海水浴などの
屋外でのレジャーでしょう。

でも実は一番多いのは
「唇の日焼け防止を忘れる」こと。

顔は一生懸命UVケアするんですけど、
唇だけはノーガード、という方が多い。

あとは「口紅塗ってるから大丈夫でしょ」
と、唇の日焼けは口紅で防げると思ってるか。

口紅は油分を含んでいて、その油分が
紫外線を吸収してしまうので、
口紅だけだと日焼け止めにはなりません。

さらには口紅の油分は酸化し、
それがシミとなってしまうので、
唇の日焼け止め対策としては、不向きです。



唇が日焼け状態とはどんな状態か


唇は日焼けすると、肌と同じように
ヒリヒリしたり、水ぶくれが出来たりします。

人によっては、ちょっと腫れることも。

水ぶくれが出来たり、腫れ上がったりと
症状がひどい場合は、病院に行って
医師の指示を仰いで下さい。

…ここまで、完全に肌の日焼けと同じですよね。

なのに私みたいに「やけに唇が乾燥するな」と、
唇の乾燥と日焼けの違いに気づかないのか。

これは、唇が日焼けしても、メラニンが少ないため、
肌のように黒くなりにくいからです。


だから日焼けしてると気づきにくいんですね。

でも、日焼けは日焼けですので、
日焼けした部分は、シミができます。

唇に日焼けによるシミが出来た場合、

頬に出来るような丸いシミ
唇全体の色が濃くくすむ
輪郭を縁取るように茶色いくすみができる

という状態になります。

1番上のシミ状態はともかく、下2つの状態だと、
日焼けが原因だと気づきにくいですね。
(私は気付きませんでしたw)

なので、つい放置しがちなんですが、
立派な日焼け状態なんですよ。


唇の日焼け防止方法


UVカット効果の高いリップクリームを
外出する時などに使うようにして下さい。


口紅をつける前に、下地のような感覚で、
UVカット効果のあるリップクリームを塗ると、
より効果は高くなります。

唇の上から塗るタイプのものもあるので、
ご自分に合うタイプのものを選んで下さい、

食事や水分補給をすると落ちてしまうので、
その都度、塗り直すようにして下さい。


こまめな塗り直しが、一番の紫外線対策ですよ。

「私、唇がベタつくの嫌いだから
 口紅も付けないんだけど…」
って方も居ると思いますが、そこは我慢して下さい。

唇には皮脂を分泌させる皮脂腺がなく、
肌のように皮脂の保護膜がない状態なので、
バリア機能が弱いんです。

その唇に何も付けずに居るということは、
紫外線に無防備に晒しているのと同じです。

唇の紫外線対策だと割りきって、
UVケアしてあげて下さい。

家の中にいる時も同じです。

リップクリームを塗るなどの
唇の保湿ケアを忘れずに行ないましょう。

常にUVケアをする、保湿を徹底する、
という心構えでいましょう。


唇の日焼けを治す方法


ハイ、ここまでで日焼け防止方法は
十分に伝わったかと思います。

ここからは、残念ながら、私のように
既に唇の日焼けをしてしまった方のために
唇の日焼けを治す方法を紹介します。

まずは、氷などでしっかり冷やして、
腫れを押さえます。

腫れがひいてきたら、ワセリン・オリーブ油・
スクワランなど、香料が入っていない
純度100%の油を塗り、油分を補給します。

ベビーオイルも良いかな。
私はもちろん、ソンバーユを使いましたよw

唇に、これらのオイルをたっぷりと塗って、
15分ほどラップパックすると、
かなり乾燥がおさまるので、
乾燥が気になる方は、やってみて下さい。

だいたい3日もあれば、唇の荒れは治まります。

唇の皮膚は角層が薄い分、ターンオーバーも早く
しっかり保湿をして、刺激を与えないようにすれば
すぐに元通りになりますし、
シミが出来た場合も、だんだん薄くなっていきます。

唇の日焼けに気付いたら、さっさと冷やして保湿!
その後も継続して保湿!というのが
一番の紫外線対策であり、日焼け防止方法です。

ついつい忘れがちな場所ですが、
唇は一度荒れると目立ちます。

顔と同じように、唇の日焼け対策もしていきましょう!


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ