コラーゲンをとっても、意味なんかないよ」

なんていう話が、雑誌やインターネットで
取り上げられたり、議論されていたりします。

これって本当なんでしょうか?

事実だとすれば、コラーゲンサプリや
コラーゲン入りドリンクを飲んでも、
顔のたるみ解消や、美肌効果なんか
 なんにもないよ~」ってことになります。

本当にムダなのか、それとも有効なのか。

今日はこのあたりを調べてみましたので、
「コラーゲンってどうよ?」って思ってる方は、
最後までお付き合い下さい。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

私が調べてみたところ、
「コラーゲンなんか意味がないよ」
という主旨の話題には、

「コラーゲンは、消化・吸収する時に、
 分解されてアミノ酸になってしまうから、
 飲んでもほとんど効果なし」

という事が、ほとんどものに書かれてます。

確かにコラーゲンは、たんぱく質の一種で
1度はもとのアミノ酸に分解され、
吸収されるので、

そのまま肌にダイレクトには届きません。

1度、アミノ酸に分解されたコラーゲンは、
まずは体内の臓器に運ばれて、
最後に肌に回ります。

優先順位が、「臓器>肌」になってるのは
生きていくのに必要な組織が
優先されているからです。

ですから、普段から臓器の状態が良い、
ってのは変ですが、体内器官が健康な人は、
肌へ回されるコラーゲンも多い、
ということになります。

言い換えれば、

健康な人ほどコラーゲンの効果が出やすく、
そうでない人ほど、効果を感じにくい


という事です。

この個人の健康状態の差が、そのまま
「コラーゲンが効く・効かない」の差を生み、
「コラーゲンの美肌効果がない」人が
出てくる理由なのだと思います。


そもそも、コラーゲンに意味がない説の
「コラーゲンはアミノ酸に分解されるから、
 肌に効かない」説ですが、
この説も、最近になって否定派が増えてきてます。

コラーゲンの形で摂ったものは、
それが経口摂取であろうと、
肌への傷の修復に優先的に使われる、
という研究結果も出てます。

コラーゲンを生み出して、傷口を修復する
「繊維芽細胞」が増えるのですが、
この細胞は真皮を作る細胞なんです。

線維芽細胞は真皮の中に存在していて、
少しずつコラーゲンを合成して作る一方で、
少しずつコラーゲンを分解しています。

この分解が合成を上回れば、
しわ、たるみが進行し、
逆に合成が分解を上回れば、
肌の老化の進行を抑えます。

真皮の主役であるコラーゲンは、
線維芽細胞による合成が少なくなると、
コラーゲンの量も減少しますが、
コラーゲンをサプリなどで摂取した場合、
この合成を手助けする働きがあるということです。

「それならば、顔のたるみやしわ、
 美肌にも効果があるだろう」
というのが、私の出した結論です。

コラーゲンそのものをダイレクトに
摂取することは出来ないけれど、
コラーゲンを作り出すための
手伝いはできる、という感じなのかな、と。

実際に、私はコラーゲンを摂って変化が出たし、
摂らないと元に戻りました。

この「コラーゲン問題」は、この先も、
まだまだ議論されていくのだろうけど、
実際に私には効果が出ているのだし、
素直に信じて、コラーゲンを飲み続けようと思います。


■管理人が試したコラーゲンはコチラ■
こなゆきコラーゲン100g

こなゆきコラーゲン100g

肌にハリが出て髪の毛にもツヤが出ます
水橋保寿堂の超濃厚コラーゲン水橋保寿堂の超濃厚コラーゲン
使って3日で肌がしっとり潤います。乾燥に効きます

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ