先日、「炭酸水で洗顔」する方法と、その効果
という記事の中で紹介した「炭酸水パック」について

炭酸水パックって、コットンを炭酸水に浸して
使う方法ではないんですか?


という内容のコメントを頂きまして。

恥ずかしながら、コメントを頂くまで、
「炭酸水パックでコットンを使う方法がある」
という事を知りませんでした(;・∀・)

慌てて調べたところ、

炭酸水を浸したコットンで、顔をパックする。

炭酸水を浸したコットンを使って、
 目と口まわりを避けてパッティング。


この2種類の方法が出てきました。

同じコットンを使った「炭酸水パック」ですが、
微妙に違った方法になってるのが、おもしろいw

あとね、それぞれ期待する効果が違うんですよ。

「これは両方知っていれば、その日の肌の調子や
 目的別にに合わせて、パックできて良いな」
と思ったので、2つの炭酸水パックのコットンを使った方法
を、紹介したいと思います。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

炭酸水を浸したコットンで顔をパック


洗顔した後に、炭酸水をたっぷり浸したコットンで
目の下、小鼻、頬など、顔の気になる部分をパック。

このまま5分ほど待ってはがします。

その後は、普通に化粧水や乳液などで
スキンケアをして終了。

要するに、化粧水の代わりに炭酸水を使った
フェイスパックですよね。


お風呂に浸かりながらパックして、コットンが乾いてきたら
炭酸水をコットンの上からスプレーしたり、
直接、コットンに継ぎ足して、長時間パックする方も居ます。

ご自分の肌の状態に合わせて、
色々と試してみてくださいね。

パック後は、毛穴の汚れも落ちているし、
毛穴が引き締まって目立たなくなると評判です。


血行が良くなる、顔が引き締まる、くすみ抜けする、
などなど、色んな効果はあるようですが、
毛穴に関する効果が一番高いみたい。


炭酸水を浸したコットンでパッティング


こちらの方法は、もっとお手軽ですね。

洗顔後に炭酸水に浸したコットンを使って、
目と口の周りを避けて、顔をパッティングします。

その後、化粧水や乳液で通常のお手入れをします。

炭酸水とパッティング効果で血行がよくなり、
保湿成分が浸透しやすくなります。

↑の効果から、こちらの炭酸コットンパックは、
ブースター的な役割が大きいみたいですね。


パッティングの後、すぐに化粧水を使うと、
ぐんぐん浸透するし、肌がモチモチになる

喜ぶ声が多いです。


2つの「コットンを使った炭酸水パック」
どちらも簡単にできるので、
肌に刺激がなければ、どんどん取り入れて下さい。

それぞれのやり方で、期待する効果が違うので、
「今日はパッティングだけ」とか「今日はどっちもやる!」
と言うように、上手く組み合わせて
どちらも取り入れると、かなりの美肌になれるかも♪

…ただし!

パック後、しばらく経っても赤味が引かない、
肌が荒れた感じになる、痛みが我慢できないなど、
炭酸の刺激に肌が耐えられない方は、
無理に炭酸水パックをしないで下さい。


どんな美容法も、ご自分に合ってこそです。

少しずつ試して、「自分に合ってるかどうか」を
確認した上で炭酸水パックを試しましょう。

もしダメなら、大人しく市販品の炭酸パックなど、
「刺激の少ない炭酸美容商品」を使いましょう。

お金はかかりますが、刺激は激減しますw

無理すると、顔がヒリヒリしたり、
赤味が長引いたりして、ほんと大変ですからね。

肌をキレイにしたくて、炭酸美容を試してるのに、
肌荒れさせてしまっては、元も子もないですよ。

以上、自分の失敗談からの警告でしたw
くれぐれも、無理な炭酸水パックはしないで下さいw

……直接、顔に炭酸水をつけなきゃ
大丈夫だと思ったんだけどな~。
(↑ちっとも懲りてないw)


■管理人が試した炭酸ジェルパック


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 
 カテゴリ