少し前に本屋に行ったら「クロワッサン」が
アンチエイジング特集を組んでて、思わず購入。

クロワッサンを買いました

9月10日号(左)と保存版(右)、
どちらも初見のアンチエイジング情報があり、
楽しく読んでます。

今日はそのクロワッサン(9月10日号)にある
「シワの多い女性ほど骨折しやすい!?」
という、話題を取り上げてみたいと思います。

皮膚のシワは、骨の質を反映していて、
顔を見ただけで、その人の骨折リスクが分かる

という、恐ろしい研究結果まで出ている
顔のシワと骨の関係に、凹みました(;´Д`)

でも、ほんと、体って一部だけ磨くとか
そういうのは無理ってことが良く分かりますよ。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

クロワッサン(9月10日号)の第2特集「シワの多い女性ほど骨折しやすい!?」

「女性の顔のしわで骨折リスクの可能性を
 推測することができる」


記事を読んで、↑の事実をもう少し詳しく知りたいと
調べてみたら、この研究結果自体は、
米エール大学が2年前に発表したものなんですね。

女性の肌と、骨のタンパク質レベルには関連があり、
女性の顔や首にしわが多ければ、
その女性は骨密度低下による骨折リスクが高い。


女性と書いてありますが、さらに詳しく言うと
「閉経後の女性」のようです。

顔や額の皮膚が引き締まっている程、
骨密度が高いという関連も判明したそうです。

…見た目年齢が若い女性ほど骨密度が高く、
見た目が老けているほど骨密度が低く、
将来的に骨折リスクが大きいってことですね。

ここまで分かって、思い出したのが
前に書いた、この記事。

顔のたるみやシワの原因は「頭蓋骨の老化」!?

体の骨密度が低いということは、
頭蓋骨の骨密度も低いはずだから、

体の骨密度が低いなら、頭蓋骨の骨密度も低い
  ↓
土台である頭蓋骨の骨密度が減り痩せる
  ↓
頭皮や顔の皮膚がたるむ
  ↓
顔のシワが多い、シワが深い


ってことを言いたいのかな~って思ったら、
ここから、さらに一歩踏み込んだ内容でした。


最近は、骨の強さとは「骨密度」だけじゃなく
「骨の質」という要素も関係している
という事が
分かってきているそうです。

例え、骨密度が高くても、骨の質が悪ければ、
骨折してしまうのだとか。

骨と言えば、真っ先に思い浮かぶのは
カルシウムですが、実はコラーゲンも
大いに関係しています。

骨を鉄筋コンクリートの建物に例えると、
カルシウムはコンクリート部分で、
コラーゲンが鉄筋部分、になります。


…って、記事に書いてありましたw
この例え、めっちゃくちゃ分かりやすいですね。

コンクリート部分が固くてしっかりしてても、
鉄筋がダメなら、建物の強度は保てませんよね?

この鉄筋部分が、コラーゲンであり、
骨の質に当たるということ。

つまり「コラーゲンの質が悪い=骨の質が悪い」
ということになります。

…ここまで分かってなるほど~、とは思ったものの、
イマイチ納得は出来ない。

骨の質とコラーゲンの質が関係してるのは
分かったけど、それがシワとどう関係あるのか。

そう思いつつ読んでいったら、
ちゃんと答えが書いてありました。

両方に関係する老化現象「糖化」があったんです。


骨質が悪くなる主な原因の1つは「糖化」です。

糖分と体内にある、たんぱく質が結びつき、
たんぱく質(コラーゲンやエラスチン)が
劣化してしまう、美容の大敵「糖化」

詳しくは⇒糖化とは・・・酸化どころじゃない怖さ!

肌が黄色くなったり、シワの原因になる
あの憎き「糖化」ですね。

↑のような「肌の糖化」が起きてるなら、
骨でも同じことが起こってる可能性は大いにある!
という見方が、今は強くなってるようです。

一瞬、「?」ってなりましたが、

顔にシワが出来ているということは、
肌のコラーゲンの質が糖化により悪くなってる
   ↓
ならば、骨のコラーゲンも糖化により悪くなってる。
   ↓
骨のコラーゲンの質が悪くなってるなら
骨の質も落ちているということ。
   ↓
シワができていると骨のコラーゲンも老化していて
骨折リスク(骨粗鬆症)が高くなる


ってことみたいですね。
……なんって恐ろしいんだ!:(;゙゚'ω゚'):

と、とりあえず糖化を何とかせなアカン。
それだけは分かった!

で、どうしたら良いの?って話なんですが、
血糖値が上がりにくいものを意識して食べること
これが大事になるそうです。

お米なら玄米、麺ならお蕎麦。

こういう簡単なものからで良いので、
日々の食事に少しずつ気をつけて、
それを習慣化してしまうのが、良いみたい。

日々の食事が大事だな、健康や肌に影響するな、
という思いは、年を取るとともに強くなってきたけど、
まさか、ここまで直結してるとは…。

肌状態、体の健康状態、骨の健康状態。

これら全部に関わってくるのかと思うと、
いい加減な食生活は、後になって取り返しが
つかなくなるな~と、ちょっと怖くなりました。

骨粗鬆症になるかならないかって、
寿命にも関わってくるだろうし、
日々の積み重ねって大事だな~と反省。

日々の食事に気をつけて糖化を防ぎ、
少しの運動で、たるみを防ぎコラーゲン生成を助ける。

運動については⇒運動不足が顔のたるみの原因になる

こういう、「粗食と適度な運動」って
本当に理にかなってるのだと、思い知りました。

少し涼しくなってきたことだし、
ストレッチ程度からでも、運動を始めようっと。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ