大豆に含まれるイソフラボンには、
女性ホルモンと同じような効果がある。

これはもう、今や知らない方は居ないでしょう。

多くの女性が、イソフラボンによる
女性ホルモン様作用に期待をして、
せっせと大豆製品を食べてたりしますね。

このイソフラボンについて、気になる記事が
クロワッサン(9月10日号)に載ってました。

エクオールとは何か?

なんと、イソフラボンの中でも
最も女性ホルモン様作用が強力で「スーパーイソフラボン」
と呼ばれる「エクオール」という成分があると言うんです。

この「エクオール」という成分は健康維持の他にも、
抗酸化作用などの美容効果も、とても高いんです。


なら、大豆や豆製品をいっぱい食べよう♪
…ってなりますよね?

けど、人によっては全くエクオールの恩恵を
受けられない
んですね~。

なぜ、そんなことになるのか。
そもそも、エクオールの効果とはどんなものか。

それらを詳しく説明していきたいと思います。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

エクオールとは


まず、エクオールとは何かという説明から。

エクオールとは、大豆イソフラボンが
腸内細菌によって代謝されて生まれる成分です。


食事で大豆製品を食べ、大豆イソフラボンを摂取すると
ダイジン・ゲニスチン・グリシチンへとなり、
この中のダイジンがダイゼインとなり、
ダイゼインが腸内細菌によって代謝されると
エクオールとなります。

こうやってエクオールに代謝されると
全身へ女性ホルモン様作用を発揮します。

女性ホルモン様作用を、もう少し詳しく言うと
「女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)」と
似たような作用をする
ということです。


エクオールの効果


エストロゲン、別名「美肌ホルモン」と
似たような作用があるわけですから、
当然、同じように高い美容効果があります。

例えば、

  • 肌にハリと弾力が出る
  • 肌の潤いがアップ
  • ニキビ、シミ、しわなどを抑制
  • 男女問わず薄毛や抜け毛効果あり

というように、多くの美容効果があります。

また、健康面でも多くの効果があり、

  • 更年期障害予防
  • 閉経後の骨粗鬆症予防
  • メタボ改善

など、女性にとって見逃せない効果が
たくさんあります。

なんか体内外のエイジングケアが
全てこなせそうな程の効果ですよね。

私はまだ更年期障害には少し早い年齢ですが、
エクオールは月経トラブルにも効果があるようなので、
そちらには期待してしまいます。

体内でエクオールを産生できる方は、
PMSが軽いそうなので、
PMSに苦しむ方にも、大いに役立ちそうです。


エクオールを作れる人と作れない人がいる


このように、ほぼ全ての年代の女性にとって
必要とされそうなエクオールなんですが、
残念ながら同じように大豆イソフラボンを摂っても、
誰もがエクオールに変えられるわけではありません。


体内でエクオールを作ることが
出来る人は50%程度の方だけなんです。


残りの50%の方は、イソフラボンを摂取しても、
エクオールを自分の体内で作ることは出来ないんです。

体内に腸内環境(エクオール産生菌)が
あるか・ないかでエクオールを産生できるか
どうかが決まります。


50%って少ないな、と思ってしまいますが、
欧米の方は30%程らしいので、
約50%という割合の日本人は多い方なんですね。

なんでこれだけ差があるかというと、
大豆などの食生活が影響してるとのこと。

和食は豆腐・お味噌・お醤油・豆乳・おから
など大豆製品多いですからね~。

子供の頃から大豆製品を食べてるかとか、
そういうのも影響してるのかも。

「…ってことは、日本人でも若い世代ほど、
 エクオールを体内で産生できる人って
 少なくなるんじゃないの?」

と思ったら、50代では50%もある割合が、
20代では20%程度しかないんだそうな。

やっぱり、これって食生活の欧米化が
影響しちゃってるんでしょうね。


ここで気になるのが「自分はエクオールを
産生できるのか」
ということ。

これは、キットを使えば簡単にチェックできます。

⇒尿中エクオールの簡易チェックキット
ソイチェック(ヘルスケアシステムズ)

これで自分がエクオールを作れるかどうか
分かるわけですが、仮に作れないとしても、
あまり落ち込まないで下さい。

更年期や肌のシワに対する効果を発揮した
エクオール含有大豆胚芽乳酸菌発酵食品が、
現在、開発されています。

1日30mgの摂取を3カ月続けても健康に影響がない、
という結果が出ており、高い安全性に期待されてます。

大豆イソフラボンを摂取しすぎると、
かえって体に良くない(主に産婦人科系で)
なんてことを聞きますが、そのリスクも低そうですね。

これが製品化され、サプリメントになって、
世間に出回るのを待ってましょう。

その間に、自分がエクオールを産生できるかを
調べておいたり、腸内環境を整えたりして、
エクオールを出迎える準備をしておきましょうw

大塚製薬からエクオールのサプリメントが
近いうちに出る、という情報もチラホラみかけますし、
思ったよりも、早く私たちの手元に来るんじゃないかな。
 
(※「ナチュラルS-エクオール」というサプリを
 大塚製薬が出すという情報が、チラホラ出てるんですよ)


化粧品について言うと、エクオール配合美容液を
ノエビアが発売してますね。

「ノエビア EQ フォース エディション」

……「今すぐ買います」とか言えない価格です。
が、エクオールの効果はすっごい気になる!
という方は試してみて下さい。

え?私?

私はいつもどおり、お味噌汁をはじめ
大豆食品をモリモリ食べることにしますw

エクオールが産生出来ても出来なくても、
腸内環境を整えることって大事ですからね。

エクオールに期待しつつ、今出来る事をしておきたいと思います。


■エクオール検査キットを使ってみた


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ