すっかり朝晩が涼しくなりました。

涼しいを通り越して、肌寒いなと感じることも多くなり、
湯船に使った時の、お湯の温かさにホッとします。

そして、自分で自覚してる以上に
体が冷えていることに気付きます。

今年の夏は、記録的な暑さが続き、
例年以上に冷房が切れなかったり、
冷たい食べ物や飲み物を摂りましたからね。

それが積み重なって、自分で思っているよりも、
外からも中からも冷えてしまっています。

私と同じような感じで、体が冷えてしまってる方は、
すぐにでも冷えを解消しなければいけません。

この冷えを何とかしないと、夏枯れ肌は疲れたままだし、
疲れた肌を回復するためのスキンケアをしようにも、
美容液などの浸透が遅く、保湿効果もイマイチになります。


夏の疲れを回復したいのに、冷えが邪魔するんですね。

この体の冷えを治すために、必要なのが
入浴時に湯船に浸かることです。


湯船に使って冷えを改善することが、
この時期の肌の回復に、どれだけ必要か説明するので、
シャワー派の人も、読んでみて下さいね。

顔のたるみや、シワ予防にもなるんですよ。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

体の中と外を温め、ターンオーバーを活発化


夏に冷たいものを摂り過ぎた体は中(胃腸)から冷え、
その冷えの疲れが肌にも影響します。

夏は胃腸も冷えますが、冷房によって
体の外も冷えますので、体の中も外も冷えてしまい、
肌の新陳代謝が滞りがち。

肌のターンオーバーが乱れるんですね。

肌のターンオーバーが乱れると、
新しい肌に生まれ変わらないので、
肌のダメージは回復しません。

それどころか、古い角質が剥がれ落ちず残るので、
肌がどんどん厚くなり、肌がくすんでしまいます。


また、肌の乾燥を改善しようとして
保湿力の高い化粧水や美容液を肌に与えようとしても、
古い角質のせいで分厚くなった肌には、なかなか浸透しません。

肌はくすむは、保湿アイテムは受け付けないは、
このまま放置してたら、冬には大変なことになります(汗)


ただでさえ、これから空気が乾燥して困るのに、
保湿アイテムの浸透が悪いだなんて、
これだけでも、「えらいこっちゃ~」ですよ。

肌のくすみから回復するためにも、
しっかり保湿するための下地を作るためにも、
ゆっくりと湯船に浸かって、体の中と外を温めましょう。

特に、肌のくすみやザラつきが気になる方は、
スキンケアより前に、しっかり入浴して体を温めましょう。


血行を促進して、肌ダメージ・老化を回復


体が冷えると、どうしても血行が悪くなります。

血行が悪くなると、細胞に栄養が行き渡りにくくなり、
それにより肌の本来の働きが悪くなったり、
余分な水分が溜まるので、顔のむくみの原因になります。


老廃物の排出も滞ってしまいがちなので、
ターンオーバーも乱れますね。

古くなった角質には、保水力というものがないので、
肌の乾燥がどんどん進んでしまいます。

そのまま放置しておくと、肌の弾力が失われ、
しわやたるみに繋がります。

夏が終わった後に、肌がくすんでワントーン暗くなった、
ずっと乾燥してる、なんか顔がたるむ、と悩んでる方は、
上に書いたような悪循環が起こってる可能性が高いです。


肌の状態も悪くなっていますし、夏の紫外線ダメージや、
外的刺激から回復する力も弱っています。


これらの肌状態の原因である血行不良を改善するために、
しっかり湯船に浸かる必要があるんです。

肌の血行が良くなると、くすみは抜けますし、
顔色も明るくなります。

また、お肌が温まっている時には肌の内部で
コラーゲンやエラスチンが生成されやすくなり、
肌が健康な状態に戻りやすくなります。


当然、顔のたるみやシワの予防としても効果があります。

血行不良は老化を引き起こすけど、
肌を温めると、老化予防になるんですよ。


だから、肌が疲れている今こそ、
しっかりお風呂に入る必要があるんです。


なんか、何でもかんでも「お風呂に入れば解決です!」
と言ってる気がするけど、実際にお風呂に浸かることの
メリットはとても多いんです。

色んなスキンケアをしたり、エステに行くよりも、
日々の入浴を大切にすることが、最高の美肌習慣だと考えて、
ちょっと面倒でも、しっかり湯船に浸かって下さいね。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ