女性の年齢は首を見れば分かる
というのは、とても有名。

だから、エイジングケアに頑張る女性は、
顔と同じように、というか、
「顔からデコルテ」までをケアするように
気をつけてる方が、多いですね。

けど、首と同じくらい年齢がバレてしまう
手のケアにまでは、なかなか意識がいかないようです。


手はよく目につくこともあって、
年齢を感じさせやすい場所なので、
例え、顔(肌)が綺麗で若くても、
手が老けていると、

「あれ?この人、お肌は綺麗だけど、
 意外と年取ってる…?」

となってしまう場所なんです。

首と同じように、人の見た目年齢を、
左右するパーツなんですね。

その手(手の甲)は、年齢とともに
皮下脂肪が薄くなり年齢が出やすい。

いや、出やすいなんていい方は甘いですね。

「手は顔より10年早く老ける」
なんて言われるくらい、老化が早い場所なんです。

見た目年齢に大きく影響するのに、
老けるのが早いって…これ、ヘタしたら、
手の老化のせいで、年齢より老けて見られることも
あり得ますよね…。

そう考えると、絶対に放置しちゃいけない!

そう思って慌てて、手の老化を防ぐための
ハンドケア方法
を調べましたので、
みなさんにも紹介しますね。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

手の老化が早い理由とは


ハンドケアの方法を紹介する前に、
そもそも「なんで手って、そんなに老化が早いの?」
という理由から説明します。

手の老化が早いのは、手が常に外気にさらされ、
その上、家事などで体の中で一番使う場所だから。


何をするにもよく使うので、常に刺激を受けてる上、
紫外線を浴びる機会も多いので、
普通の生活の中で、ダメージを受け続けてるんです。

さらには、家事を行う上で、水を使うことも多く、
他のパーツに比べ、格段に乾燥しやすい。

なのに、顔みたいに日焼けにも気をつかわれないし、
乾燥してても、そのまま放置されがちなんです。

これ、お肌に置き換えると
どれだけダメージを受けているか、
どれだけ老化しやすい状況か、
よく分かりますよね?


また、手は体の他のパーツより、真皮が薄いので、
加齢による体内のコラーゲンの減少による影響を
受けやすく、他の場所より、シワや乾燥(かさつき)が
出やすいんですよ。


皮脂や水分の分泌量も、肌と同じように減るので、
バリア機能も低下するので、乾燥もしやすい。

そんなパーツを、日常生活の中では気遣わず、
特にお手入れすることもなく使い続けてたら…。
老化が早くて当然ですね(汗)


手の老化防止には保湿!


この手の老化を防ぐためのハンドケアですが、
何よりも大切なのが保湿です。

手の甲だけでなく、指先、指の間、関節を
マッサージするようにして
ハンドクリームを塗りこみましょう。

ハンドクリームは、塗る前に手のひらで
少し温めてから塗ると浸透力が上がります。


ベタつくから、あまりハンドクリームは好きじゃない、
という方は、寝る前に塗るのがオススメ。

寝る前に保湿効果の高いハンドクリームを塗り、
その上から、手袋をして寝ると、
翌朝には手がふっくらとしますよ。

でも出来れば、日常的にハンドクリームを使い、
水仕事の後の乾燥などから、
手を守るようにした方が良いですね。

ど~~しても、ハンドクリームが苦手だ!
というのなら、スキンケアをする時に、
同じように手にも化粧水と乳液を使って下さい。

これだけでも、かなり違ってきます。

余裕があるなら、化粧水を含ませたコットンで
手をパッティングすると、より効果的です。


水仕事で手が荒れる、手が乾燥しがちな方は、
水仕事の前に、ハンドクリームを塗り、
その上からゴム手袋をはめて作業をすると、
手荒れを防げます。

その際、水ではなくお湯を使うようにすると、
手袋がお湯で温められ、スチームのようになり、
ハンドクリームが手に浸透しやすくなりますw

お湯を使って、お皿を洗ったりすると、
手がどうしても乾燥しますが、
こうする事で、乾燥も防げるし、
ハンドケアにもなって一石二鳥です。


とにかく乾燥することから手を守り、
コツコツとハンドクリームを塗って
保湿することがポイントです。


あとは紫外線予防として、UVケアを忘れないことかな。

基本はお肌と一緒ですね。


手は、自分からはあまり見えないのに、
人からはよく見られてしまう場所です。

ネイルのオシャレを楽しむのも良いですが、
それを、さらに綺麗なものにする為にも、
見た目年齢を下げるためにも、
ハンドケアを頑張っていきましょう。


■管理人が手の老化を防ぐために使ってる商品


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ