蒸し暑い日が続きますが、日差しそのものは
すっかり秋になりましたね。

空が高くなった分、肌に当たる日差しが
柔らかくなった気がします。

ですが!

秋になったら、紫外線対策をしなくて良い、
なんてことはありません!


「もう夏過ぎて、秋になったから
 日焼け止め塗らなくて良いや~♪」
とか思ってる方、それ間違いですからね。

9月・10月は、真夏より紫外線量が減ってるだけで、
紫外線がなくなるわけじゃないんですよ。


秋は秋で紫外線対策は必要なんです。

秋の紫外線量についてや、
秋の紫外線対策のポイントを説明するので、
夏に引き続き、しっかり紫外線対策して下さい。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

秋の紫外線状況


9月・10月の紫外線量は、真夏よりは減りますが、
激減するってほど減りません。

真夏の40~70%に相当する量の
紫外線が、しっかり降り注いでます。


加えて、秋の紫外線は日焼けの原因となる
UVBは減少しているけれど、
皮膚の真皮層を攻撃するUVAは、
あまり減ってないんです。

…ってことはですよ。

日焼けをしにくくなってるだけで、
顔のたるみ・シワなどの「光老化」の脅威は
ほとんど減ってないということ。


この状態の中、もう秋になったから~♪と、
紫外線対策しなくなったら…。

確実に光老化の影響が出ます:(;゙゚'ω゚'):

早ければ、冬には肌がカサカサになりますし、
今すぐに変化がなかったとしても、
紫外線ダメージというものは、
確実に肌へと蓄積されます。

肌の老化を防ぎたいのなら、
いまの季節でも、紫外線対策は必至です。

また、紫外線量のことだけでなく、
秋は肌状態が弱りがち。


秋から冬へかけては、どんどん肌が乾燥し、
肌の皮膚バリアが弱まって
紫外線を通しやすくなってます。

夏に紫外線ダメージを受けて弱ってるなら、
なおさらです。

おまけに、今の時期は気温が変わりやすく、
体調や肌の調子が不安定になりがちで、
やっぱり皮膚バリアが弱りますので、
紫外線に対しても弱くなってます。

もともと夏の暑さや、季節の移り変わり、
どんどん進む乾燥などで、
弱りがちなのが秋の肌なんです。

それなのに、暑くなくなったというだけで、
紫外線対策をやめてしまったら、
さらに肌の乾燥は進むは、皮膚バリアは弱るはで、
いろんな肌トラブルを起こす原因になります。


弱った肌を守るためにも、
秋の紫外線対策は必要なんです。


秋の秋の紫外線対策方法


肝心の秋の紫外線対策方法なんですが、
使う日焼け止めに、少し気をつけましょう。


しつこいようですが、秋の肌は弱ってます。

そこへ強い日焼け止めを使うと、
それ自体が刺激になりますし、
落とす時の肌の負担も大きいんです。

夏より効果の弱い、刺激の弱いものを
選ぶようにしましょう。


夏に引き続き、帽子や日傘、
サングラスを使うのも良いですね。

それにプラスして、ストールなどを使い、
肌を晒さないように意識しましょう。


…要するに、秋だからといって
気を抜かずに、引き続き紫外線対策を
頑張りましょうね、ということですw

肌の弱り具合を見ながら、日焼け止めを
肌に優しいものに変えたり、
化粧下地でカバーするようにする、
という事にだけ気をつければ、
基本的なことは、何も変わらないです。

「紫外線対策って、いつまでやればいいの?」
と思わないでもないですが、
こればっかりは、頑張らないとしょうがないw

秋は行楽シーズンだし、行事は多いしで、
外に出かける機会がとても多い季節ですので、
しっかり紫外線対策していきましょう!


■管理人が試した肌に優しい日焼け止め


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ