前に秋こそ紫外線対策をしなきゃダメ!で、
秋の紫外線対策の必要性や方法を書きました。

その時、色々調べてて気付いたのですが、

「紫外線 目 痛い」とか「紫外線 目 痛み」

という、単語がやたらと目につくようになってました。

「紫外線で調べて、こんなワード見ることないのに。
 なんか秋になって急に出てきたな~」
と、気になったので調べてみたら…。

どうやらこれも、秋になって紫外線対策に
気遣わなくなったことが原因で
起こりがちなことのようです。

「秋になって目の紫外線対策を怠るようになった」
ことが原因で、目が痛くなったり、疲れたり、
ひいては頭痛に悩んだりするようです。

それもそのはず、秋は紫外線が目に入りやすいんですよ。

「そういや、私も最近、目が痛いな~」などと
呑気に考えていたのですが、そこで思い出したのが、
紫外線が目に入ると日焼けをするということ!

秋は紫外線が目に入りやすくなるってことは、
油断してたら、目から日焼けしやすいってこと!?

うわ~油断しまくってた!
え?秋の紫外線対策って目が重要なの?
何したらいいの?

と、思いっきり焦って、秋の紫外線の状態や、
目への影響などを調べました。

「なんか秋になってから、目が痛いわ~」など、
思い当たるフシがある方は、続きをどうぞ。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

秋になったからといって、紫外線量が激減するわけじゃない。
夏よりは少ないけれど、秋も確実に紫外線は浴びる。

ということは、秋こそ紫外線対策をしなきゃダメ!
紹介しましたが、今回さらにそこに追加。

「春から秋にかけ、目に入る紫外線の量は
 朝・夕が日中に比べて約2倍になる」


ということ。

秋になり、太陽の角度が傾いてくることで、
紫外線の影響を目から受けやすくなります。

これは、ジョンソン・エンド・ジョンソンと
金沢医科大学の共同調査によって明らかになっています。

一般的に、紫外線が強いのは10~14時なので、
同じように目に浴びる紫外線も、
この時間帯が多いと思われていたんですが、
これが違ってたんですね~。

春・夏・ 秋 において、目に関していえば、
太陽高度の低い朝・夕の時間帯の方が、
約2倍の紫外線を浴びているんです。

具体的に言うと、9時と14~15時です。

この時間帯が、目に入る紫外線が最大値になります。

朝は通勤の時間帯だし、昼間はお出かけタイムですね(汗)

この時間帯、肌の日焼け止めを塗ってても、
目の紫外線対策をしてる人って、
どれくらいいるでしょう…?

秋になり、日差しが弱くなったから、
肌の日焼け止めは塗ってるけど、
サングラスや日傘を使わなくなった。

こういう方が、ほとんどなんじゃないでしょうか。

これだと肌の紫外線対策は万全でも、
目の方はノーガードですよね。

これは…マズイ!

さらにマズイことには、秋のは陽が低くなる分だけ、
室内に紫外線が入ってくるので、
室内でも油断できません。



私……めっちゃくちゃ身に覚えがあります(;´Д`)

「部屋の中に太陽の光が入ってきて、
なんか目が痛いわ~」と言った記憶がありますw

「まぶしくなくなったし」とか言って、
紫外線対策メガネもしてないし、帽子もかぶってないわ…。

そりゃ、目が痛くなったりするはずだわ(´Д⊂

秋は空気が澄んる分、紫外線が通りやすくなってるのに、
目だけ防御力ゼロで過ごしてたら、痛みもするわ!

くどいようですが、目に紫外線を浴びると
日焼けしますし、肌老化も進んでしまいます。

それを防ぐため、夏に紫外線対策しまくって、
やっと秋になったのに、
秋になって目の紫外線対策をしなきゃ、
夏の苦労が全部パーですよ。

これからは、ちゃんと秋の紫外線対策として、
目を紫外線から守っていきましょう!

あ、紫外線対策メガネやサングラスの選び方は
こちらを参考にして下さいね。

ちゃんと効果がある、紫外線対策メガネ(サングラス)の選び方


美容面ばかり強調してますが「紫外線 目 痛い」という
検索ワードが増えてることからも分かるように、
紫外線を浴びるで、目の痛めてる方も多いんです。

また、痛みだけでもイヤなものですが、
慢性的な目の充血が続いたり、
白内障などの眼病リスクが高まります。

肌老化などの美容面だけでなく、眼の健康を守るためにも、
夏に引き続き、秋も目の紫外線対策をしていきましょう。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ