ほうれい線は、顔の表情の動きによって表れるシワが、
顔のハリや弾力が失われて、元に戻らなくなったり、
深くなってしまったものです。

この原因は、顔のたるみと老化です。

顔の筋肉がたるんでしまったり、
顔のリンパのめぐりが滞ったことによって、
顔の潤いやハリが失われてるんですね。

お顔が痩せてきてたり、肌が乾燥している人の
ほうれい線が目立つのは、肌の潤いやハリがないからです。

そこで、今日は顔のリンパの流れをスムーズにし、
新陳代謝をアップしてくれる、ツボ押しマッサージを
紹介したいと思います。

このツボ押しマッサージ、リフトアップ効果もあるんですよ。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

では早速、ツボ押しマッサージのやり方を・・・の前に。

ツボ押しのポイントと注意がありますので、
そちらを先に説明しておきますね。

お顔のツボを押す時は、やさしく・ゆっくりがポイント。

指の腹を使って、ゆっくりと押してくださいね。

息を吐きながら、3~5秒ぐらいかけてゆっくり押して、
ゆっくりと緩めて元に戻す。

これを3~5回ほど繰り返す、というのが基本です。

指の腹ではなく、指先に力を入れてしまうと、
肌に爪を立ててしまいがちなので、気をつけて。


体のツボを押すときよりも、力を入れないで下さい。

顔は体よりも、はるかにデリケートですので、
同じように押すと、かえって肌を傷つけることになり、
逆効果になってしまいます。

では、ツボの場所と押し方を説明していきます。


巨りょう(こりょう)

小鼻の外側と、黒目からまっすぐ下に下ろした線が
交わうところ(頬骨の下あたり)にあるツボです。

笑顔のツボとも呼ばれ、上唇を引っぱる頬の筋肉と、
お肌のハリをアップしてくれます。

人差し指の腹で、指を垂直に軽しましょう。
左右同時に5秒押し、ゆっくりと離すを5回繰り返します。


地倉(ちそう)

口のすぐ横、口角の外側にあるツボです。

リンパのめぐりを良くし、口角をアップしてくれます。
顔のむくみやハリ・ツヤにも効果があります。

食欲抑制の効果もあるとも言われていて、
女性にとっては、とても有り難いツボですw

左右同時に5秒押し、ゆっくりと離すを5回繰り返します。


下関(げかん)

耳の付け根から、鎖骨に沿ってへこんだところ、
口を開け骨が持ち上がる部分にあるツボです。

歯を噛みしめて力を入れると、グッと盛り上がるところです。

血行促進効果があり、新陳代謝をアップしてくれる上に、
筋肉を引き上げる効果もあります。

人差し指の腹をツボに当てて、皮膚を上に押し上げるように、
優しくマッサージして下さい。

ここ、力を入れて押すと、すごく痛いので、
「優しくマッサージ」にしてくださいね。


いかがでしたか?

ツボの場所さえ覚えてしまえば、いつでも出来ますよね?

ほうれい線を消すツボ押しマッサージ、と書いてますが、
朝のスキンケア前にすると、化粧ノリがアップしますし、
夜のスキンケア後や、就寝前にも効果的ですので、
スキンケアの一部として、取り入れると良いですよ。

ほうれい線だけじゃなく、顔全体に効果がある、
アンチエイジングなマッサージだな~と思います。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ