その効果の高さとコスパの良さから、
人気大爆発のニベア(青缶)。

昔からあるアイテムですが、
これまでにない程、重宝されてますよね。

その重宝具合が、私の知らない間に
進化しているようで、

ニベアと○○を混ぜて使う

という美容法が、やけに活発化しております。

ニベアに色々なものと混ぜて使うことで、
さらに効果が強化されたり、短所が補えるとして
ニベアに何かを混ぜるのが人気になっています。

例として

ニベア+ユースキンS
ニベア+ニベアソフト
ニベア+ガスール

など、色々とあるんですが、
それらを押しのけて、めっちゃ気になったのが

ニベア+馬油

これは!ニベアも馬油も大好きな私が
試さないわけがない!試さないでどうする!

と、いうわけで。
ニベアに馬油を混ぜて使ってみました。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 
…さて、テンションが上がりまくったは良いものの。

「ニベアに馬油を混ぜる」の詳しい説明は
分量も含め、ま~ったく説明がないので、
手探り状態で始めてみた。

あちこちの口コミを見ると

「ニベアがよく伸びるようになった」

という感想がほとんどだったので、
ニベアが主体と判断してみて、

人差し指の先(第一関節くらいまで)に
とったニベアに、米粒大くらい混ぜてみた。

すると、いつもは伸びにくく固いはずの
ニベア(青缶)が、馬油のおかげか、
めっちゃクリーム化する!

手でクルクルっと、混ぜるだけで簡単に混ざります。

ニベアを馬油で「伸ばす」ような状態ですね。

ニベアに対して、馬油の占める割合を
多くすればするほど、ゆるいテクスチャーになります。

これをすべてのスキンケアが終わった後、
最後の仕上げとして使います。

私は上に書いた分量で、バランス的にも
顔全体を覆う量としても丁度良かったので、
あれを基本としてます。

空気の乾燥がひどい時は、ニベアと馬油の
どちらの量も多くして、かなりベッタリにするなど、
色々と調整してます。

肌の乾燥具合によって、自分に合った状態を
作り出すと良いでしょう。

「これくらいの固さが良いな」という
好みもあるでしょうしね。


ニベア+馬油の使い心地


で、肝心の使い心地なんですが、
ニベアと馬油の短所を、補い合うような使い心地です。

ニベアの青缶って、とにかく伸びにくいし、
固いテクスチャーなので、ちょっと使いづらい。

まぁ、あれ、ボディクリームなので、
「固いクリームを伸ばして塗ることが、
 マッサージになる」という面もあるんですが、
顔に使うには、ちょっと使いづらいし馴染みにくい。

それが馬油と混ぜることによって、
伸びやすくなるし、馴染みやすくなります。

また、馬油の「血流改善」効果が影響するのか、
ニベア単体で使う時みたいに
顔が冷たくなることがありませんね。
(↑地味な効果ですが、ひそかにお気に入りw)

一方、馬油の方ですが、これが不思議なことに、
ベタつきが解消されます。

馬油は効果の高さも、伸びの良さも抜群ですが、
「もっと保湿したいな」と思って量を多くすると
いきなりベタつきます。

それがニベアと混ぜることで、かなり改善されます。


ニベア+馬油の効果


一番の効果は、水分を逃さない「蓋」としての
役割が長時間持続することかな。

馬油単体で使うと、今の季節、
意外に長持ちしないんですよね。

けっこう乾いちゃう。

というか、浸透性が高い分、「肌の表面を覆う」
役割においては長持ちしない。

この浸透性の高さが、夏は大助かりだけど、
冬には、裏目に出てる感じ。

かと言って、長時間持続する程の量をつけると、
思いっきり肌がべたついちゃうし。

それがニベアと混ぜることによって、
馬油単体の時よりも、蓋としての役割が
長時間、持続するようになります。


これが「ニベア+馬油」の一番のお気に入りの効果。

あと効果とは少し違うかもだけど、
ニベアと馬油の使用量が、どちらも減るし、
ニベア単体の時より、肌に均一に塗れる。

ただ、ニベアは伸びにくい分だけ、
ついつい使用量が多くなりもするし、
うまく伸ばさないと、一定箇所だけ
量が多くなったりと、肌の上で均等になりにくい。

ボディみたいに、マッサージ代わりに
力を入れて伸ばせるなら良いんだろうけど、
肌の上で、それをやるのには抵抗がある。

それが馬油を混ぜることで、柔らかくなり、
簡単に伸びるようになるので、
使用量も少なくなるし、均等に塗れるようになる。

ニベアだけ塗る時より、肌への負担が少ないと思う。

あとは、水分を逃さない「蓋」の役割が
長時間働くことによって、当然のごとく
肌が乾燥しなくなり、もっちりしますね。

水分を逃さない+馬油とニベアの保湿

というダブルの効果がありますね。

馬油だけ、ニベアだけ、の時よりも
ベタつかず、肌への負担も少なく、
それでいて保湿力が高いので、かなり気に入ってます。

私はニベアを使いすぎると、
ニキビが出来るのですが、
この方法だと、ニキビが出来ないのも嬉しい♪


もちろん、この方法でもニキビが出来ちゃったり、
「そもそも混ぜて良いものなの?」と
思う方もいらっしゃると思います。

「ニベアの成分が、肌に浸透しそうでイヤ」って
思う方もいらっしゃるでしょうし。

そういう方にはオススメしませんが、
「肌の乾燥が治るなら、いろいろ試してみたい!」
という方には、試す価値アリのスキンケア方法として、
候補に挙げて欲しいスキンケア方法だと思いますよ。

顔だけじゃなく、かかとのガサガサなんかにも
効果がありますので、そっちにもどうぞ♪


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ