「日経ヘルス 2014年2月号」には、前回紹介した
ほうれい線を消す「そしゃくエクササイズ」の他にも
多くの「たるみ解消エクササイズ」が
載っていて、とてもお役立ちです。

ここ最近は「今日はこのエクササイズを
やってみよう」と、あれこれ楽しんでおります。

その中でも、一番力を入れているのは、
ほうれい線改善エクササイズなんですが、
そのエクササイズが載ってるページに
ちょっと気になることが載ってました。

それは、

ガムを噛むと、目の周りの血流がアップし、
疲れ目にも効果がある


ってことです。

ガムを噛むと、ほうれい線に効果があるのは
よく知られてることですが、
疲れ目にまで効果があるとは。

読んだ時は「ふーん」とスルーしかけたのですが、
「疲れ目」が、目の下のたるみどころか、
ほうれい線にまで影響する
ことを思い出し、
「これは使えるのでは?」と思い調べました。

調べてみた結果、私が思ってたのは
「ガムって、すっごい若返りの効果があるかも」
ってことですねw

ガムを噛むことが、どこに・どのように作用して、
目の周りの血行や、疲れ目に効果がでるのかを
詳しく紹介しますので、顔の若返りを図りたい方は
続きを読んでくださいな♪

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 
まず、「ガムを噛むと目の周りの血行が良くなる」
ということの仕組みから説明しますね。

目には、毛様体筋・虹彩の筋肉・
外眼筋の3つの筋肉があります。

この3つの筋肉が凝り固まって
血行が悪化すると、疲れ目の原因になります。

今回、関係してくるのが、
この中の「毛様体筋」です。

毛様体筋は、目のピント調整に
関わる筋肉なんですが、
パソコンの画面などの近くを見る時は、
毛様体筋は緊張した状態になってます。

だから、パソコンやスマホを見続けることは、
「毛様体筋が緊張し続けた状態」になり、
筋肉に負担がかかり続けます。


その状態が続き、血行不良や
筋肉疲労が起こった状態が
みなさん、ご存知の「疲れ目」です。

毛様体筋が緊張して「凝り(こり)」が
出来ていると考えてください。

で、「凝り」をほぐすにはどうしたら良いのか。

答えは簡単。
凝ってる部分の血行を良くすれば良い!

ここで登場するのが、ガムです。

ガムを噛むと、毛様体筋の血流が増加します。

ガムを噛む前に比べ、噛んだ直後は
なんと167.6%にまでアップ!

噛んでから20分後も、平均113.2%と
けっこうな持続性があるようです。

こんなに血流がアップするなんて、
そりゃあ、疲れ目に効果があるってもんです。

疲れ目に効果があるということはですね。

疲れ目が原因でおこる、目の下のたるみや
ほうれい線の改善にも役立ちますよね?


疲れ目が目の下のたるみの原因になる
目の疲れがほうれい線の原因になる!?

これは……かなり良い感じだわぁ♪♪

私なんて、明らかに疲れ目が
目の下のたるみに影響してますから、
もう、どんどん噛んでやろうと思いますw

ほうれい線に関しては、疲れ目とか関係なく、
「ガムを噛む」という動きが、
そのまま、ほうれい線改善になりますしね。

ガムを噛むことで、唾液の分泌も多くなるから、
唾液に含まれる若返りのホルモンも
多く出るだろうし…コレものすごい若返るかもw


ちなみに。

ガムだけじゃなく、おせいべいや
するめにも同様の効果があります。

「噛む(咀嚼する)」ということが、
目の周りの血流改善に繋がっているので、
疲れ目の時には、多く噛む食べ物を
積極的に食べると良いです。


「噛む」ということは、疲れ目、目の下のたるみ、
ほうれい線
、と、多くの効果がある上に、
見た目的にも若くなります。

多方面に効果がある「噛む」という動作を、
もっと大事にしていきましょうね。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ