お肌が乾燥しがちな冬。

肌の保湿にばかり目が行きますが、
髪の毛の乾燥についても、
ちゃんと気をつけてますか?

冬は、肌と同じように、
髪の毛も乾燥しがちなんです。


お肌の乾燥ほど目立たないので、
髪の毛の乾燥については、
あまり意識してないって方が多いのでは?

髪の毛がパサつく・ゴワゴワする
髪が広がる
静電気が起こりやすい


こういう状態になっていたら、
あなたの髪の毛は乾燥してます。

このまま、髪の毛の乾燥を放っておくと、
どんどん髪が弱っていき、
枝毛や切れ毛の原因になりますし、
その髪の痛みが原因で、さらに乾燥するという
負のスパイラルに陥ります。

そこまで行かなくても、パサついて
艶のない髪の毛は、女子力も低けりゃ、
老けて見えもしてしまいます。

そうならないための、冬の髪の毛の乾燥対策
いくつか紹介していきますね。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

髪の毛を乾燥した空気に晒さない


帽子をかぶるなどして、乾燥した空気から
髪の毛を守るようにします。

こうすることで、乾燥した空気に
髪を晒さないことにもなりますし、
同時に、適度な湿度も保てます。


これ、肌を乾燥させないために、
マスクで顔を覆うのと同じことですねw

簡単にほうれい線予防をしてくれるアイテム

単純ですが、一番効果があると思います。

髪の毛と同時に、頭皮も乾燥から守れて
一石二鳥の方法です。
(ただし、頭皮が蒸れる人は注意)

帽子をかぶるだけで、頭がめっちゃくちゃ
温まるので、寒がりの方にもオススメ。


トリートメントを活用


髪が乾燥して、水分が失われると、
キューティクルが剥がれやすくなります。

すると、髪の内部の水分が流出しやすくなり、
髪が潤いを保てなくなり、
ますます髪の乾燥が進む、という、
負のスパイラルに陥ります。

それを防ぐために、洗髪時にトリートメントをし、
髪を内部から補修します。

トリートメントは、髪の毛の補修と同時に、
水分補給もできますので、
髪の毛の保湿力の回復ができます。


トリートメントを付けた後、
タオルで髪を包んで、しばらく置くと、
トリートメントが浸透しやすくなりますよ♪


ドライヤーの使い方に気をつける


髪の毛は乾かさないと傷みますが、
ドライヤーを当てすぎて、
乾燥させすぎてもいけません。

ほんの少し、湿った状態のところで
終わらせるようにしましょう。


キューティクルの流れに沿うよう、
上から下へ、頭頂部から毛先へ、
という流れで乾かすのが理想。

こうすることで、キューティクルが整い、
髪の毛に艶が出るようになります。

乾燥させないよう、ドライヤーを使う前に、
ヘアオイルなどで髪を保護するのも良いですね。


静電気に気をつける


冬に乾燥した状態で、髪をブラッシングすると、
静電気が起こることがあります。

あの静電気、大したことないように
思いがちですが、あれも立派な電流です。

しっかり髪にダメージを与えます。

「ブラッシングのたびに、静電気に困ってる」
という方は、ブラッシングのたびに、
静電気によるダメージを受けてることになります。

これを防ぐためにも、ブラッシングの前に、
軽く髪の毛を湿らせるようにして、
静電気が起きにくいようにしましょう。

もっと良いのは、ブラシを替えること。

プラスチック製のブラシを使ってる方は、
木製のブラシに替えるだけでも、
かなり違ってくるはずです。

加湿器で部屋を適度な湿度を保つのも、
静電気防止に役立ちます。
(肌や髪の乾燥も防げます)


冬の髪の毛の乾燥対策
いくつか紹介してきましたが、
どれも、わりと簡単なものですよね?

慣れるまでは面倒かも知れませんが、
トリートメント以外は、
慣れちゃえば、どってことないです。
 
少しだけ気をつけて、美しい艶髪が保てるんだし、
ちょっと頑張っちゃいましょうね。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ