春になると、肌がやけに不安定になり、
急に乾燥したり、痒くなったり、
肌荒れに悩まされるようになる。

こういう肌状態に、悩まされてる方、
いらっしゃいませんか?

私は、春先に、よく肌荒れをおこし、
世間さまが希望や期待に輝いてる春なのに、
どよーんと沈んでいましたw

こういった「春の肌荒れ」が起こっちゃうのは、
私の肌が、冬から春への季節の変化に
ついていけないのが原因だと思ってましたが、

花粉症乾燥肌(花粉症皮膚炎)

という、花粉が原因で乾燥肌になってる状態
だったのかも知れません。

「花粉のせいで、乾燥肌になるの?」
と、不思議な気がしますが、
実はものすごく密接しております。

というか、花粉症の症状の1つとして、
乾燥肌になってるんですよ。


↑コレを自分で自覚せずに、
ただの肌荒れだと思っていたら、
いつまで経っても、症状は安定しません。

花粉症乾燥肌(花粉症皮膚炎)の症状や
対策となるスキンケア方法
を紹介するので、
「この時期になると、やけに肌荒れする」
という方は、一度ご確認下さい。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

花粉症乾燥肌(花粉症皮膚炎)ってなに?


花粉症乾燥肌とは、肌にスギやヒノキの花粉が
付着して、肌が荒れる症状のことを言います。

花粉症の症状と言うと、目の充血や鼻づまりなど、
目や鼻に出るものばかりを連想しますが、
実は皮膚にも出るんですね。

それが、花粉症乾燥肌です。

目の周り(まぶた)や、顎から首にかけて
皮膚がカサカサと乾燥したり、
肌荒れを起こしたり、という症状が出ます。

また、かゆみや、かゆみを伴うむくみ、
赤く腫れぼったくなるなど、
皮膚炎に似た症状が出ることもあり、
花粉症皮膚炎とも言われます。

スギ花粉が肌に付着することで、
皮膚が炎症するということで、
花粉皮膚炎(スギ花粉皮膚炎)とも言われます。

花粉症の症状の1つとして、
乾燥肌になったり、皮膚炎になったり、
という状態になってると思ってください。


花粉症乾燥肌(花粉症皮膚炎)の原因


花粉症の時期は、

  • 空気がひどく乾燥している
  • 紫外線がどんどん強くなってくる
  • 花粉というアレルギー物質

という外的刺激と

  • 環境の変化によるストレス
  • 気温の寒暖差による自律神経の乱れ

という内的な原因。

これらによって、肌のバリア機能(免疫力)が
低下しやすい状況にあります。

この肌のバリア機能の低下が
花粉症乾燥肌(花粉症皮膚炎)の原因です。


肌のバリア機能が低下すると、
まず、肌が水分を保てなくなるので、
肌が乾燥します(花粉症乾燥肌)

肌が乾燥すると、ますますバリア機能は低下し、
乾燥だけでなく、花粉などの外的刺激から
肌を守りきれなくなります。

そうすると、肌に付着した花粉からの刺激を
防げなくなりますので、かゆみ、肌荒れ、
炎症などを起こします(花粉症皮膚炎)

「花粉症によって、乾燥肌になり、
 乾燥肌になるから、花粉症の症状が加速する」

という、恐ろしい負のループが出来上がってます(汗)

実際、乾燥肌の人ほど、花粉症になりやすい
というデータもあるんだとか。

あと、肌のバリア機能が低下してる
アトピー肌・敏感肌の人も
この状態になりやすいです。


花粉症乾燥肌(花粉症皮膚炎)の対策・スキンケア方法


基本中の基本は、花粉を肌に触れさせないこと

温かくなるので、肌の露出が増える時期ですが、
花粉症対策を考えるなら、出来る限り、
肌の露出は控えるのがベスト。

帽子、スカーフ、メガネ、マスクを
駆使して、肌を花粉から守りましょう。

そのあたりの対策については、
花粉症シーズンの肌荒れ対策
詳しく書いてあるので、そちらをどうぞ。

そして、徹底した保湿を心がけた
スキンケアをしましょう。


乾燥が主な原因ですから、まずは保湿!
これをしないと、何も始まりません。

セラミドやヒアルロン酸など、
肌の潤いを守る成分を多く含む
化粧水や美容液を使いましょう。

化粧水や美容液を使う時は、
ポンポンと置くようにして、
決して、すり込まないように!

その摩擦ですら、弱った肌には刺激になります。

外から帰ったら、すぐに花粉ごと
メイクを落としてしまいましょう。

そのクレンジングの時も、顔をゴシゴシと
こすらないよう、気をつけて下さい。

肌にかゆみや炎症を起こしている場合は、
消炎効果のある化粧品を使うと良い…と言いますが、
出来るだけ皮膚科に行くことを推奨します。

一度、かゆみが出ると、なかなか治らず、
ヘタすると、夜も眠れなくなるので、
その前に受診してください。

あと、ベースメイクは、花粉から肌を守るので、
した方が良いですが、リキッドではなく、
パウダリーファンデを使いましょう。


リキッドだと、油分が多いだけに、
顔に花粉が付着して、取れなくなります。

どうしてもリキッドタイプのものを使いたいなら、
その上から、お粉をはたいて、
肌の表面がサラリとするようにして下さい。

夜に家の中で、乳液やクリームを使って
がっつり保湿をするのは良いんですよ。

でも、家の外に出る時に肌の表面を
ペタペタするのはNGです。

最後に、部屋の中の湿度を上げて下さい。

部屋の中の空気が乾燥していると、
肌の乾燥が進むのはもちろん、
静電気によって、部屋の中の花粉を
自分の周りに集めてしまいます。

こうならないよう、加湿器などを使って、
部屋の乾燥対策もしてくださいね。


ここまで長々と説明してきましたが、
花粉症対策をしつつ、保湿重視のスキンケアを
心がけていれば大丈夫です。

そこに「いつもより刺激を与えない」
ことをプラスすれば、ベストですね。

いま、症状が出てなかったとしても、
これからどんどん紫外線が強くなるので、
それに備えると思って、しっかり保湿して下さい。


■管理人が試した肌をしっかり保湿する化粧品


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ