全国的に気温が上昇し、真夏日になる所が
どんどん増えています。

こう暑いと、服装もどんどん薄着になり、
見た目も涼し気なものを選ぶようになります。

この「涼し気な服」が、実は日焼けしやすい
ということを、あなたはご存知ですか?

特に、白い服。

白い服は、見た目が涼しそうだし、
清潔感はあるし、で、
夏には人気の色ですよね?

でもね、日焼け対策(紫外線対策)としては
白い服はNGなんです。

むしろ、白い服は日焼けしやすい服です。

なら、日焼けしにくい服とはどんなものか。
色・素材など、項目別に紹介しますね。

日焼けしにくい色や素材のものを選んで
着るだけで、簡単な日焼け対策になるので
美白に力を入れてる方には、

ちゃんと効果がある、紫外線対策メガネ(サングラス)の選び方
ちゃんと紫外線から守ってくれる日傘の選び方

これらの紫外線対策と合わせると、
かなりの日焼け対策になると思いますよ~。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

日焼けしにくい服の色


最も日焼けしにくい服の色はです。

黒は紫外線を吸収するので、
黒い服を着ていれば、服に紫外線が集中し、
体や顔が焼けません。

逆に、白い服は紫外線を跳ね返すので、
服に跳ね返された紫外線が
顔に当たり、日焼けしやすくなります。

基本的に「薄い色は日焼けしやすく
濃い色は日焼けしにくい」と考えて下さい。

日焼けしにくい順に並べると、

黒>濃い色>薄い色>白

ということです。

ちなみに日傘の選び方は逆になります。

日傘の表面は、紫外線を跳ね返す白や
薄い色を選ぶほうが、熱を吸収しません。
(※UVカット加工した日傘に限る)

そして、地面から照り返す紫外線が
顔に集まりまらないように、
日傘の内側は黒や濃い色にします。

表面が白く、内側の色が黒い日傘をさし、
さらに濃い色の服を着るのが
外出時の日焼け対策としては良いわけです。


日焼けしにくい服の素材


これも色と同じく、夏に好まれそうな素材は
基本的に日焼けしやすいと思って下さい。

具体的に言うと、綿や麻などの
通気性が良い素材です。

通気性も良く、汗も吸い取ってくれるので
着心地は良いのですが、
通気性が良いということは、
生地に隙間があり、薄いということです。

こういう素材は、紫外線も通しやすいんですね。

綿や麻でも、目が細かく詰まってるものなら
紫外線も通しにくいのですが、
この時期の、綿・麻素材の服で
目が詰まってるものって、あまりないですよね。

肝心の「日焼けしにくい服の素材」は、
今まで書いてきた特徴の真逆の素材です。

つまり、

通気性があまり良くなく、厚みがあり、
生地に隙間のない素材の服。


こういう服が、日焼けしにくい服なんです。

ポリエステルレーヨン
当てはまります。

汗っかきで、かぶれやすい私は、
とっさに、

「真夏に、ポリエステル素材の服なんて
 汗は吸わない、通気性は悪いで、
 蒸れそうなんやけど…」

なんて、拒否反応を示してしまったんですが
今、自分の服を確かめてみたら、
ふつ~~に、ポリエステルもレーヨンも
入ってますねww

さすがに「厚手で、ポリエステル100%」は
耐えられそうにないけど、
薄手なら、普通に着てるのあるし。

思ってるより、全然キツくはないかな?

まぁ、無理にポリ100%にこだわらずとも
最近の、UV加工がついたパーカーは
だいたい、ポリエステル、レーヨン、綿の
混合素材になっていますので、
普通にUV加工のアウターを選べば良いかと。

それか、アウトドアブランドの機能性が高い
服を選んで着るとか。

最近のアウトドアブランドの化繊の服は
通気性が良くなってたり、
汗が蒸発しやすくなってるそうなので、
自転車に乗って通勤してる方は、
そういう系統のお店で、相談してみるのも良いかも。


日焼けしにくい服の色・素材の説明は以上です。

これらを踏まえた上で、洗濯の時に使う洗剤を
紫外線カット効果のあるものにすれば、
さらに、日焼けしにくくなると思います。

体の日焼けは、顔のシミを濃くしますので
シミが気になってる方は、
上手に取り入れていってください。

体が日焼けすると、顔のシミ・シミ予備軍が濃くなる

ただし、やり過ぎは禁物。

自分の体質を無視するような
服の選び方はしないで下さい。

ご自分の汗のかきやすさ、かぶれやすさ、
暑さへの耐性、外に居る時間などを考え
どれを取り入れるかを決めて下さいね。

日焼け対策も大事ですが、
体調を崩さないことの方が、もっと大事ですよ


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ