いきなり真夏日が続いたと思ったら、
これまた、いきなり梅雨入りしましたね。

ジリジリと焦げ付くような太陽の光が
雨で隠れたことにホッとしてしまいます。

毎日、キツイ日差しに焼かれてた肌も
ちょっと休憩できるかな~♪

ついでに、日焼け止めなんかの
紫外線対策も、ちょっと休憩♪

……なんて思って、紫外線対策を怠っちゃダメ!

1年で最も日が長く、太陽も高くなる6月は、
実は1年で1番紫外線量が多いんです。

それは梅雨入りして、雨が降っても
曇り空が続いても変わりません。

6月の紫外線量を知ったら
「こんな紫外線量の中、無防備に過ごすなんて
 自分はなんてことをしてたのか!」
と、後悔してしまうくらいなんですよ。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

6月の紫外線量は多く、そして強い


6月は梅雨があるので、紫外線量は少ない、
なんて思われがちですが、
むしろ、一年で最も紫外線量が多い時期です。

なぜ、6月の紫外線量がそんなに多いのか。

それは6月に夏至があるからです。

紫外線量というのは、太陽の高度が高いほど
多くなるものですが、
日本で太陽の高度が最も高いのが
夏至なんですね。

ゆえに、夏至がある6月が紫外線量が
1年で一番多く、そして強いんです。

ただし、6月は梅雨があるせいで、
曇りや雨の日も多く、
日照時間そのものは少なくなります。

その分だけ、紫外線量も少なくなるので
1ヶ月間平均の紫外線量は
8月の方が多くなります。

あくまで「1ヶ月間平均の紫外線量」です。
8月は、ほとんど晴れてますから。

同じ条件(晴天)にすると、
6月の方が紫外線量が多いんですよ。

だから、梅雨のイメージに引きずられて
「6月って紫外線少ないよね~」なんて
勘違いをしてたら、痛い目にあいます。

普通に晴れてる日はもちろんのこと、
雨の合間の晴れ間に要注意!

「雨降ってるからいいわ~」と紫外線対策をせず
外出していて、急に晴れた場合、
真夏よりも強い紫外線を
無防備な肌に浴びてしまうことになりますよ。

特に、UVA(紫外線A波)。

UVAはたるみやしわなどを引き起こす
「光老化」につながる紫外線です。

UVAとUVBに関しての詳しい事はコチラ
2013年の日焼け止めは、PA++++が常識?

6月には、その紫外線A波(UVA)が、
真夏とほぼ同程度になってます。
そんな中に、無防備に肌を晒すんですよ。

ヘタしたら、一気に老けます:(;゙゚'ω゚'):

あと、雨の合間の晴れ間って、
水たまりが多くありますよね。

紫外線って、水面で反射するので、
この反射のせいで、浴びる紫外線の量が
増えてしまうんですよ(汗)

こうやって、梅雨の合間の晴れ間は、
上からも下からも強烈な紫外線を浴びてしまいます。

「一瞬の油断が命取り」みたいな状態に
なりかねないので、
梅雨でも油断せずに、紫外線対策しましょう。


「でも、雨とか曇りなら大丈夫なんじゃない?」
と、思ってるあなた。

甘い!甘いです!

「雨や曇りになると、紫外線量は激減する」
なんてのは、単なる思い込み。

曇りの日は、晴れの日の50~80%、
雨の日でも、晴れの日の20~30%

紫外線量が降り注ぎます。

ん?少なそう?
では言い方を変えましょう。

6月の雨の日は、12月の晴れの日と
同じか2倍弱の紫外線量で、
曇の日は、12月の晴れの日の3~5倍の
紫外線量になります。


…十分な量ですよね?

さらに付け加えると、曇っていても、
地表に届くUVA波の量はほとんど変わりません。

肌を焼く方のUVB波は減少するんですけどね。
老化の原因となる方の紫外線は
ほとんど減らないんですよ。

UVB波はUVB波で、空気中に散乱してたり、
建物やアスファルトに反射してるので、
曇りだからって、油断してると肌が焼けます。

ね?全然平気じゃないでしょう?

とにかく6月の紫外線量をなめてはいけません。

紫外線量が一年で最も多いという事実を
忘れないようにして、
日焼け止めや日傘に帽子などを
忘れないようにしましょう。


■管理人が試した肌に優しい日焼け止め


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ