今日、買ったは良いけど、読む時間がなくて
すっかり”積ん読”になってしまってた
「日経ヘルス 2014年4月号」を読もうとして
表紙に釘付けになりました。

「疲れると、老ける」だと…?

「最近疲れやすくなったというか、
 疲れをひきずるな」と思ってたので、
ギクッとした(汗)

…というか、よく考えたらこれを買った時も
同じようにギクッとしたから、買ったんだったw

いやいや、笑ってる場合じゃない。

これね、単に「疲れると老けて見える」
という単純な話じゃないんですよ。

疲れ、特に「翌朝まで持ち越す疲れ」は
老化に直結する
とか書いてるんですよ!

私みたいに、疲れをひきずってる人は、
老化に直結しやすい状態にあるってことです。

これはマズイ!ってことで、熟読しました。

で、疲れと老化が関係や、疲れを持ち越す原因
疲れにくい体を保つ方法
など、
お役立ち情報を、ザッとまとめたので、
皆さんにもシェアしますね。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

疲れと老化の関係


疲労と老化は、どちらも同じことが原因で
起こることが、研究で分かってきたそうです。

その原因は、活性酸素。

活性酸素は、細胞を傷つけ体をサビさせて
内蔵、皮膚、骨などあらゆる組織に
ダメージを与えます。

体がサビつく=老化の原因なんですが
その前の「細胞に傷をつける」ところで、
疲労が関係してきます。

活性酸素は、細胞を傷つけますが
一晩寝て細胞が修復されれば、
疲労は回復します。

それが上手くいかず、翌日に持ち越すと
活性酸素がつけた傷跡が残り、
細胞の機能を低下させます。

その積み重ねが、老化になるそうです。

特に全身の疲労では、自立神経の細胞が
影響を受けることが分かってる、とのこと。

「細胞を傷つけ、体をサビさせる」ことが
老化なのだとしたら、サビる前の
「細胞が傷つく」段階で修復してしまえば
老化にまで至らない、ってことかな?

なるほど。
疲労と老化、確かに繋がってますね。

その疲労の中でも、「全身の疲労」
目や肩など、一部に疲労を感じる
「部分疲労」に分かれるようです。

「部分疲労」は、ほとんどが「凝り」ですね。

部分疲労も、やっぱり活性酸素が関係してます。

活性酸素が生じたり、代謝が落ちることで
細胞の機能が低下してるんですって。

ふ、普通に疲れるだけでも、
アチコチのたるみの原因になるのに、
さらに老化するだなんて…。

<アチコチのたるみの例>
疲れ目が目の下のたるみの原因になる
目の疲れがほうれい線の原因になる!?

老化を防ぎたいなら、疲労を解消しないと
話にならないようですね。


疲れを持ち越す原因と解消法


傷つけられた細胞の修復が、すぐ行われず
疲労を翌日まで持ち越してしまうのが、
そもそもの原因です。

どうして、そんなことになるのか。

これが悲しいことに、加齢が原因のようで。

活性酸素に傷つけられた細胞を修復し、
疲労を回復させる物質があるのですが、
この物質の反応性が、加齢により低くなるそうです。

この物質の反応性を高めるのが
疲労回復のポイントになってきます。

そのためには、食事や運動、
そして睡眠を変えること。

特に睡眠が大事。

細胞を修復して、疲労を回復させる物質は
睡眠中によく働きます。


6時間以下だと、日中の眠気が増えて
効率が悪くなるし、長すぎるのも良くない。

だいたい平均7時間が理想なんだそうです。

まずは睡眠不足を解消しましょう。

次は食事。

貧血の人は、鉄分不足になり
酸素を運搬するヘモグロビンが足りないので
常に疲れやすくなります。

鉄分、特に、たんぱく質と結合した
「ヘム鉄」を積極的に摂るようにしましょう。

ヘム鉄を含む食べ物としては豚レバーが
有名ですが、苦手な方は比較的食べやすい
鳥レバーなどで鉄分不足を補って下さい。

鉄分不足解消はこの記事も参考にどうぞ
鉄分不足は肌荒れの原因になる

あとは、副腎の負担になるので
甘いモノとカフェインの摂取を控えること。

ストレスに対処するホルモン
「コルチゾール」を分泌する副腎の機能が
低下してしまうと、眠っても疲れが取れなくなります。

ですので、副腎の負担を減らすためにも
チョコレートやコーヒーは控えましょう。

最後に適度な運動。

疲労の原因となる酸化物質は、
腎臓を通って、尿から排出されますが
4時間以上座っていると、血流量が低下します。

腎臓への血流量を高めるために
1時間に1回、ストレッチをしましょう。
(太ももの付け根を伸ばすようなもの)

出来れば、休日はウォーキングなど
軽い運動をして、体の血流の流れを
良くしてあげましょう。

入浴で、リンパや血流の流れを良くすると
疲れも凝りもとれるのでオススメ。

この場合、半身浴が◎


結局のところ「健康的な生活を送ることが
 一番の老化対策」という結果に
落ち着く感じですね。

「ホント、年取ってくると、必要な物質が
減ったり、鈍くなるな!ヽ(`Д´#)ノ 」
なんて腹を立ててたのですが、
自分で出来ることも多そうです。

まずはこれを基本に、全身疲労を解消し
慢性的な疲れを取っていきましょう。

その上で、「部分疲労=部分的な凝り」
を解消していけば、疲れ知らずな
若々しい体になる!…かも知れないw


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ