QuSomeホワイト トライアルセットの中の
「守る」役割を担うQuSomeモイスチャーリッチクリーム


QuSomeホワイト トライアルセット

これまで肌与えてきた成分や潤いを
閉じ込めて守ってくれるクリーム。

「深いしわやたるみを押す返すのに必要な
 肌を支える力をサポートします。」
とも書いてあるし、ハリや弾力を与えるとも
書いてあるので、

「これエイジングケア用じゃないの?」

なんて勘違いをしてしまったクリームですね。
(実際、わりとエイジング向け)

水分と油分で分けると、
完全に油分的な保湿目的のクリーム。

これまでに使った美白アイテムによる
肌の乾燥を、これで完全に防ごう!
という感じですかね。

美白が気になる季節(初夏~真夏)を
基準に作ってあるのか、
油分的保湿と言っても、油分は控えめなので

夏にベタつかない程度に油分保湿をしたい
という人にはピッタリだと思う。

特に、乾燥肌、乾燥による肌しぼみが
気になる方には向いてるかな。


厳密に言うと、このクリームだけ
ホワイト製品からはハズレているので
これを使わなくても大丈夫ではあります。

美白効果にプラスして
肌にハリを出す保湿クリームが欲しいか、や
どういうタイプの保湿をしたいか、で、
このクリームに対する評価が変わります。

私個人の評価は…こんなんでしたというのを
レビューとして書いていきたいと思います。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

ビーグレン(b.glen)QuSomeモイスチャーリッチクリームの使用感と感想


QuSomeモイスチャーリッチクリームを手に出したところ。


適量はパール1~2粒なので、
画像くらいの量が、1度の使用量になります。

匂いは…やや薬品っぽさはあるものの
「薬品ぽいクリーム」程度なので、
そうは気にならないかなー。

見た目は、ホワイトクリームと一緒で
一見、ちょっと固めのクリームに見えます。

ただし、こちらは手で触ると
すぐに滑らかになる柔らかめのクリーム。

手に出してると、ジワジワと溶けて
柔らかくなっていくような感じです。

コクはあるけど、こってりしておらず
適度に瑞々しさのあるクリーム。

手でゆっくりと押さえることで、
肌全体に広がり、馴染みます。

伸びも良いし、浸透は早いし、熱に溶けるし
手の熱を使ってケアしやすいクリームですね。

肌に塗ると、肌表面はしっとりしつつも、
ベタつきが残らないクリームなので
美白が気になる季節には使いやすい。

逆に、秋冬はこれだけじゃ厳しいかも知れない。

私は、その日の気温や湿度によっては
「あれ?今日、これだけじゃ物足りない」
という時があって、全てのケアが終わった後
上からオイルを重ねてました。
(カスタマーセンターに問い合わせてOKもらった)

「ビーグレン製品の中で、
 一番こっくりしたクリームのようなのに
 これで物足りないって、私の肌はどうなってるのか?」

と思って、他の方の口コミを調べたら、
乾燥肌の方が大絶賛してたりするんですよね。

超乾燥肌なのに、朝までしっとりとか、
小じわがふっくらとか。

私、そこまで乾燥肌じゃないのに、
なぜ、この人たちみたいに効果が出ないのか。

ここで思い当たったのが、
自分の肌がインナードライ気味で、
油分より水分的な保湿を欲してるということ。

試しに、水分チェッカー(←買った)で
計ってみると、油分は十分足りてるけど
それに対して、水分は普通w

私が「物足りない」と感じたのは
「油分より水分を寄越せ!」と言ってるのかも。

完全に憶測ですけどね。

でも、顔のどこ計っても、このクリームを
塗った後は油分は足りてるんだもん。
これしか考えられない。

というわけで、私が感じた効果をまとめると
こんな感じになります。


ベタつかず、しっとりする


美白のために保湿は必要とは言うけれど
美白シーズンに、こってり保湿はキツイ!
肌のベタつきは不快だし、ニキビが出来る。

こういった不満を、一切感じなくなります。

塗ってすぐに、肌の奥へ浸透していくため
肌の表面に残らないのでベタつきません。

かと言って、保湿力がないわけじゃなく、
肌の表面はしっとりとします。


保湿力については、少々の物足りなさを
感じている私ですら、この使い心地には
一切の不満を感じません。

初夏なのに、肌に塗ってしばらく経つと、
すぐにサラリとなるので、
夏の肌のベタつきも感じず、かなり快適♪


油分的な保湿が必要な乾燥肌の人向け?


上に書いたように、使い心地に関しては
何の不満もないのですが、
それでも、どうしても物足りなさを感じる。

乾燥肌の人で、満足してる人の口コミを
いろいろと読んでみると、

・乾燥肌が改善した
・目尻の小じわやほうれい線がふっくらした

というような、「乾燥による肌しぼみ」が
原因のエイジングサインが改善した例が多い


なので、そういう方にとっては、

「美白+エイジングケア+保湿」

という、幾つもの効果があるクリームなんだと思う。

乾燥が原因のエイジングサインを
改善したい人向け
って感じかな。

一方、インナードライ肌な私はそこまでの
効果を感じることがなかったので、

油分的保湿が欲しい人には向いてて
水分的な保湿が欲しい人にはイマイチ?

なんじゃないかと思ってます。

これの他に、油分的な保湿アイテムで
気に入ったものがないのであれば、
これを使うけど、サラリと油分系保湿なら
私はマルラオイルのが好きかも。

もう少し、エイジングケア効果を感じてれば
満足してただろうけど、
そちらも私は大きな効果はなかったし。


QuSomeモイスチャーリッチクリーム
口コミ・感想は以上になります。

使い心地は最高なんだけど、
私は油分より、水分的な保湿が欲しいので
「他にクリームはないかいな?」と調べたら

QuSomeモイスチャーゲルクリーム

という、肌の保水力が高める効果がある
クリームがあったので、
またまた、問い合わせをしてみたら

QuSomeモイスチャーゲルクリームは
水分を守ることでバリア機能を向上します。
肌のターンオーバーを整えることで
うるおいを長時間持続させる保湿ゲルです。


という商品説明の後、

保水力アップしたいなら、
こちらの方が向いているであろうことと、

QuSomeモイスチャーリッチクリームを
抜いて手入れをしても、
他のホワイトケア製品の効果が弱まることはない。


という事を、教えてもらったので、
私が買うなら、QuSomeモイスチャーゲルクリームですね。

美白効果に加え、どういう効果が欲しいか。
どういうタイプの保湿をしたいか。

それによって、自分の肌に合うと感じる
クリームが違ってくるかな?と思いました。

そのあたりを、トライアルセットで
確かめてから、現品を買うほうが良いでしょう。

[b.glen]シミを消す!QuSomeホワイトセット


私は、「違う製品のが良いかも」という事を
確かめられただけでも、
トライアルを使ってみて良かったなって思いました。

我ながら、トライアルセットと問い合わせを
上手く活用したんじゃないかと思ってますw

(追記)
QuSomeモイスチャーリッチクリームには
重要な役目があるということを後に知りました。

この役目を考えると、ゲルクリームの方が良いとは
一概に言えないと思うんで
モイスチャーリッチクリームの役割を考えた上で
どちらのクリームを買うか選んでください。

詳しくはコチラの記事をどうぞ
ビーグレン(b.glen) QuSomeホワイトシリーズは、なぜライン使いの方が良いのか?


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ