瞼のたるみがあると、いつも眠そうに見えたり、
何となく「ぼんやり」とした印象になってしまいがちです。

いくらメイクに力を入れても、目力が出にくいですし。

瞼のたるみの原因は、目の周りの筋肉が衰えて、
持ち上げられなくなって、垂れてきたり、
コラーゲンやヒアルロン酸の減少、
上瞼の脂肪が多い場合など、いろいろな原因が考えられます。

ですが、第一の原因は、瞼のむくみです。

瞼のむくみは血行不良が原因で、血液循環が悪いところへ、
老廃物を含む水分が溜まることで、おこります。

ですから、血液循環を促進させ、溜まった老廃物を流せば、
瞼のむくみがおさまり、ひいては、瞼のたるみが改善されます。

これから瞼の血行を良くする、簡単なマッサージを紹介しますので、
瞼のたるみが気になる方は、ぜひ試してください。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

瞼のマッサージをする時には、目元ケア専用の美容液や、
マッサージクリームを塗ってすると、目元の皮膚を乾燥から守り、
潤いを与えながら保護してくれます。

特に専用のクリームを使わないといけない、
という事はありませんが、目元の皮膚はとても薄いので、
力を入れすぎないようにするためにも、クリームは塗って下さい。


では、瞼のマッサージをしていきましょう!


瞼の血行を促進するマッサージ


1.
親指を目の下の中央に、残り4本の指を眉の下に当てます。
そのまま目を開くように上下に指を広げ、5秒キープします。
これを5回繰り返します。

2.
中指と薬指の先端を眉の上に置いて、眉頭から眉尻へ、
小さな円を描くようにくるくるとマッサージします。
これを3回行った後、こめかみを強く押しましょう。

3.
目の下のくぼみに沿って、中指と薬指を使って、
目頭から目尻へと、小さな円を内側から外側へ描くように、
くるくるとマッサージしましょう。


瞼のむくみは、目元や瞼に知らず知らずのうちに溜まった、
疲労が原因であることも多いので、疲れを取るマッサージもしましょう。


目の疲れも取れるマッサージ


親指の腹を目頭の上、眼窩のくぼみに当て、
そのまま眉に沿って親指を動かして、
こめかみまで力を入れずに指を滑らせ、
こめかみをギューッと強めに押しましょう。

目の上で動かしている時は、優しく動かして、
こめかみの所で力を入れることがポイントです。

これを3回ほど繰り返します。


血流の流れを良くするマッサージをする時も、
疲れを取るマッサージをする時も、基本は中指を使います。

目元や眼球はデリケートなので、力を入れすぎないように、
力みすぎない中指が最適だからです。

くれぐれも、力を入れすぎたり、やり過ぎないで下さい。


マッサージとは違いますが、瞼のむくみを取る方法として定番の、
蒸しタオルを使ったホットパックも、瞼のたるみ解消になります。

濡らしたタオルを電子レンジで温め、それで目元を温める。
その後は冷やしたタオルを当てる。

これを交互に数回繰り返すだけですが、目元がスッキリします。

瞼のたるみの原因である、瞼のむくみが取れるので、
マッサージと合わせてすると良いですね。

毎日のマッサージが難しければ、目元を温めるだけでも、
かなり違ってきますので、お風呂でタオルを目元に乗せるなど、
目元にひと手間かけてあげてください。

瞼のたるみって、 最初はどう対処して良いのか分からず、
ちょっと焦ってしまいますが、むくみ対策をすれば良い、
という事さえ分かってしまえば、どうってことありませんねw


■管理人が試した目の下のたるみを改善する美容液・アイクリーム■
オラクル アイフォーミュラ
オラクルお試しセット

一晩で目の下のたるみが改善され目元ふっくらに

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ