夏になり、肌の露出が増えるようになると
ものすごく気になる部位があります。

それは、二の腕。

長袖の時は、あまり目立たないけど
薄着になったり、露出するようになると、
そのプニプニ具合や、たるみっぷりが
とたんに目立つようになります。

これがまた、悲しいことに
老けて見えもするんですよ(´Д⊂

若いころなら、多少、お肉が付いてても
「多少、ムチムチしてるくらいの方が
 可愛らしくて良いのに」って感じですが
私の年齢だと、単なる「体のたるみ」なんです。

太ってるわ、たるんで老けて見えるわ、
これは何とかしなければ!と
二の腕のたるみをとって痩せる方法
見つけてまいりました。

私個人が、暑がりなもので
一番汗をかかずに行える方法を
選んでみましたw

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

二の腕のたるみの原因


二の腕のたるみ部分、俗に言う
「振り袖ゾーン」が、たゆんたゆんになる原因。

それは、上腕三頭筋の衰えです。

上腕三頭筋が衰えることで
腕の下側にハリがなくなり、贅肉が付き、
そして、立派な「振り袖」が出来上がります。

その「振り袖」は、見事に下に下に
重力をかけます。

その「振り袖」による重力が原因で
さらに、たるんでいくんです。


見事な、たるみスパイラルの完成です(泣)

「んじゃ、サッサと二の腕痩せしよう!」
と、思い立った方が、やりがちなのが
腕立て伏せによる筋トレ。

確かに筋トレは必要です。

でもね、皆さんがよく知ってる腕立て伏せは
上腕二頭筋といって、腕の上側の方を
主に鍛えるものです。

ここを鍛えても、たくましい力こぶが
出来上がるだけですw

二の腕のたるみをとりたいのなら、
上腕三頭筋を鍛えられる筋トレをしないとダメです。


ちなみに、日常生活の中で
上腕三頭筋を鍛えられる動きとしては
雑巾がけがあります。

上腕三頭筋は、肘を伸ばして
押しながら力を入れる動きの時に
必要な筋肉なので、雑巾がけはまさに理想です。

とは言え、今、雑巾がけを毎日してる方は
そうはいらっしゃらないでしょうし、
第一、毎日続けるのはしんどいですw

ちゃんと、ピンポイントで上腕三頭筋を鍛え
二の腕のたるみをとる方法があるので
そちらを行いましょう。


二の腕のたるみをとって痩せる筋トレのやり方


上腕三頭筋を鍛える筋トレ方法は、
探せば星の数ほどあります。

だけど、あまりに負荷が大きい方法だと、
毎日続けるのが大変ですよね。

こういう筋トレは、続かなきゃ意味がないので
私が探してきた中で、一番簡単な方法を紹介します。


1. 背筋を伸ばし、あごを引いて、
  手を胸の前で「コの字」に組みます。

  「オペラ歌手が歌う時のようなポーズ」
  というと、分かりやすいかな?


2. そのまま、左右の腕を引っ張り合うように
  外に向かって力を入れていきます。
 
  この時、組んだ指が離れないようにしましょう。

  5秒程引っ張ったら、力を抜きます。
  これを10回繰り返します。


3. 上下の手を入れ替えて同じように
  10回行います。


以上です。
 
上腕三頭筋(腕の下側)と、背中の筋肉に
力が入っているか意識しましょう。
 
いつでもどこでも出来るくらい簡単ですが
上腕三頭筋も痛くなってくるし
思いの外、背中の筋肉にも負荷がかかります。

その割に、筋トレが終わった後も
ぜーぜー言うことなく、汗もかかないので
最近の私のお気に入りですw

二の腕のたるみが気になる方は、
まずは、この筋トレを「入門編」と考えて、
やってみてはいかがでしょうか?

簡単にできるけど、「効いてるな」感は
十分にありますよ。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ