突然ですが「糖化」という言葉を聞いたことがありますか?

この糖化は、「酸化」より体も肌も老化させる
とてもとても厄介な体内作用です。


糖化が進んでいくと、しみ・しわ・たるみなどの
肌の老化だけではなく、体の老化まで進みます。

糖化とは、体内にある、たんぱく質と、
食事で摂取した糖が結びつくことで、
糖化したたんぱく質が作られて
体内に蓄積されることです。

糖化が進むと、肌の老化なども怖いですが、
糖尿病などの病気にまで繋がるとされてます。

体の内と外、どちらも老化させるんですね。

このことから、医療界では「酸化」よりも
「糖化」のほうが美容と健康に大敵と言われてます。


あなたも糖化には、気をつけて下さい。

以下に紹介する項目に、多く当てはまっていたら、
あなたの糖化は進んでるかも。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

まずは、以下の項目にどれだけ当てはまるか
チェックしていって下さい。

・甘いものを間食としてよく食べる
・加工食品をよく食べる
・味付けの濃い料理が好き
・お菓子を常に側においている
・ペットボトルの清涼飲料水をよく飲む
・丼物がすき
・ご飯や麺類などの炭水化物が好き
・野菜や豆類はあまり食べない
・ついつい夜食を食べてしまう
・運動不足
・早食い傾向にある
・喫煙習慣がある


いくつ当てはまりましたか?

チェックが入る項目が多ければ多いほど、
糖化が進んでいる可能性大です。

・・・・・・可能性大・・・です。

どうしましょう、私、半分くらい当てはまる(泣)
可能性が大きい人に、見事に該当してます。

このリストを見るに、運動不足・炭水化物大好き・
甘いもの大好き、というのが、糖化の条件なんですね。

しかも、どれが一番悪いかというと
「甘いもの(糖分)を食べる」こと。

糖分は食べ物から摂取する大切なエネルギーですが、
とりすぎると糖化作用が過剰に働き、
老化を早めてしまいます。

きちんと運動していれば、エネルギー消費ができ、
糖分を分解できますが、運動不足だと消費できずに、
分解しきれない糖分が、たんぱく質と結びついてしまいます。

この、たんぱく質と結びつく=糖化が、たんぱく質を劣化させ、
たんぱく質の1種である、コラーゲンやエラスチンに影響します。


肌の真皮部分って、コラーゲンやエラスチンで構成されてるので、
当然、お肌に影響が出て、きめが粗くなったり
しわ、くすみの増加などで肌が老化してしまいます。

・・・・・・糖化って、知れば知るほど、恐ろしいものですね。
その原因が「甘いもの」って!

甘いものを食べ過ぎたら太るというのは、
女性なら誰もが知ってることではありますが、
まさか、老化にまで繋がってたなんて。

その上、病気を引き起こすとか!

アンチエイジング的な視点から見ても、大切なことだけど、
健康面でも大いに不安になってきたので、
糖化を防ぐ方法について調べようと思います。

もちろん、次の記事で紹介しますからね!


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ