昨日(7月26日)の世界一受けたい授業は
「夏太り対処法」ということで
夏太りの原因や、夏太り解決法が紹介されてました。

このとんでもない暑さの中、
ダラダラと汗を書いているにも関わらず
体が重くなってきてる私にはピッタリの内容でしたw

夏太りの原因の1つが、そうめんだとは思わなかった(汗)

というか、夏の食生活がそのまま
夏太りの原因なんだなーって実感しました。

番組で紹介されてた夏太りの原因や解消法
まとめましたので、「なぜか夏に太るのよね」
という方は、読んでみて下さいね。

私と同じように、冷たい飲み物やそうめんを
夏にたくさん食べてる人は、要注意ですよ~。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

夏太りの原因


夏太りの原因は冷たい飲み物や
暑さによる食欲不振にあります。

暑くなると食欲不振になりがちですが
実はここに肥満への落とし穴があるんです。

冷たくて食べやすいという理由から
そうめんを好んで食べる方は多いと思います。

…けどね、そうめんって想像以上にカロリー高いの!

ご飯一杯(150g)とそうめん(100g)だと
ご飯の方がカロリー高そうでしょ?

実際は、ご飯一杯は240kcal
そうめんは356kcalと、そうめんのが高い!


つまり…そうめんの方が太りやすいんですよ。

オマケに、そうめんって、のどごしが良いから
よく噛まないで食べてしまうので、
なかなか満腹感が得られない。

よく噛まないと、満腹中枢が刺激されず
お腹いっぱいになるまで時間がかかるので
そっちの理由でも太りやすいです。

こういう食生活こそが、肥満の元なんです。


そもそも、なぜ夏に太るのかというと
基礎代謝が低下するからなんです。


基礎代謝とは体内で燃えるエネルギーです。

体は暑くても寒くても体温を一定に保とうとするので
寒い冬は、必死に体温を上げようとして
体内で熱を作るので基礎代謝は上がります。

一方、夏は熱を作り出すエネルギーが
最小限で済むため、基礎代謝が下がる

そのため、冬と同じ食事量を摂っていると
太りやすくなるので、元から夏は太りやすい。

さらに、扇風機が主だった時代は、
暑すぎて食欲が落ちてましたがが
今は冷房で涼しいからそんなことはありません。

暑いから冷房を入れ、更に冷たいものを食べ過ぎて
内臓が冷えて機能が弱まります。

そうすると基礎代謝が落ちて、
太りやすい体になるんです。

しかもですね、上の方に書いたように
そうめんみたいな、のどごしが良い食べ物を
夏は好んで食べるようになりますよね。

これが、また冷えを加速してもいるんですよ。

皮膚には「冷たい感覚」があるし
口の中にもありますが、
飲み込んでしまうと、その感覚はなくなります。

だから、のどごしが良い物は
あまり食べてないように思っていても
実は結構食べてしまってるんです。
(満腹中枢の反応も鈍くなってますしね)

いい例が、のどごしで味わうビールです。

胃の中に「冷たい」という感覚があれば
あれだけの量を飲むことは出来ませんが、
「のどごし」を楽しむために、
流すようにゴクゴクと飲んでると
相当量を飲んでしまいます。

ああいう事が、そうめんでも起こってると考えると
…そりゃ、太りますよね(汗)

量は食べるし、内蔵を冷やしちゃうしで
二重の意味で太りやすくなるでしょう。


基礎代謝を上げる夏太り解消トレーニング


いくら冷たい物を食べても、筋肉量が多ければ燃やせる!
ということで、夏太りを防ぐために、
「腸腰筋(ちょうようきん)」を鍛えましょう。

腸腰筋は、いわゆる「インナーマッスル」です。

ここを鍛えて、基礎代謝を上げましょう!ってことで
いつでもどこでもできる腸腰筋トレーニングが
紹介されてましたが…その前に!

まずは、あなたの腸腰筋が弱ってないかどうかを
チェックするところから始めます。

耳・肩・腰・足首が一直線になるように
意識して姿勢を正して立ちます。

3秒かけて、手足を上げる(腕は両腕、足は片足ずつ)

足はおへその高さよりも上げる
(もも上げの状態ですね)

腕は肩の高さまで
手は前にならえの状態で上げます。

そのまま5秒キープ。

これを左右やります。(腕はどちらの時も両方上げる)
5秒の間、少しでも動いたら腸腰筋が弱ってます。

では、早速トレーニングを始めましょう。

<腸腰筋トレーニングその1>
1. 足を前後に開き(右足を前に、左足を後ろに引く)

2. 手は前にならえにして
  そのまましゃがむ

3. 後ろ足は床と並行になるまで曲げる
   (かかとを上げても良い)

4. 腸腰筋で骨盤を安定させた状態で
  左右に三回ずつひねる
  この時、顔は正面を向いたまま


<腸腰筋トレーニングその2>
1. 仰向けに寝た状態から、上体を起こす
  左足と右手を同時に上げる
  (そんなに高くなくて良い。45度くらい)

2. 足を地面につけないように手足を交互に上げ下げする。
  寝た状態のまま、元気良く手足を振って、
  歩くようなイメージで動かしましょう。

3. 左右交互に動かしつつ、10回やる(左右5回ずつ)
   この10回×3セットを朝と夜にやるのがオススメ


最初はできなくても、徐々にできるようになってくる。
ただし、お腹の中の筋肉を意識しないとダメ。

中の筋肉を意識することで、代謝がよくなるので
きちんと意識しましょう、とのこと。

…これが、キッツいの何のって!!
私なんて腸腰筋トレーニングその1の
腸腰筋を安定させるポーズで、撃沈してますw

私の腸腰筋弱ってるんだなぁ(汗)

夏太りも気になるけど、インナーマッスルの衰えも
かなり気になる私は、腸腰筋トレーニングを
頑張ろうと思います…。

あとは、やっぱり冷たい食べ物は控えて
温かいお茶を積極的に飲もうと思います。

みなさんも、内臓を冷やさないようにして
夏太り解消にむけて頑張りましょうね!


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ