今日(8月5日)のあさイチでは
「はみ肉撃退大作戦」ということで
脇と背中のはみ肉についての特集でした。

はみ肉とは、ノースリーブを着た時に
服の脇から、ムニッとはみ出てるあのお肉です。

または、薄着になった時に
「ブラ線の上に乗っかちゃってる」
脇や背中のお肉のことです!

ノースリーブの服や、体のラインが出る服を着ると
めっちゃくちゃ目立つ、あのお肉ですよ。

あんまり自分で言いたくないけれど
はみ肉があると、完全に「中年太り」って感じ(汗)

その中年太りの象徴「脇&背中のはみ肉」を
スッキリ改善するエクササイズ

紹介されていたので、まとめてみました。

背中のはみ肉解消エクササイズは
猫背改善にも効果がありますよ。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

脇のはみ肉改善ポイント


脇のはみ肉を改善するポイントになるのは
「前鋸筋(ぜんきょきん)」という筋肉。

肩甲骨から肋骨に沿って脇を覆ってる筋肉で
普段あまり動かさないので、代謝も落ちるし
筋肉が少しずつ衰えてきます。

ここが衰えることで、周辺に脂肪が溜まり
それが脇のはみ肉になります。

脇のはみ肉が気になる方は、
肩甲骨(背中)と肋骨の間のあたりのお肉を
手でムニッと掴めちゃうと思いますw

そのあたりが前鋸筋です。

この前鋸筋を鍛えるには、バレーボールの
スパイクを打つときのような動きが効果的。

腕を振り上げた時に肩が後ろに下がって前鋸筋が緩み、
振り下ろす時に、肩が前に出て前鋸筋が大きく収縮する

この動きを繰り返すことで、脇のはみ肉が
解消されるということで、この動きを応用した
「前鋸筋エクササイズ」が紹介されました。


前鋸筋エクササイズのやり方


1. 両手を指を絡めてしっかりと組み、
  肩を下げたまま頭の上で軽く伸ばす。

  肩が上がらないように下げた状態を保って下さい。
  軽く上げるようにすると、肩は上がりません。


2. 前鋸筋を意識しながら、息を吐きつつ肩を前に出し、
  腕をゆっくり前に振り下ろす。

  この時、お腹に力を入れて丸くへこますようすると
  肩が前に出やすくなり、肩甲骨が開きやすくなるので
  前鋸筋にも効きやすくなります。

  また、振り下ろす時に腰が引けないように
  膝を軽く曲げるようにします。

  腕を下ろすときに、息を吐くのがポイントです。

3.これを10回繰り返すのを1セットとし
  1日に3セット行います。


背中のはみ肉改善ポイント


背中のはみ肉を改善するポイントになるのは
「僧帽筋(そうぼうきん)」です

猫背を改善したい時にも、ポイントとなる筋肉です。

今回も、僧帽筋が出てくるだけに
やっぱり猫背が関係しています。

猫背気味の人は、肩が前に出てしまい
首から背中にかけての僧帽筋が
収縮する力が弱まります。

そこへ「加齢による筋肉の衰え」も加わることで
背中に脂肪が溜まりやすくなってしまい
それが、背中のはみ肉となります。

これを改善するために、肩を後ろに回すことで
肩甲骨を寄せ、僧帽筋をしっかりと収縮させる
「僧帽筋エクササイズ」を行います。


僧帽筋エクササイズのやり方


1. 指を絡めた状態で、手を体の後ろで組みます。
  手のひらがピッタリくっつくようにしましょう。


2. 腕を曲げないように、僧帽筋だけで円を描くように
  8回、肩を後ろに回します。

  この時、頭は動かさず僧帽筋だけで動かすように
  気をつけながら肩を回しましょう。


背中のお肉をとるのにも、猫背改善にも
どちらにも効きますので、頑張って続けましょう。

ちなみに、ブラジャーの付け方次第で
はみ肉を改善することが出来るということで
こんなのが紹介されてました。


「はみ肉」を出さないためのブラジャーの付け方


まず、アンダーサイズが小さいものを付けていると
それが背中のはみ肉の原因になる
ので
サイズをきちんと測るところから始めましょう。

ブラ線の上にお肉が乗っかってる人は
すぐに測りなおしましょうねw

次に、付けるときの注意点です。

背中やお腹から集めた脂肪を
ブラのカップに入れないようにしましょう。


「体のアチコチから集めた脂肪をカップに入れる」
というのを実践してる方、多いと思うんですけど
手で一生懸命寄せて入れても、
体を動かしているうちに、ブラからはみ出ちゃうので
あまり意味がないそうです。

はみ出たお肉が、脇のはみ肉になるので
かえって良くないみたいです。


正しブラジャーの付け方はこう↓です。

1. 前かがみになる。

2. 左胸をカップに収める時は、
  左手でストラップの付け根を持つ。

3. 右手で脇からバスト全体を包み込み
  斜めに引き上げるようにカップに収める。
  

右胸をカップに収める時は、手を逆にして下さいね。


以上、脇&背中のはみ肉改善エクササイズでした。

肩甲骨を開くのが前鋸筋で、
肩甲骨を寄せるのが僧帽筋です。

この2つの動きは、セットのようになってるので
どちらもバランスよく行いましょう。

エクササイズ以外で、この2つの筋肉を
バランス良く鍛えられるのが水泳です。

背泳ぎは肩甲骨を寄せる動きになるので
僧帽筋を鍛えることになりますし、
クロールは肩が前に出る動きをするので
前鋸筋が鍛えられます。

泳ぐのが好きな方は、スポーツジムなどで
背泳ぎとクロールで泳ぐのも良いかも。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ