使ってた日焼け止めがなくなってしまったので
新しい日焼け止めを買おうと思い
「肌に優しい日焼け止めはないかなー」と
探していたら、やけに目につく単語がありました。

それは、紫外線吸収剤紫外線散乱剤。

特に、紫外線吸収剤に関しては
「紫外線吸収剤は危険」なんて情報も多く
気になって仕方ないので調べました。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い
紫外線吸収剤は本当に危険なのか


などを、まとめておりますので
日焼け止めを選ぶための、情報の1つとして
参考にして頂ければ、と思います。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い


違いを分かっていただくためにも、
紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の
それぞれの特徴から説明しますね。

<紫外線吸収剤>
紫外線吸収剤は紫外線を吸収し、
熱や赤外線などの熱エネルギーに変換して放出し、
紫外線の皮膚への吸収を防ぎます。

比較的、伸びがよく、ベタつかないし
日焼け止め独特の、白浮きがありません。


<紫外線吸収剤>

紫外線を反射・散乱させて、
紫外線が肌に入り込むのを防ぎます。

肌への負担が少ない反面
伸びがあまり良くない、白っぽくなるなど
使用感はあまり良くありません。


2つとも「読んだまま」の働きをするわけですが
それが原因で、紫外線吸収剤の働きを

「紫外線吸収剤は紫外線を肌に
 吸収するから危険だ!」
と、誤解する方が多いのですが、それは間違い。

紫外線吸収剤そのものが、紫外線を吸収し
肌へ浸透させないようにしているので
肌へ吸収されることはありません。


UV効果としては紫外線吸収剤のが高いので
SPF50のように紫外線防止効果が高いものは
紫外線吸収剤が入ってると考えて下さい。


紫外線吸収剤は本当に危険なのか


上の紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いを読んで
「紫外線吸収剤は紫外線を吸収する」と
誤解してた人は、

「紫外線を吸収しないというのなら、
 なぜ、紫外線吸収剤は危険と言われてるの?
 というか何が問題なの?」

と、不思議に思いますよね。

日焼け防止効果も高いし、肌に吸収もしないなら
一体何が問題なのかと。

それは、紫外線吸収剤が紫外線を吸収する際の
「熱エネルギーに変換する」化学反応が
肌への負担になるからです。


使用した際の、肌の乾燥が強いなど
肌への負荷がかかります。

また、吸収剤による刺激を感じたり
赤味やかぶれを引き起こす場合があります。

一般的な日焼け止めには、数種類の吸収剤が
組み合わされて配合されているため
「この吸収剤が合わない」と特定するのは
難しいと思われます。

よって、紫外線吸収剤が配合されている
日焼け止めに刺激を感じやすい方は
最初から紫外線吸収剤フリーと書かれた
ノンケミカル処方の日焼け止めを選ぶほうが良いですね。

ただ、皆が皆、肌に刺激を感じたり
かぶれたりするわけではありません。


こういう肌トラブルが起こりやすいのは
肌が敏感な方が多く、
ほとんどの方は、問題なく使えます。
(肌の乾燥にだけは注意が必要ですが)

また、最近では紫外線吸収剤が直接触れないよう
シリコンでコーディングしてあるものも多いので
一概に、危険とは言えません。

肌が敏感な方や、シリコンに反応しちゃう方は
紫外線吸収剤配合の日焼け止めは避けた方が良い


くらいに考えておきましょう。

肌に負担がかかりやすいという面もありますが
紫外線吸収剤が入ってる日焼け止めは
「伸びやすい・日焼け止め効果が高い・
 白浮きしない」など、メリットもたくさんあります。

長時間の外出、海や山などのレジャーでは
高SPFの紫外線吸収剤が入ったものを使う方が
紫外線から肌を守れるのも事実です。

日常生活では、紫外線散乱剤の入ったもの、
レジャーでは紫外線吸収剤の入ったもの、
というように、使い分けをするのが
ベストな使い方なんじゃないでしょうか。



敏感肌だから紫外線吸収剤が入ったものは
全く使えないわけではないですからね。

当たり前ですが、紫外線吸収剤が入ってても、
かぶれないものだってあります。

私は肌が敏感ですが、SPFが高いものを使っても
かぶれない事も多いです。

どちらかと言うと、かぶれるとか赤味より
SPFが高いものは肌が乾燥しやすいので
それが肌の負担になる事のが多いです。

たまたま、今まで使っていた日焼け止めが
紫外線吸収剤フリーだったんですが
確かに肌が疲れにくいし、乾燥もしにくいんですよ。

私個人としては、「日焼け止めによる乾燥」を
避けるために、紫外線散乱剤フリーの
日焼け止めを勧めたいという気持ちが強いですw


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ