少しだけ涼しくなってきたとはいえ
まだまだ暑い日が続き、
熱中症対策にも紫外線対策にも
気が抜けない日が続きます。

その紫外線対策なんですが、
みなさん、唇の紫外線対策してますか?

普段、あまり意識されることはありませんが
唇も日焼けします。

「夏なのに唇が乾く」原因は、唇の日焼け

そしてですね…肌と同じように
唇にもシミが出来ちゃうんですよ。

ただし、唇のシミの原因は日焼け以外の
要素も強いため、それを防げば予防も出来るし
徐々に、薄くなっていきます。


けど、その原因を知らなければ防ぎようがないし
ずーっと同じことを続けていって
唇のシミを作っちゃうことにもなります。

ですので、唇のシミの原因を含めて
唇のシミを消す方法を説明させてもらいます。

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

唇のシミの原因


唇にシミが出来てしまう原因は
肌と同じく紫外線を浴びることです。

つまり、日焼けしちゃうことですね。

紫外線を浴びて、唇が乾燥してしまうと
皮が剥けてしまうなど、炎症した状態になります。

それが元で、色素の沈着が起こるんですね。

完全に肌の日焼けと同じ状態です。

これを防ぐには、UVカット効果の高い
リップクリームを塗るようにして下さい。


飲み物を飲んだり、食べ物を食べるたびに
塗り直すようにしてくださいね。

唇には皮脂を分泌させる皮脂腺がなく、
肌のように皮脂の保護膜がない状態なので、
バリア機能が弱いため、夏だけでなく
一年中UVケアをするのが望ましいです。


日焼け以外に、唇のシミの原因になるのが
口紅やグロスです。

まず、口紅にタール色素が含まれている場合
その口紅を塗った状態で紫外線に当たると
タール色素が紫外線に反応してシミになることが
とても多いんです。

ですので、タール色素を含む口紅を
使わないようにすること

一番の対策方法となります。

出来るだけ、天然色素の口紅を使いましょう。

一般的に、「落ちない口紅」・「発色が良い口紅」は
タール色素を含んでいると思って下さい。

そういう口紅を使いたいのでしたら
唇専用のUVアイテムを塗った上から
口紅を塗るようにするなどして下さい。

また口紅をきちんと落とせてないこと
唇のシミの原因となります。

これは口紅だけじゃなくグロスにも言えることです。

口紅もグロスも、油分が多いものなんですが
食べ物や飲み物を食べると落ちちゃいますよね?

それでパッと見は「ほとんど唇に残ってない」と
勘違いしがちなんですが、
見た目は落ちてても、油分だけは残ってるんです。

それに気づかず、きちんとクレンジングをせず
洗顔のついでにパパッと洗うだけで済ませてしまい
唇やグロスの油分が残ってるのに気付かず
紫外線を浴びて、唇にシミを作ってしまうんですよ。

落ちにくい口紅やグロスを使っている方は
きちんと専用のクレンジングを使って
丁寧に油分を洗い落として下さい。


また、唇の縦じわに、油分やタール色素が
残ってしまいがちなので
クレンジングの際には、唇をイー!として
シワ部分も、しっかり洗って下さいね。

その際に使うクレンジングは、唇に刺激が少ない
クリームタイプのものや、水性ジェルタイプのものを
使うようにしましょう。

唇への刺激(クレンジングの際の摩擦など)で
炎症を起こすと、それが原因で色素が沈着します。

「擦る」という行為を、出来るだけ避けて下さい。


唇のシミを消す方法


さて、唇のシミの原因と、その予防法は
説明し終えましたので、皆さまお待ちかねの
唇のシミを消す方法を紹介したいと思います。

基本的に、唇のシミは肌と同じく色素沈着です。

ですから、唇用の美白化粧品でのケアをしましょう。

メラニンの生成を抑制したり、
メラニンの排出を促してくれるものを選び
唇のシミを消しましょう。

ただし、顔用の美白化粧品を使うのではなく
唇専用の美白化粧品を使いましょう。


唇は皮膚ではなく、粘膜ですからね。

「粘膜は皮膚よりも薄く、刺激に弱い」
ということを考えると、唇の美白のためには
唇専用のものを使う方が良いでしょう。

例えばですね。

ビタミンCが配合されたリップクリームで
有名なものとして「セラムC20」があります。

こういうビタミンC配合のリップクリームなどで
色素沈着を少しずつ消していきましょう。


次に、唇のシミを消す方法として有名な
ホホバオイルと泥パックを紹介します。

「ん?なに、その組み合わせ?」って思って
この2つの効果を比べてみて分かったのですが
この2つに共通するものがあります。

それは、古い角質の除去です。

ホホバオイルは、肌の新陳代謝を活発化させ
シミを肌の奥から浮き上がらせて
やがて古い角質として剥がれ落とすこと。

泥パックは、老廃物や古い角質を取り除くので、
その時に古い角質となったシミを取り除くこと。

こういう効果が期待されてるのだと思います。

ただ、泥パックは定期的に行うことで
古い角質を落としますが、
やり過ぎると、未熟な角質も剥がすことになり
それでは意味がありません。

週1回程度にしておきましょう。

その点、新陳代謝を活発化する
ホホバオイルの方が、無難な気がします。

純度の高いホホバオイルを、シミに塗り込む事を
続けていけば、ターンオーバーとともに
シミが剥がれ落ちていくはずです。

「そんな気長な!」と思われた方、ご安心下さい。

肌と違って、唇のターンオーバーは
なんと3~5日程と、かなり早いんです。

早い方なら、1カ月ほどで効果を感じるはず。

効果の出方が遅かったとしても
唇を乾燥から守り、紫外線防止に役立つので
地道に続けていって下さい。


唇のシミを消す方法は、基本的にどれも
継続することが大事になります。

慌てず、じっくりと取り組むようにしましょう。

早くシミを消したいからといって
リップクリームをグリグリと塗って
無駄な摩擦を起こしたりしないように
気を付けて下さいねw


にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ