MTG フェイシャルフィットネス
PAO(パオ)の注目度が高まってます。

その影響か、当ブログにパオ関連の
情報を調べにいらっしゃる方が増えました。

その中で、けっこう多いのが
パオは目の下のたるみによいのか
というもの。

確かにPAOは「ほうれい線を消す」
など口元周りのたるみへの効果に
集中して紹介されてる事が多く
他の表情筋への効果には、
あまり触れられてはいません。

私も PAO(パオ)を使わせてもらった感想の中で
PAO(パオ)は、口元の筋肉を中心に
顔全体の表情筋を鍛えることが出来るんです。

と、少し触れている程度です。

これでは、目の下のたるみ対策に
パオを使おうと思っている人は
困りますよね。

そこで、「PAO(パオ)は目の下のたるみ」
ということを、じっくり検証しました。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

フェイシャルフィットネス PAO(パオ)は目の下のたるみに役立つか?


私の答えはYESです。

ただし、目の下の表情筋に直接的に
作用するから、というのではなく
PAOが効率よく口周りの筋肉に
働きかけるよう作られているからです。

このPAOの働きにより

  • 顔全体の筋肉を動かすことができ
    ひいてはそれが目の周りの筋肉の
    トレーニングにもなる

  • 頬の筋肉も鍛えられるため
    頬の脂肪が支えられるようになって
    目の周りの筋肉を下へと引っ張る
    「おもり」とならなくなる

この2つの理由から、私はPAOが
目の下のたるみに役立つと答えてます。

これだけだと「何でそれが
目の下のたるみに関係するの?」
と不思議に思う方も居ると思うので
それぞれの理由について
もう少し詳しく説明していきますね。


口周りの筋肉は多くの筋肉と繋がってる


ほとんどの表情筋は口周りの筋肉
「口輪筋」を介して繋がっています。

頬の周りの筋肉や目の周りの筋肉も
こんな感じで繋がっています。


表情筋
出典:フェイシャルフィットネスPAOの商品説明冊子

「口輪筋を中心に、表情筋が
 放射状に広がってる」
という状態だと思ってください。

いわば土台のような表情筋なんです。

口輪筋を動かすだけで、
頬・目の周り・おでこの筋肉など
顔全体の筋肉を動かすことができます。


逆に、口輪筋が衰えると、
周囲の表情筋もあまり動かなくなり
表情が乏しくなります。

・土台の中心となる口輪筋が衰える
  ↓
・周辺の表情筋も衰える
  ↓
・顔全体の表情が乏しくなり、たるみが進む

というわけです。

ですから、まずはここを鍛える事が
表情筋トレーニングとして重要なわけです。

直接的に目元の筋肉に作用する
というわけではありませんが
口周りを鍛えれば、連動して
顔全体が鍛えられるになりますし
ひいては目元の筋肉のトレーニングにもなります。


だから目の下のたるみにも良いですよ
と、お答えしてるんです。


頬が鍛えられ頬の脂肪による重力がかからない


これは単純な話ですが
頬の筋肉が衰えると
その上に乗ってる頬の脂肪を
支えきれなくなって下に下ります。

頬のお肉が重りとなる

それが頬のたるみを招くのですが
問題なのは、それが目の周りの
筋肉にとって「おもり」となること。


例えば、目の周りの筋肉を一生懸命
トレーニングするとします。

でも、頬の筋肉が衰えたままだと
頬の脂肪分の重力で
目の筋肉が下に引っ張られます。

これじゃ、どれだけ鍛えても
下へ引っ張る力のが強く
焼け石に水です。

むしろ、これ以上、目元の衰えを
加速させないためにも
頬の筋肉を鍛えて、頬のお肉を
引き上げなきゃいけません。


PAO(パオ)は口輪筋以外にも

  • 頬をつり上げる少頬骨筋
  • 頬を引き締める頬筋
  • 口元を引き上げる大頬骨筋

などの頬と口元を引き上げる筋肉を
鍛えるように作られてますからね。

頬や口元の筋肉が鍛えられ
その上に乗ってる頬の脂肪を
しっかり支えるので
目の周りの筋肉を下へ引っ張らない 
  ↓↓
目元にかかる負荷が減り
目の下のたるみが加速するのを防ぐ

というわけです。

余分な負荷がなくなることで
目元の表情筋トレーニングの結果も
出やすくなるでしょう。

これらが「目の下のたるみに役立つよ」
と私が言ってる理由です。

販売元のMTG社の社員さんに
この私の説を聞いてもらったところ

おっしゃるとおり
頬や口元の筋肉を鍛えることが
間接的に役立つと考えられます

と言っていただけました。


オマケ:目の周りのコリにも良い


上の方で

口輪筋を動かすだけで、
頬・目の周り・おでこの筋肉など
顔全体の筋肉を動かすことができます。

と書きましたが、それを実感する
のが目の周りのコリです。

私は長時間PC仕事をしているため
目の周りの筋肉やおでこが
コリやすいです。

特に「上を向く」筋力が
弱りがちなのか
上を向くと、目やおでこが痛い
と感じる時があります。

でもPAOを使うと
その痛みが軽減されるんですよ。

PAOを使うことで目の周りや
おでこの筋肉もきちんと動き
自然と表情筋の運動になってるんでしょう。


そして目元やおでこの周りの
「運動不足」が解消されて
コリもほぐれてる…というわけです。

コリはたるみに繋がりますからね。

そのコリを運動によって軽減する
というのも「お役立ちポイント」の
ひとつと考えて良いでしょう。


まとめ


  • PAOで口周りの筋肉を効率よく
    動かすことが顔全体の筋肉を
    鍛えることにつながってる

  • PAOで頬の筋肉を鍛えることで
    頬のお肉が目の下の筋肉を引っ張る
    「おもり」になるのを防ぐ

  • PAOで顔全体の筋肉の運動すると
    目の周りやおでこのコリがほぐれる

このように直接的に目の周りの筋肉に
作用してはいませんが
連動して筋肉の運動になっていたり
目元の衰えの原因への対策として
役立っています。

眼輪筋のトレーニングに励んでるけど
いまいち結果が出ないんだよなあ
という方は、そのトレーニングに
PAOを加えてみてはいかがでしょうか?

FACIAL FITNESS PAO(フェイシャルフィットネス パオ)


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ