体の引き締め目的で買っておいた
「からだにいいこと 2014年9月号」を読んでいて
1つおもしろい美容法を見つけました。

からだにいいこと 2014年9月号

それは「肌活つまみ」という美容法です。

若さを取り戻せる「手ワザ美容」として
紹介されていたもので、
簡単に言うと、肌をつまむ美容法です。

今まで肌をつまむ美容法というものを
いくつか見たことがあるのですが
その中でも、一番やりやすかったので
皆さまにも紹介したいと思います。

顔のたるみだけでなく、
「顔の冷え」や「くすみ」に悩む方にも
おすすめの美容法ですよ♪

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

「肌活つまみ」とは何か?


肌をつまんで刺激する美容法で
その主たる目的は、血流改善です。

この「肌活つまみ」の考案者である
エステティシャンのエリーのりこさん曰く

40歳を過ぎると、肌に必要な栄養分を運ぶ
毛細血管の血流が悪くなるため
肌の弾力がなくなり、たるんでしまうのです。


ということで、大元の血流の悪さを改善するには
肌の表面をつまむのが良いと分かって
肌をつまむ「肌活マッサージ」を考案したそうです。

また、血流改善と同時に顔の筋トレも
同時に出来るようになっているとのことで
顔のゆがみなどが原因で低下した
顔の筋肉を鍛え、たるみを引き上げる力が
強化されるのだとか。

つまり、肌活つまみマッサージを行うと

顔のたるみ
顔のゆがみ
くすみ

などが一気に改善できるんですね。


ほうれい線を消す肌活マッサージのやり方


顔のパーツごとに、肌活つまみのやり方が
載っていたのですが、
ここでは、ほうれい線に効く肌活マッサージの
やり方を紹介したいと思います。

やり方は、すんごく簡単。


1. 右の親指を左の口角に置き、
  右の人差し指と中指を左の耳穴の手前に添え
  動かないように固定します。

  右手の親指と人差し指・中指で
  左側の口角から耳までを斜めに挟んでる
  というような形になります。


2. 右手の親指を耳の前に向かって
  リズミカルに「1・2・3」と動かし
  3カ所に分けて肌をつまんでいきます。

  口角から耳前までの斜めのラインを
  3分割して、徐々に親指を
  耳の前の人差し指と中指に近づけていきます。


3. 次に右の親指を今度は口角の少し上に置き
   2と同じように「1・2・3」と3カ所に分け
   肌をつまんでいきます。

   小鼻と口角の間、ほうれい線が始まる辺りを
   スタート地点として、親指を置くと良いでしょう。


4. 1~3を左右逆にして、左側にも行います。
   左右それぞれ3回ずつ行います。


以上が、ほうれい線に効く肌活マッサージです。

力加減の目安は「痛気持ちいい」ことです。

親指を「1・2・3」と人差し指・中指側に
近づけていくごとに、
顔に圧がかかって気持ちいいです。

そして何より、やりやすい。

今までにも「肌をつまむ」という美容法を
他にも見たことがあったんですが
これが、ダントツにやりやすかったです。

徐々につまんでいくのではなく
指を固定した上で、近づけていくからかな?

「どこをマッサージ良いのか、イマイチ分からん」
とか「どれくらいつまんだら良いの?」
と悩む必要がないところも、ありがたい♪

注意事項は1つだけ。

肌活つまみを行う前には、必ずクリームや
オイルを塗って、摩擦を起こさないこと。


肌に摩擦を起こすと、顔のたるみや
しわなどが出来る原因になりますからね。

そこはきちんと守って下さいね。


肌活マッサージの効果


2週間肌活つまみを行ったモニターさんは
見事に顔のたるみやゆがみが改善されてましたし
顔色が明るくなってました♪

私が実際にやってみた感想としては
「顔がポカポカして気持ちいい」というのが
何よりも先にきますね。

血流改善を第一目的としているだけあって
そんなに力を入れていないのに
つまんだ後は、顔が温かくなります。

カーッと熱くなるんじゃなくって
じわじわとポカポカしてくる感じですね。

顔の血行が良くなってるのが実感できます。

顔の冷えやくすみに悩む方にも
かなり効果があるマッサージだと思います。

大した労力もないし、痛気持ちいいだけなのに
これだけ効果があるなら、やりがいがあります。

今回、紹介させていただいたのは
ほうれい線に関するマッサージだけですが
フェイスラインのたるみや目の下のたるみ、
おでこのしわのマッサージなどもあるので
興味のある方は、雑誌で確認して下さいね。


にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ