目の下のクマは、青いクマ、茶色のクマ、黒いクマと
3種類のクマがあって、それぞれ「出来てしまった原因」が違います。

当然、その解消法も種類別に違ってきます。

そこで目の下のクマを取る方法を、
クマの種類別に紹介したいと思います。

ご自分の目の下のクマが、どのタイプのクマか分からない、
という方は、目の下のクマの種類別の原因を読んで、
まず、自分のクマがどのタイプなのかをチェックして下さい。

それでは、種類別・目の下のクマを取る方法を
書いていきますね。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

青いクマの解消法


青いクマは、パソコン作業などで、筋肉が凝り固まり、
血行不良になったことが原因なので、血行を良くするために、
目の周りの筋肉を動かします。

1時間に1度、パソコン画面から目を離して、
目元の筋肉を動かす運動をしましょう。

また、目の周りの冷えも原因になっているので、
電子レンジで軽く温めた蒸しタオルで目を覆って、
5分ぐらい温めるのも効果的です。

蒸気が出る使い捨てのアイマスクや、
持ってる方は、美顔スチーマーを使うのも良いですね。

私は、あずきのチカラのアイマスクを愛用してます。
これ、使い捨てじゃないので便利ですよ。


茶色いクマの解消法


茶色のクマは、色素沈着が主な原因なので、
できる限り、摩擦しないようにしましょう。

ガッツリとしたアイメイクを落とすときは、
目元専用のクレンジングを使って、優しく落としましょう。

目をこする・かく、というのも良くありません。

目がかゆい場合は、目薬をさすなどして、
直接、目元の肌をこすらないようにして下さい。

紫外線を浴びたことが原因で、肌がかさついてる場合は、
肌のターンオーバーがうまく出来ていないので、
皮膚細胞の再生力を高める美容液や栄養を摂りましょう。

ハイドロキノンやコウジ酸が配合された、
シミを薄くしてくれる効果がある、
美白美容液を使うと効果的です。


黒いクマの解消法


黒いクマは、老化による目の下のくぼみや、
たるみが主な原因です。

目の下のたるみができて、影ができてしまうのは、
目元の筋肉が衰えてしまって、その部分の脂肪を支えられない、
という状態になっているので、目の周りの表情筋を鍛えましょう。

目元の表情筋を鍛えるエクササイズは⇒目の下のたるみをとる方法を参考に。

目を大きく開いたり閉じたり、上下左右にゆっくりと目玉を動かす、
というだけでも違ってくるので、一日に数度行いましょう。

ダイエットのし過ぎや、皮膚の真皮が薄く痩せた、
ということが原因の場合は、バランスよく食事を摂り、
補助的にコラーゲンドリンクなどを飲むようにしましょう。

目元専用の美容液やパックなどで、週に2度くらいの
スペシャルケアをするのも効果的です。

ヒアルロン酸の注入や、涙袋を取る手術などもあるようですが、
これはリスクもありますので、最終手段としたいものです。


以上が、タイプ別の目の下のクマの取り方になります。

あなたの目の下のクマが、どのタイプかは分かりませんが、
目の下の皮膚がとても薄くてデリケートなのは
どんな人でも共通しています。


だから、どのタイプの人も、やさしく力を入れないで、
そっとケアしてあげてください。

あと、私みたいに「茶色と黒の複合型だわ」って人は、
どちらのケアも同時進行する必要があるでしょうけど、
あれもこれも!と一度に詰め込まないで、地道に頑張りましょうね。


■管理人が試した目の下のたるみを改善する美容液・アイクリーム■
オラクル アイフォーミュラ
オラクル アイフォーミュラ

一晩で目の下のたるみが改善され目元ふっくらに

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ