今日(9月2日)のあさイチで
「汗荒れ」という肌トラブルが紹介されてました。

汗をかいた後、肌がかゆくなってるのを
ほとんどの方が、あせもだと思ってるけど
実は8割以上が汗荒れなんだとか。

それに気づかず、あせもだと勘違いして
間違ったケアをすると、
かなり厄介なことになってしまいます。

油断すると、すぐに「汗荒れ」して
肌がかぶれてしまう私が言うのだから
間違いありません(キッパリ)

一度悪化しちゃうと、治るまでホントにつらいです。

番組内で紹介されてた

  • 汗荒れとはどういうものなのか。
  • あせもと汗荒れの違い。
  • 汗荒れ対策

を、まとめましたので、
汗をかいてかゆみが止まらないという
肌トラブルが続いてる方は、
まず「自分が汗荒れなのか」を確認して下さい。

かゆみがある方は、要注意ですよ。
あせもじゃない可能性があります。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

汗荒れとは


汗荒れとは、汗によって起こる
一種の接触性皮膚炎(かぶれ)のことです。

かいた汗が蒸発し、塩分やアンモニアなどの
汗の成分が皮膚に残ります。
これらの成分が肌を刺激し
炎症が起こったものが「汗荒れ」です。

かぶれたようになり、痒みを伴うのが特徴。

痒みがあるため、我慢できず掻き続けると
悪化して、掻爬性(そうはせい)湿疹となり
長期間(数ヶ月、時には数年単位)の治療が
必要となってしまいます。

女性の場合は、脇や首回り、
お腹に汗荒れが起こることが多いそうです。

肘の内側などにも注意が必要。

…私は、汗荒れが悪化して湿疹になり
数ヶ月単位の痒さを体験したことがあります。

皮膚を掻く事により、痒くなり
掻くと余計に痒くなるという悪循環に陥り
痒さにのたうちまわりました。

あせもと勘違いしていると
こういう事になりかねませんからね。

しっかり違いを覚えておいて下さい。


あせもと汗荒れの違い


あせもと汗荒れの最大の違いは痒みの有無です。

あせもは赤いブツブツが出来るので痒そうですが
見た目と違い、あまり痒みを生じません。


そもそも、あせもは汗を出す汗腺が
ふやけた角質や汚れて詰まってしまい
汗が排出されない事が原因で
赤いぶつぶつや、水ぶくれができた状態です。

一方、汗荒れは、汗腺が詰まることはありません。

出た後の汗の成分による刺激が
肌の炎症を引き起こしてるんですね。

似たように見える「あせも」と「汗荒れ」ですが
きちんと説明されると、症状や痒みなど
けっこう差があるものですね。


汗荒れ対策・予防方法


汗荒れの一番の対策方法は保湿です。
汗をこまめに拭いた後、しっかり保湿しましょう。

そして通気性があり、ゆったりとした
袖のある衣類を選んで着る
ようにします。

女性は、夏場にノースリーブのように
脇がピッタリした服を着るので
脇の部分が汗と摩擦で
汗荒れを起こしてる方が多いので
それを防ぐためです。

次に、よく汗をかく首周りの予防です。

かたい襟だと、首周りの肌を刺激するので
避けるようにしましょう。


ストールも生地によっては要注意。

そして肌に刺激を与えないような
お風呂の入り方をします。

体を洗う時は、綿素材などの
柔らかいタオルを使うようにしましょう。


炎症を起こしている方は、手のひらで洗いましょう。

お風呂あがりには、クリームなどで
しっかり保湿します。


秋になると、より肌が敏感になるため
しっかり保湿が必要、とのこと。

クリームや軟膏などの肌に優しいものを使いましょう。
あせもの薬は塗らないように!

クリームを塗って、3・4日経っても治まらなければ
お医者さんに行ったほうが良いそうです。


以上、汗荒れの症状、あせもと汗荒れの違い
汗荒れの対策方法
でした。

秋は季節の変わり目で体調を崩しやすく
肌の調子も悪くなりやすいので
注意して欲しい、とのことですので
しっかり保湿して下さいね。

汗荒れの痒みと言うのは
いきなり湿疹の時のような痒みではないので
ちょっと注意してください。

私の経験では、汗をかいた後に
ピリピリ、チクチク、というような
むず痒い刺激がある場合は、汗荒れです。


この時点で「汗荒れだ!」と気づいて
しっかり汗をふいて、保湿を重視すると
悪化することなく、すぐに治まりますが
そこを放置すると悪化してしまいます。

「なんかムズムズ、チクチクするなー」と思ったら
汗荒れしかかってると思って予防して下さい。

私の場合は、首、肘の内側、膝の内側など
皮膚の薄いところが汗荒れしやすいので
ここをしっかり保湿してます。

敏感肌の方も、肌のバリア機能が弱いため
汗荒れを起こしやすいので気を付けて下さい。


私は肌のバリア機能を高めるような
クリームやオイルで、きっちり保湿してますし
入浴剤も保湿効果のあるものを使ってます。

その上で、特に汗荒れになりやすい首には
柔らかなガーゼ素材の手ぬぐいを巻いてます。

おかげで、一度はかぶれかけた首も
すぐに治ってくれましたし
その後は、一度も痒くなることはありませんでした。

「汗をすぐに拭く」と「保湿」の二段構えが
汗荒れ対策として、本当に大事なんだと実感してます。

もうすぐ秋になりますが、まだまだ暑さは残っており
汗荒れを起こしやすい時期です。

油断せず、しっかり汗荒れ対策して下さいね。

ちなみに、私がやっている
汗荒れ対策はこんな感じです

私がやってる汗荒れ対策方法


■管理人が肌のバリア機能を高める為に使った化粧品


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ