夏の疲れた肌には保湿が大事ですよ
という話を、前にしました。

夏の疲れが肌に出てるなら、まずは保湿。

色々な要因で乾燥してしまった肌を
保湿することで回復しようという事でしたね。

この保湿なんですが、上手くいってますか?

しっとり系の保湿化粧水を肌に与えようとしてるのに
なかなか入っていかない、馴染まない。


なんてことになってませんか?

そういう人は、ターンオーバーの乱れにより
古い角質がうまくはがれず残っちゃってる
「角質肥厚」になっている可能性が高いです。

古い角質が肌に残っていると
化粧水だけでなく、全ての保湿アイテムが
肌に浸透しにくくなります。


まずは、肌に残った古い角質を取り除く事から
始めていきましょう。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 
まずは、肌を温めることから始めましょう。

古い角質が肌に残ってしまう原因は
ターンオーバーがうまくいかないこと。
つまり、代謝の低下にあります。

代謝が悪くなっているから、古い角質や
老廃物が蓄積されてしまってるんですね。

これを改善するには、血行を良くして
代謝を活発化させることが大事。


というわけで、まずは肌を温めます。

まずは、蒸しタオルで肌を温め、
古く硬くなった角質をほぐしましょう。

こうすると、肌が柔らかくなりますので
保湿化粧水も、浸透しやすくなります。

こうやって

「肌を温め血行を良くし代謝を高める」
「保湿系アイテムを肌に浸透させる」

のを繰り返していくうちに
肌の代謝も良くなり、
古い角質もはがれやすくなります。

保湿系アイテムを肌に浸透させる時に
手の温度を肌につたえるように
じっくりとハンドプレスすると、より効果的です。

オイルマッサージも、蒸しタオルと同じような
効果が得られます。

オイルには角質を柔らかくする効果もありますし
マッサージにより肌の代謝が良くなりますからね。

時間があれば、蒸しタオル+オイルマッサージで
ゆっくり、じっくりケアしてあげて下さい。


蒸しタオルやオイルマッサージなどの
日常的なケア以外にプラスするのなら
角質をとるパックも良いですね。

拭き取るタイプ、乾いたら剥がすタイプ、
洗い流すタイプなど色々あります。

夏のダメージが肌に残ってることを考えると
一番肌への刺激が少ないと思われる
洗い流すタイプのパックが良いと思います。

どのタイプのパックを選ぶにしても
季節が変わる時期というのは、
肌が弱り気味になるので、
「ゆる~いピーリング効果のあるもの」にして下さいね。

早めの効果を求めるなら炭酸パックがオススメ。

肌の血行を良くし、新陳代謝を活発化させ
ターンオーバーを正常化してくれますし
古い角質や老廃物などの汚れもとれるので
夏の疲れた肌の回復にはピッタリです。

少々、お値段は張りますが
一番効果が早く出るのは間違いないですね。


今まで紹介してきた、どの方法でも良いです。

自分の今の肌の疲れ具合と相談しながら
肌に刺激がない方法で、
ゆっくりと、でも、しっかりと古い角質を取り除き
肌を保湿できる状態にまでもっていって下さい。

本格的に秋が来れば、一気に乾燥は進みます。

その時になって後悔しないように
夏の疲れた肌を回復すると同時に
秋を迎える準備をしておきましょうね。


■管理人が試した古い角質をとるアイテム


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ