2日続けてMTG PAOの口コミや効果について
記事を書いたので、PAO関連の情報を求めて
当ブログにいらっしゃる方が増えてきました。

その中でも「ちょっと多いな」と感じるのが
「MTG PAOの使い方」を調べにいらっしゃる方。


「PAOの使い方は説明書に書いてるのに、なぜ?」
と、皆さん、何について困っているのか調べたら

  • PAOがうまく揺れてくれないので首が痛い
  • マウスピースがすぐに外れる

という事で悩まれてる方が多いようなんですね。

この2つの悩み、私も使い始めのころは
ちょっと困ったんですが
慣れてくると、ほとんど困らなくなりました。

私なりの「PAOの使い方のコツ」があるんですw

このコツが、困ってる方の助けになるかも知れないので
私のMTG PAO(パオ)の使い方のコツというものを
紹介したいと思います。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

私のMTG PAO(パオ)の使い方のコツ


私のMTG PAO(パオ)の使い方のコツは
実は、たったひとつだけ。

唇全体を巻き込むようにマウスピースを吸い込み
しっかりと軸(中心)を安定させること

(※唇は巻き込まないで突き出すのが正解!
詳しくはココ


これにだけ気をつけるようにしてます。

「え?それだけ?私もやってるよ」と
言われそうですが、あなた本当に出来てます?

マウスピースを唇の上下ばかり気にして
唇の横の部分は手薄になってませんか?
ちゃんと唇を「輪」で使えてますか?


唇の横の部分が密着せず、隙間ができてると
唇の上下だけで、マウスピースを「挟む」状態になります。

唇で「挟む」という感じで使っていると
唇と唇の周りの筋肉のみで
PAOを支えることになるため不安定になります。

というか、唇でPAOを持つことが精一杯で
中心の「軸」が安定しないんですよ。

PAOの「軸(中心)」が不安定だと
左右のバランスが、きちんと取れないのか
しっかりと揺れてくれないので、
何度も首を上下に動かすことになり
首に負担がかかります。
(膝を曲げ伸ばしして揺らしても、同じように揺れにくい)

また無理に揺らすことで、変に力がかかるのか
マウスピースが外れやすくなります。


その上、唇の横部分に隙間が出来てしまって
吸い込む力が弱くなりますので
頬の筋肉にアプローチできません。

これだと口輪筋自体も、上下しか使えてないし
頬筋とか大頬骨筋がほとんど使えないです。

首を痛めるとか、マウスピースが外れるとか以前に
ちょっともったいない話ですよね。

これを防ぐために、唇全体を巻き込むかのように
マウスピースを吸い込むんです。

実際にやってみると良く分かるんですが
唇全体で、隙間なくマウスピースを咥え
そのまま唇を巻き込むようかのように吸い込むと
頬がぺっこりと凹みます。

この状態だと、頬筋、大頬骨筋、小頬骨筋なども、
フルに使ってる状態になので
「口元+頬の筋肉」の、どちらも鍛えられますし
唇だけでなく、顔の下半分の筋肉を使って
マウスピースを固定する形になるので
断然、PAOを支えやすくなるし軸(中心)が安定します。

軸さえ安定していれば、力を入れて揺らさずとも
バーは勝手に揺れてくれるようになるので
何度も大きく首を上下する必要もなくなり
首は痛くなりませんし、マウスピースも外れにくくなります。

PAOの軸(中心)さえ安定出来れば
「軽いうなづき」程度の首の上下でも、
ちゃーんと、バーが揺れるようになりますよ。


「…そう言われても、私もしっかりと
 マウスピースを隙間なく咥えてるんだけど」
と、おっしゃる方に、再び質問。

ちゃんと、唇をマウスピースの溝に合わせる時
唇の横部分も意識して合わせてます?


マウスピースの「挟む部分」は
唇の厚みに合わせたカーブになってますよね?
そこに横の部分も意識して合わせてます?

唇の上下だけじゃなく、左右もちゃんと
しっかりと溝に合わせて下さい。

マウスピースを吸い込むことがPAO(パオ)の使い方の最大のコツ

唇を「O(オー)の形」にして、唇をちょっと内に巻き込み
そのまま、まず唇の上下をカーブに合わせ
その後、左右(横)も、しっかり合わせて
マウスピースと唇の間に隙間を作らないようにします。
(※唇は内に巻かない。詳しくはココ

その状態のまま、頬がぺっこり凹むくらいに
しっかり吸い込めばOKです!

たったこれだけのことですが
ここを意識して気をつけるようになってから
私はPAOを揺らすのがとても簡単になりました。

安定度で言えば、

「3本の指で摘んで、PAOを揺らしてたのが
 片手でガッチリ掴んで揺らすようになった」

くらいの変化があります。

マウスピースも、多少は外れてきますが
使い始めの頃に比べると、全然マシ!

一番重いゴールドの重りで90秒揺らしても
「少し外れてきたなー」程度でおさまります。

マウスピースは「外して洗える」という仕様から
揺らしてる間に、ある程度揺れるのは仕方ないと
考えると、十分許容範囲内におさまってます。

PAOが、なかなか揺れなくて困っていたり
マウスピースが、やたらと外れて困ってる方は
私のMTG PAO(パオ)の使い方のコツ
一度試してみてください。

私と同じく「軸が安定しないことが原因」なら
これでかなり改善されるはずですよ。

首を上下に何度も振るのがしんどい方は、
私がやったように、膝を軽く曲げ伸ばしして揺らす
というやり方で、しばらくやってみるのも良いですよ。

ちゃんと隙間なくマウスピースを咥えていても
使い始めは、表情筋が弱っているため
何度も揺らすことになっちゃいますが
膝の曲げ伸ばしで揺らす方法なら、
首に大きな負担がかかることはありませんからね。

私は実際、そのやり方で続けていくうちに
普通に首を使って揺らせるようになりましたし。

MTG フェイシャルフィットネス PAO(パオ)を1か月使ってみて感じた効果

首の上下でも、膝の曲げ伸ばしでも
PAOが揺れていれば、ちゃんと表情筋は鍛えられます。

色々と試してみて、一番負担なく続けられる方法を
見つけるようにして下さいね。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ