「コーセーが、iPS細胞で肌の若返りに成功!」
というニュースが、昨日の夕方あたりから
世間を騒がせてますね。

化粧品大手のコーセーは、iPS細胞を使い、
67歳の日本人男性の肌の細胞を、
同じ人の36歳時点の肌とほぼ同じ状態に
若返らせることに成功した。(引用:J-CASTニュース)


とか聞いたら、そら世間様も騒ぎますよ。
もちろん、私もはしゃぎましたよ、ええ。

けど、これってよくよく聞いてみると
肌の若返りじゃなくって
「肌細胞の若返り」なので、
ちょっと期待したものとは違うみたいですね。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

コーセー、iPS細胞の皮膚科学研究への応用に着手
という記事を読むと

iPS細胞(人工多能性幹細胞)は、様々な組織や臓器の細胞に分化し、
ほぼ無限に増殖する万能性をもった幹細胞です。

ヒトの皮膚などの体細胞に遺伝子などの特定因子を導入し、
培養することで、分化した細胞から未分化の多能性幹細胞に
“初期化”することができます。



と、iPS細胞についての説明がありますが
この「初期化」がポイントのようです。

老化を示す指標とされる染色体の一部である
「テロメア」というものがあり、
この「テロメア」の長さは、細胞分裂を繰り返すと
どんどん短くなっていき、やがて細胞分裂が止まる。

つまり、細胞の寿命=テロメアの長さ
みたいな感じらしいんですよ。

細胞分裂を繰り返すごとに、短くなるのだから
年齢とともに、テロメアは短くなっていくのですが
老化した細胞を、iPS細胞を用いて初期化すると
テロメアの長さが長くなったというんですね。


しかも、

1980年以降、同じ人から定期的に提供を受けていた、
36~67歳の5つの異なる年齢の肌の細胞を、
京都大学iPS細胞研究所でiPS細胞にして分析したところ、
加齢とともに短くなるはずのテロメアの状態は
5つのすべての年代で回復し、長くなったのが確認された。
(引用:J-CASTニュース



67歳だから、少ししか回復しないとか
そういうわけじゃないんですね。

むしろ、67歳時点のものも36歳時点と
ほぼ同じ状態になったそうなので
提供時の年齢に関係なく
テロメアの長さが回復するようで。

これって、iPS細胞を用いて初期化する時に
老化も初期化してるってこと!?

シワやたるみから解放される未来がくるのか(゚∀゚)!

…と、思いっきりワクワクしたのですが
よーく考えると、肌細胞が若くなったのであって
肌が若返ったわけじゃないんですね(苦笑)

iPS細胞から皮膚表面の細胞を
作り出すことにも成功したそうなので
細胞ごと移植をすれば、表面の若返りなら
可能なのかも知れない。

けど、臨床実験とかで肌が若返ったとかではないし
iPS細胞入り化粧品とかが販売されるわけでもないので
「究極のアンチエイジング化粧品が出来る!」
ってわけでもないみたい。

コーセーも、こういう研究結果のデータを蓄積して
こ肌の老化のメカニズムの解明などにつなげて
化粧品の開発に応用するとは言ってるけど
若返り化粧品を作るとは言っておらず

「個人の肌状態に合わせたカウンセリングが
 出来るようになるなどを期待してる」

と言ってるみたいだし。

…けど、ここまで研究が進んだなら
何らかの形で「老化を遅らせる」のではなく
本当に「若返り」のための商品が出てくるのも
そう遠くはない気がする。

肌の若返りと同じくらいに
頭皮の若返りなんてのも期待されてるし。
(頭皮ってより、毛根?)

こういう、世界の大富豪とか政治家が熱望するものは
実現化すると思うのよねー。

いずれ、どこかがそういう技術提供や
商品として出してくるでしょう。

まあ、そういう技術や商品を
我々、一般市民が利用できるまでは
時間がかかるんだろうけど。
(そして、とんでもない費用にもなるだろう)

顔の若返りというのは、表面の皮膚だけじゃなく
骨格とか表情筋など、他の要素が絡んでるとはいえ
「若返る可能性がある」とういだけで、
なんだか、ちょっと楽しみだ♪


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ