油は体に悪い、油は太る。

…なんて言われていたのは、昔の話。

最近では、体に良い油と悪い油があって
体に良い油の方は、体に悪いどころか
美容にも健康にも良いと知られてきてます。


ダイエットに良い、なんてこともね。

私も、それくらいは知っているのだけれど
だからと言って、ちゃんとした知識があるわけじゃない。

「体に良いらしい、美容に良いらしい」
と、曖昧な知識しかないことに気づいたので
もう少し詳しく知りたいと、「脳と体に効く油」という
本を買ってきてみました。

脳と体に効く油

体に良いとされる、オメガ3、オメガ9などの
油の特徴が載っていたり、
油の種類別に特徴が書かれていて
ものすごく分かりやすかった。

この本を参考に、各油の種類をまとめて
「体に良い油とは何か」ということを、
皆さんにも紹介したいと思います。

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

体に良い油、悪い油とは?


油は、脂質を構成する主成分である
「脂肪酸」の種類によって、性質が決まります。

脂肪酸は、大きく分けると
「飽和脂肪酸」「不飽和脂肪酸」に分かれます。

一般的に「良い油」と言われているのが
植物性や魚の油に多く含まれている
「不飽和脂肪酸」です。

不飽和脂肪酸は、体に蓄積しにくく
エネルギーとして使われやすい、
悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす効果があります。

一方、「悪い油」と言われているのが
動物性の油である「飽和脂肪酸」です。

体に蓄積しやすく、太りやすい油です。

バターやラードなどが、代表例となります。

悪玉コレステロール値を上げる成分が
含まれていることもあり
摂り過ぎに注意が必要な油ですね。

ただし、飽和脂肪酸の中でも
植物性の油は、ちょっと別。


ココナッツオイルなどが、それに当てはまるのですが
植物性の飽和脂肪酸は、エネルギーとして
代謝されやすく、太りにくいという特徴があります。

飽和脂肪酸だから、すべて悪い油、
というわけじゃないんです。

また、不飽和脂肪酸だから
何でも積極的に摂れば良いわけでもないんです。


そのあたりを、不飽和脂肪酸の種類と一緒に
説明していきますね。


不飽和脂肪酸の種類


「不飽和脂肪酸」には
体内で作ることが出来る油と
体内で作ることが出来ない油があります。

体内で作ることが出来る油を
「一価不飽和脂肪酸」と言い
オメガ9系の油は、ここに属します。

一方、体内で作ることが出来ない油を
「多価不飽和脂肪酸」(必須脂肪酸)と言い
オメガ3系、オメガ6系の油はここに属します。

ちなみに、一価不飽和脂肪酸より
多価不飽和脂肪酸の方が太りにくいとされています。

…ここまで書いてきたことを読むと、
「不飽和脂肪酸、特にオメガ3系と6系を
 集中して摂るようにしよう」
みたいな考えになりますよね?

それ、絶対にやらないでくださいね。

オメガ6系の脂肪酸は、現代の食生活の中では
十分に摂れているどころか、
ちょっと摂り過ぎの傾向がある油なんです。

ほどほどに摂っているうちは
良い働きをしてくれるのですが
摂り過ぎると、アレルギーの悪化や
免疫力を弱めてしまう働きがあるんです。

不飽和脂肪酸だから、何でも摂っていい
すべて体に良いってわけじゃないんです。

適量なら、良い方に働いてくれるものも
摂り過ぎることで、悪い油に変わってしまうので
注意が必要なんです。



逆に、オメガ3系の脂肪酸は不足しがちなので
積極的に取り入れた方が良いとされてます。

「オメガ3:オメガ6」の摂取比率は
「1:4」が理想
とされていますが、
今はヘタすると「1:10」くらいか
それ以上に、オメガ6の比率が高くなってます。

摂取比率だけ聞くと、「そんなに偏ってるの?」と、
不思議に思いますが、オメガ6系の油を
具体的に挙げると、納得しちゃいますよ。

<<オメガ6系の油の代表例>>
ごま油
サラダ油
べにばな油
コーン油

……ね?ちょっと「摂り過ぎ」だと
納得しちゃいません?

今の私たちの生活に、密着してる油なので
意識しないうちに、摂り過ぎているというのが
現状なんですよ。

自分で意識しない限りは、
自然と摂り過ぎになっちゃう油ですね。
私なんて、ごま油が好きなものだから
けっこう使っちゃってますよ(汗)

私みたいに、オメガ6系のラインナップを見て
ギクッとした方は、オメガ6系の油を使わず
オメガ9系の油に置き換えると良いですよ。

そうすれば、自然とオメガ6系の摂取量が減ります。

オメガ9系の脂の代表格はオリーブ油なので
そう難しくはないと思います。


まとめとしては、「○○だから良い・悪い」と、
ひとくくりにして考えるのは危険。

それぞれの油の特性や効能を考えて摂らないと
良い物も悪くなっちゃうことがある。

ってとこですかね。

そのためには、まず種類ごとの特性を知らないと!
ということで、次の記事からは
「それぞれの油の特性や効能」を順番に
紹介していきたいと思います。


にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ