今日は体にいい油とは?で、説明したオイルの中から
たぶん、皆さんが一番興味を持たれた
オメガ3系オイルを取り上げたいと思います。

だいたい「美容に良いらしい、健康に良いらしい」
と言われるのは、このオメガ3系オイルなんですよね。

そう言われるだけの効果や効能もあるんですが
過信はダメだよ、という面もあります。

そういう「良い点・悪い点」を含めて
オメガ3系オイルの特徴や効果・効能
紹介していきたいと思います。

あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

オメガ3系オイルの特徴


オメガ3系オイルは、「不飽和脂肪酸」の1種で、
「多価不飽和脂肪酸」という、体内で作れない油です。

「必須脂肪酸」と言った方が、馴染みがあるかな?

体内で作れない油なので、
食物から摂る必要があります。


現代人が摂り過ぎ傾向のあるオメガ6系とは逆に
足りないくらいなので、積極的に摂っていきたい油です。

ちなみに、オメガ3系とオメガ6系の摂取比率は
1:4が望ましいと言われていますが
最近は、1:2~3、とも言われているようで
オメガ6系を、さらに控える傾向にあるみたいです。

オメガ3は、少し摂り過ぎたとしても
優先的にエネルギーとして使われるため
蓄積しにくい油でもあります。

酸化しやすい油なので、炒めものなどの
加熱する料理に使うのは避けましょう。


サラダのドレッシングにしたり
調理後のパスタにかけるのがオススメ。

「出来上がった」料理に、かけて食べるのが基本かな。


オメガ3系オイルの効果・効能


オメガ3系オイルは、α-リノレン酸が主な脂肪酸です。

α-リノレン酸は、体内でEPA・DHAに変化し、
脳の活性化、中性脂肪を減らす、
アレルギー症状の緩和、がんの抑制、
免疫機能を整える
など、様々な健康効果があります。

代謝を促し、脂肪を燃やす効果もあり、
「良質な油を摂ると、代謝を促す」と言われるのは
この効果のおかげですね。

美容面だと、α-リノレン酸にはメラニン生成を
抑制する働きがあるのでシミ予防効果があります。

精神を安定させる効果もあるので
うつにも効果があると言われてます。

α-リノレン酸が変化してできるEPA・DHAには
皆様ご存知の、血液サラサラ効果があるので
動脈硬化を予防する働きもあります。

この血液サラサラ効果のおかげで
体の血行の流れが良くなることから
美肌効果やアンチエイジング効果が期待できます。

そのほかにも、善玉コレステロールを増やし、
悪玉コレステロールを減らす効果もあるし
美容に健康にと、大活躍です。


オメガ3系オイルを多く含む食材


α-リノレン酸が、体内でEPA・DHAに変わる、
という所から、何となく想像できてたと思いますが
鯖やさんま、いわしなど、青魚に多く含まれます。
また、緑黄色野菜にも含まれてます。

あとは、クルミが有名ですね。
(ナッツ類では、ダントツのオメガ3脂肪酸含有量)

植物性だと、亜麻仁油(フラックスシードオイル)、
えごま油、サチャインチオイル
などがあります。

前に紹介した「痩せるホルモン」を分泌する食材
の事と合わせて考えると、ダイエット目的なら
鯖を食べまくるのが一番な気がしますねw


オメガ3も摂り過ぎはダメ


ここまで、ものすごーく効果があるよ、と
お伝えしてきましたが、
オメガ3系オイルも、摂り過ぎると良くありません。

特に男性。

最近になって、血中のオメガ3脂肪酸濃度が高い人は
前立腺がんを患ってる率が高いという調査結果が出たそうで
「がんを抑制するから」と、摂り過ぎると
がんリスクが高まるかも知れないんですよ。

ただし、オメガ3脂肪酸が、確実に原因だという
証拠もないそうなので、
「食べ物で摂るのは良いけど、サプリで摂る場合は
 ちょっと注意が必要」
ということみたいです。

あまり、サプリに頼り過ぎないようにしましょうね。


あなたのクリックが記事更新の励みになります

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ