では、オメガ3系オイルに引き続きまして、
今日は、オメガ6系オイルを取り上げますね。

体にいい油とは?の中では、オメガ3系との比較で
注意を促すような説明になってしまいましたが
オメガ6系だって、適量ならば大丈夫なんですよ?

オメガ6系のオイルにだって、
ちゃんと体に良い効果や効能があります。

ただ、摂り過ぎると厄介なのも事実。

どう厄介なのかという説明も含めて、
オメガ6系オイルの特徴や効果・効能
紹介していきたいと思います。

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 

オメガ6系オイルの特徴


オメガ6系オイルは、オメガ3系と同じく
体内で作れない「必須脂肪酸」です。

ですが!

再三、書いているとおり
現代では、摂り過ぎ傾向にあるオイルです。

「控えめにしよう」と意識してるくらいが
ちょうど良いでしょう。

その反面、お子さんの発育には欠かせない油なので
「摂り過ぎは健康に良くない!」とばかりに
制限しちゃうのも問題ですよ。

加熱・生食ともに向いているオイルが多く
調理には使いやすいオイルですね。
(その分、摂り過ぎてしまいますが)


オメガ6系オイルの効果・効能


オメガ6系オイルは、リノール酸が主な脂肪酸です。

リノール酸は体内で、γ-リノレン酸、
アラキドン酸などに変化して、
血中のコレステロール値を一時的に
下げる働き
があります。

また、γ-リノレン酸は、血圧、血糖値、
そしてコレステロール値を下げる働き
がありますし
肥満防止効果などと合わせて
生活習慣病予防効果に期待できると言われてます。
(生活習慣病予防効果については、
 まだハッキリしていないようです)


オメガ6系オイルを多く含む食材


肉・卵・乳製品などに多く含まれます。
確かに、お子さんの成長には必要ですね。

あとは…ナッツ類ですね。

オメガ3系も含まれているのですが少量で
一方、オメガ6系のリノール酸は多く含まれてるので
ナッツ類は控えめにしましょう。

植物性だと、ごま油、コーンオイル、サラダ油、
パンプキンシードオイル、ウォールナッツオイル、
グレープシードオイル
などに含まれています。

調理に向いていて、しかも美味しいオイルが多いので
ついつい使っちゃうものが多いですね(;´Д`)


オメガ6系を摂り過ぎると…・


上で説明したように、オメガ6系にも
なかなかの健康効果があります。

なのに、どうしてこんなに摂り過ぎに注意と言われるのか。

それは、オメガ6系を摂り過ぎることにより
健康どころか、逆に体にとって悪いことが
色々と起こってくるからです。

例えば、リノール酸は摂り過ぎると
アラキドン酸に変化して、
アトピーや花粉症などのアレルギー症状を
悪化させてしまいます。


免疫力を弱める働きもあるので
アレルギー症状を持つ方にとっては
かなりしんどい状態になると思います。

美容面においては、最悪です。
老化を促進してしまいます!

また、悪玉コレステロールだけでなく
善玉コレステロールも減らしてしまったり

摂り過ぎた途端に、健康を害することが多くなります。

そして、何よりも困るのがオメガ3系オイルの働きを
妨げてしまうことです。


ここでもう一度、オメガ3系オイルの効果・効能
確認して下さい。

アレルギー症状の緩和
免疫機能を整える
アンチエイジング効果
悪玉コレステロールを減らす

こういう効果が書いてありましたよね?

では今度は、オメガ6系オイルを摂り過ぎると
どういう事になるかを、読み返して下さい。

…お気づきになりました?

オメガ6系オイルを摂り過ぎると
オメガ3系の効果を、ことごとく打ち消すんです。


これを理解した途端「これは摂り過ぎ注意って言われるわ」
と、ものすごく納得してしまいました。

これは本当に意識して、控えていかなきゃですね。


にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ